日焼けしたキティたちと夏遊び!「ピューロ夏フェス2018」でVRレースやイケ麺フェス、ダンスパフォーマンスを楽しもう

東京・サンリオピューロランド「ピューロ夏フェス2018」

©2018 SANRIO CO., LTD.

サンリオピューロランドでは、今年は“フェス”をテーマに恒例の夏イベントを開催。7月14日(土)~9月2日(日)は海をイメージした南の島「ピューロアイランド」が出現して、海の家や夏祭りで盛り上がる。海の家や麺の祭典「イケMENフェス」、ダンスを楽しむ「KAWAIIビート♡祭リズム!」と、夏の楽しさをぎゅっと詰め込んだ体験がいっぱい。サンリオキャラクターたちととっておきの夏を楽しもう。

更新日:2018/07/04

南の島「ピューロアイランド」で、日焼けしたキティとダニエルと一緒に遊ぼう

南の島「ピューロアイランド」で、日焼けしたキティとダニエルと一緒に遊ぼう

サンリオピューロランドのエンターテイメントホールには南の島「ピューロアイランド」が出現し、ピューロランド初となるVR空間でキャラクターと遊べるアトラクションが登場。

バナナボートに乗ってVRゴーグルをかけると、ディアダニエルと一緒にバーチャルバナナボートレースにチャレンジできる。夏らしいコスチュームのキャラクターたちのグリーティングでは、こんがり小麦色に日焼けしたキティとディアダニエルに会えるかも。

ピューロアイランド内にはアイランドカフェもあり、「キティデザート串」(650円)や「貝殻コロネ」(500円)など限定フードも食べられ、入口から気分が高まること間違いなし。

夏限定の“麺”の祭典では、キャラクターをモチーフにした麺と、“イケメン”が登場

夏限定の“麺”の祭典では、キャラクターをモチーフにした麺と、“イケメン”が登場

この期間中、今年初開催の「イケ麺フェス」も実施。キャラクターフードコートやサンリオレインボーワールドレストランの2カ所でキャラクターモチーフの麺類が食べられる。

「プリンとマフィンの醤油ラーメン」(1000円※写真)、「シナモロールのトマトクリームパスタ」(1200円)、「ぐでたまチャーシューメン」(1000円)など全9種あり、どれも写真におさめたくなるかわいらしさ。

また、もうひとつの“メン”として、「撮るMEN」ではavex所属のイケメン俳優グループ「イケ家!」が“イケMEN”として登場。土日祝(不定期)にイケ家!メンバーとの撮影を行う。参加は無料だが、整理券が必要。10時半からピューロアイランド内アイランドショップで配布されるので、早めにチェックして。

みんなでノリノリ!踊って楽しむ 「KAWAIIビート♡祭リズム!」で、夏の暑さを吹き飛ばそう

みんなでノリノリ!踊って楽しむ 「KAWAIIビート♡祭リズム!」で、夏の暑さを吹き飛ばそう

ステージパフォーマンスも夏フェス仕様に。日本の伝統的な「和」のかっこよさと、現代的な音楽が融合した新作ライブショー「KAWAIIビート♡祭リズム!」を開催。

はっぴ姿のサンリオキャラクターたちやポップなお神輿が登場し、ピューロランドの夏を彩る。ショーの盛り上げグッズとしてキャンディ型のでんでん太鼓「キャンでん太鼓」(500円)を販売。キャンでん太鼓でリズムを刻んで、キティたちのダンスを盛り上げよう。もちろん、一緒に踊るのもOK。

サンリオキャラクターたちと踊って、ここでしか体験できない夏祭りを楽しもう。

【イベント情報】ピューロ夏フェス2018

イベント名
ピューロ夏フェス2018
開催場所
サンリオピューロランド
東京都多摩市落合1-31
開催日程
2018/7/14(土)~9/2(日)
開催時間
日によって異なるためHPでご確認ください
休館日
不定休
入場料
パスポート平日大人3300円、3~17歳2500円、休日大人3800円、3~17歳2700円(事前購入は各100円引き)
交通アクセス
京王線「京王多摩センター」駅、小田急線「小田急多摩センター駅」から徒歩6分
電話番号
0423391111 0423391111 サンリオピューロランドゲストセンター(9:30~17:00 ※休館日を除く)
ホームページ
「ピューロ夏フェス2018」公式HP

【特集】夏といえばかき氷、花火、夏祭り!東京&東京近郊のおでかけガイド

東京&東京近郊のおでかけガイド

2018年の夏はなんと猛暑の予想! 暑くてげんなりしそうだけど、かき氷や花火大会、BBQなど夏らしいイベントやグルメは絶対に楽しんでおきたいもの。そこで今回は、東京女性におすすめの夏の“ひんやり”スポットを一挙ご紹介。日差しの強い日中は暑さを忘れるかき氷屋さんや水族館へ、暑さが落ち着いて涼しくなる夜は外に繰り出して花火大会やナイトプールへ。東京の夏をひんやり楽しく乗り切ろう。

※画像はイメージです
WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る