お台場でずぶ濡れ必至の夏祭り「ファンファンスプラッシュ」を7/28~29に開催!水かけ祭りやプール、DJ&ファッションイベントも

東京・台場「ファンファンスプラッシュ」

大人も子どもも安心して楽しめる夏祭りとして誕生した、日本最大級の水かけ祭り「ファンファンスプラッシュ」が7月28日(土)、29(日)にお台場青海特設会場で開催される。チケットはすでに発売中で当日購入もOK。水鉄砲を片手に縦横無尽に水をかけあう、最高に熱く、クールなイベント。期間中には水にちなんだアトラクション、ステージパフォーマンスも楽しめるから、皆で“びしょ濡れ”になって楽しもう。

更新日:2018/07/13

濡れたもの勝ち!?水鉄砲や水風船を使ったウォーターバトルでずぶ濡れになろう

濡れたもの勝ち!?水鉄砲や水風船を使ったウォーターバトルでずぶ濡れになろう

会場内に入ったら参加者全員がターゲット。入場券に付帯しているウォーターガンで、大人も子どもも本気の水鉄砲遊び。これにはテンションも上がるはず。水を入れて膨らませた水風船も大量に用意されているから、投げまくって皆をびしょ濡れにしよう。

相手を濡らすのはもちろん、自分もずぶ濡れになれば盛り上がること間違いなし。また、今年から新しく設定された本気のウォーターバトルも注目。専用のウォーターガンを本気で撃ち合うゲーム性のある真剣勝負が体験できるバトルエリアで、本気の水かけに挑戦しよう。

プールやウォータースライダーも!水にちなんだアトラクションも登場

プールやウォータースライダーも!水にちなんだアトラクションも登場

水かけ祭りの会場内にはこのイベント期間限定のアトラクションも設置。子どもに人気の大型ウォータースライダーや、かわいい浮き輪でいっぱいのプール(写真)が登場。プールにはかわいい浮き輪がいっぱい置かれていて、自由に利用できる。

また、昨年大人気の「ファンファンアートエリア」が今年も出現。壁に落書きするもよし、自分に落書きするもよし、他人にらくがきするのもあり! 最後はみんなで書いたアートウォールをバックに記念写真を撮ろう。全身水浴びできるからこその大胆なアートが楽しめる。

盛り上がるには音楽は欠かせない!会場内ではライブもあり、ステージパフォーマンスに目が離せない

盛り上がるには音楽は欠かせない!会場内ではライブもあり、ステージパフォーマンスに目が離せない

1万人規模の水かけ祭りを盛り上げるのは、ステージパフォーマンス。2日間で異なるステージは、パーティロッカーあっくんとMCマイケルがMCを行い、十枝梨菜やこんどうようぢなどが登場し、イベントを盛り上げる。

ライブは28日(土)は10:00~、29日(日)は9:30~スタート。XOX(写真・両日)やザ・フーパーズ(28日出演)、B2takes!(29日出演)などが登場したり、女性DJの草分け的存在のDJ KAORIやお笑い芸人でもあるDJ DEKKAなど、DJたちも会場全体のボルテージを上げていく。

ほかにもファッションイベント28日(土)15:10~、29日(日)15:45~行われる「お台場ビーチコレクション」では、LAセレブに人気の水着をまとったモデルたちの華麗なウォーキングが見られる。海外で人気の美活とクラブミュージックが融合したプログラム「TEAM hirody WORKOUT LIVE」もお目見えし、1日中楽しめる。

暑い夏を吹き飛ばす、水かけ祭り。びしょ濡れになって、思い切り楽しんでみよう。

【イベント情報】ファンファンスプラッシュ2018

イベント名
ファンファンスプラッシュ2018
開催場所
お台場青海J地区特設会場
東京都江東区青海2-1
開催日程
2018/7/28(土)、29(日)
開催時間
9:00~18:00
交通アクセス
ゆりかもめ「青海駅」から徒歩5分、りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩10分
入場料
一般当日チケット(販売期間7/10(火)~29(日))一般6800円、小学生2500円、小学生未満無料※Tシャツ、ミニ水鉄砲付き
電話番号
0368313378 0368313378 (平日10:00~18:00)
ホームページ
「ファンファンスプラッシュ2018」公式HP

【特集】夏といえばかき氷、花火、夏祭り!東京&東京近郊のおでかけガイド

東京&東京近郊のおでかけガイド

2018年の夏はなんと猛暑の予想! 暑くてげんなりしそうだけど、かき氷や花火大会、BBQなど夏らしいイベントやグルメは絶対に楽しんでおきたいもの。そこで今回は、東京女性におすすめの夏の“ひんやり”スポットを一挙ご紹介。日差しの強い日中は暑さを忘れるかき氷屋さんや水族館へ、暑さが落ち着いて涼しくなる夜は外に繰り出して花火大会やナイトプールへ。東京の夏をひんやり楽しく乗り切ろう。

※画像はイメージです
WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る