屋台グルメやお祭りパレード、ライブパフォーマンスも。6/8~10は「日比谷大江戸まつり」でひと足早めに夏を満喫!

日比谷公園「日比谷大江戸まつり」

夏になってくると楽しみなのがお祭り! 6月8日(金)~10日(日)の3日間、先取りして夏気分を味わえる「日比谷大江戸まつり」が日比谷公園で開催される。御神輿や山車などが公園内を練り歩くお祭りパレードは誰でも参加でき、見るだけでなく参加するからこその楽しみがあるお祭りイベント。ほかにもライブエンターテインメントや各種パフォーマンス、屋台グルメなども楽しめるから、ワクワクの詰まった3日間を楽しもう

更新日:2018/06/04

日比谷公園「日比谷大江戸まつり」イベントの魅力1

誰でも参加OK!御神輿を担いだり、山車を曳いたり、お祭りに参加できるのが嬉しい

お祭りといえば、御神輿、山車、よさこいに阿波踊り・・・。これらが集まって、日比谷公園を威勢よく練り歩くお祭りパレードが行われる。御神輿を担いだり、山車を曳いたりするのは地元の方だけでなく、誰でも参加OK。お祭り初心者でも気軽に体験できるのが嬉しい。当日受付も行っているが、混雑が予想されるので事前登録がおすすめ。気の合う仲間やカップル、ファミリーで参加して、日常では体験できない盛り上がりで熱くなれるはず。パレードは会期中1日3回行われる。

日比谷公園「日比谷大江戸まつり」イベントの魅力2

よさこいや阿波踊り、和太鼓など、日本の伝統が感じられるエンターテインメントも披露

日本の伝統文化や芸能などのパフォーマンスも見もの。華やかな衣装に身を包み、鳴子を手に踊るよさこいや、「踊らにゃ損損」の阿波踊り、伝統芸能としても知られる江戸かっぽれなどの演舞や、迫力ある音と動きで魅了する和太鼓の演奏など、普段、あまり触れることのない日本のお祭り文化伝統芸能が見らえる。ほかにも米山流殺陣術 雅魅-miyabi-の殺陣パフォーマンスや、日光さる軍団の猿まわし公園、シンガーソングライターの宮尾知明氏の土佐弁ラップなど、バラエティに富んだ内容に釘付けになりそう。

日比谷公園「日比谷大江戸まつり」のグルメ
※写真はイメージ

お祭りの楽しみといえば、やっぱり屋台グルメ。日本各地の“おいしい”が集まる

お祭りで忘れてはいけないのが、屋台グルメ。B級グルメのなんともいえない雰囲気と匂いが食欲をそそる。日比谷大江戸まつりでは、屋台グルメはもちろん、新鮮な海の幸や和牛肉料理、B級グルメや下町ビールなど、様々なおいしいものが並ぶ。神戸のソウルフード「神戸牛すじぼっかけ焼きそば」や、秘伝のタレに付け込んだ「大分から揚げ」、四代目徳次郎の「天然のかき氷」など、たくさんの屋台が並び目移りしそう。もちろん、ビールなどのドリンクも充実。冷たいビールを片手に、ひと足早い夏まつりで思い切り熱くなろう。

【イベント情報】日比谷大江戸まつり<HIBIYA EXPO2018>

イベント名
日比谷大江戸まつり<HIBIYA EXPO2018>
開催場所
日比谷公園(大噴水広場周辺)
東京都千代田区日比谷公園1-6
開催日程
2018/6/8(金)、6/9(土)10:00~20:00、6/10(日)10:00~18:00
入場料
無料
アクセス
東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関駅」、日比谷線・千代田線「日比谷駅」、都営地下鉄三田線「日比谷駅」より (A10・A14)出口すぐ
ホームページ
公式HP

【特集】夏といえばかき氷、花火、夏祭り!東京&東京近郊のおでかけガイド

東京&東京近郊のおでかけガイド

2018年の夏はなんと猛暑の予想! 暑くてげんなりしそうだけど、かき氷や花火大会、BBQなど夏らしいイベントやグルメは絶対に楽しんでおきたいもの。そこで今回は、東京女性におすすめの夏の“ひんやり”スポットを一挙ご紹介。日差しの強い日中は暑さを忘れるかき氷屋さんや水族館へ、暑さが落ち着いて涼しくなる夜は外に繰り出して花火大会やナイトプールへ。東京の夏をひんやり楽しく乗り切ろう。

WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る