2019年注目の“次世代スターいちご”図鑑!いちご好き編集部&苺研究家・渡部美佳さんが選ぶ、いちごの新品種まとめ

2019年注目の“次世代スターいちご”図鑑!いちご好き編集部&苺研究家・渡部美佳さんが選ぶ、いちごの新品種まとめ

ひと口にいちごといっても、品種の違いによって香りや味わい、大きさもさまざま。そこで今回、いちご好きの編集部とメディアでも話題の苺研究家・渡辺美佳さんが選ぶ、2019年注目の“次世代スターいちご”を一挙ご紹介。大粒で上品な甘みが特徴のスカイベリーや、つやのある輝きとほどよい酸味が魅力のきらぴ香など、それぞれの特徴やおいしさについて徹底取材しました。知れば知るほど奥深い“いちご”の世界に魅了されるはず。

更新日:2019/02/15

スカイベリー(栃木)

スカイベリー(栃木)

いちご生産量日本一を誇る「いちご王国・栃木」のいちご研究所で生まれた贈答用の品種。果実が極めて大きく美しい形で、果皮はつややかな紅色。上品な甘さ、たっぷりの果汁が自慢。

「とにかく大きくみずみずしい。優しい甘さで酸味は控えめ。大きさを活かして1粒をトッピングに使えるようなお菓子や、タルトを作ってもよさそう」(渡部さん)

きらぴ香(静岡)

きらぴ香(静岡)

静岡生まれの新品種で、名前は「きらきらとした宝石のような輝きと品のよい甘味と香り」を持つことに由来。果皮は真っ赤でつやつやしていて、果肉も濃い赤色。フルーティーな香りが広がる。

「甘みも酸味もバランスがよく、いちごらしい味わいが楽しめます。外皮のツヤはもちろん、断面も赤くてきれいなので、ロールケーキに使ってみたいです」(渡部さん)

いばらキッス(茨城)

いばらキッス(茨城)

とちおとめを母親に、レッドパールと章姫のかけ合わせを父親に交配した茨城のオリジナル品種。上品な香りと濃厚な甘みに加えて、バランスのよい酸味も楽しめ、地元を中心に人気を集めている。

「本来のいちごの甘さとは違う洋梨のような甘さにびっくり! 独特の甘みと香りがあるので、タルトやミルフィーユを作ったらおいしそう」(渡部さん)

いちごさん(佐賀)

いちごさん(佐賀)

2018年にデビューしたいちごで、佐賀県では20年ぶりに誕生した新しい品種。「凛とうつくしい色と形」、「華やかでやさしい甘さ」、「果汁のみずみずしさ」が大きな特徴。

「絵に書いたようないちごらしい形で、しっかり赤い断面もおいしそう。香り高く、甘みも酸味もあるいちごらしさを高めた味わいで、ショートケーキにぴったり」(渡部さん)

ゆうべに(熊本)

ゆうべに(熊本)

熊の音読みの“ゆう”といちごの色である“紅(べに)”を組み合わせて名付けられたゆうべに。いちごらしいきれいな円錐形で、その名の通り、果皮はつやつやと美しい紅色で、果汁たっぷり。

「香りが高く、酸味が控えめなので、その分甘みが引き立ちます。果皮だけでなく、断面も赤いのが特徴的。味わいを生かしてチーズケーキに使ってもよさそう」(渡部さん)

チーバベリー(千葉)

チーバベリー(千葉)

千葉県生まれの品種で、粒が大きく、食べ応えがある。甘みと酸味のバランスがよく、果汁たっぷりなのが特徴。キャッチーな名前は、公募で決まったそう。

「甘みの中に程よい酸味があり、濃厚な味わいに感じられるいちごです。断面も赤みがあるので、ショートケーキに使ってみたいですね」(渡部さん)

渡部美佳(わたべ・みか)

協力してくれたのはこの人

渡部美佳(わたべ・みか)
京都のいちごのお菓子専門店「メゾン・ド・フルージュ」の店主。大切にしているのは、お菓子を通して見た目や味わい、つぶつぶ感など、いちごの魅力を伝えたること。今後は、それぞれの品種の特徴をもっと味わってもらえるお菓子を作っていきたいという。
ホームページ
「メゾン・ド・フルージュ」公式HP

いちご関連のTOPICS

※いちごの味の評価・コメントの内容については、サンプル品を実食した際の感想によるものです。贈答や常食向けなど、個体差があることをご了承ください
PHOTO/HIROSHI KIYONAGA(MAIN)、KAZUHITO MIURA STYLING/ANRI TSUCHIYA CRAZY KITCHEN(MAIN) WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る