おバカ?なライブやバカ盆踊りも!8/1(水)~2(木)に恵比寿ガーデンプレイスで「フジオロックフェスティバル2018」開催

東京・恵比寿「フジオロックフェスティバル2018」

「天才バカボン」や「ひみつのアッコちゃん」で知られる漫画家の赤塚不二夫氏。没10年を記念して8月1日(水)、2日(木)に恵比寿ガーデンプレイスで「フジオロックフェスティバル2018」が開催される。「赤塚不二夫ボツ10年分のバカをやるのだ!」と音に、笑いに、踊りに、祭りにギュッと詰め込む2日間。人気アーティストによるライブやバカ盆踊りなど、楽しいイベント満載。思い切り笑いに、イベントに参加してみては?

更新日:2018/07/30

「フジオロックフェスティバル2018」のメインコンテンツは二夜連続のライブ。ボツ10年分のおバカ?なライブで盛り上がろう

メインコンテンツは二夜連続のライブ。ボツ10年分のおバカ?なライブで盛り上がろう

赤塚不二夫氏をリスペクトするアーティストが集まる「ボツ10年ライブ@ザ・ガーデンホール」。8月1日(水)は電気グルーヴ(写真)やスチャダラパーらが登場。8月2日(木)は矢野顕子や、高橋幸宏と鈴木慶一のユニットTHE BEATNIKSなど各日4組がステージを飾る。

普段のステージとは違った、赤塚不二夫氏のボツ10年のためだけのパフォーマンス。ここでしか見られないおバカ?なライブを体験してみては。

生演奏で日本一おバカな盆踊りを開催。この日のために作られた「フジオ音頭」をみんなで踊ろう

生演奏で日本一おバカな盆踊りを開催。この日のために作られた「フジオ音頭」をみんなで踊ろう

赤塚不二夫氏の命日とその前日の両日18時ごろ~20時にセンター広場で行われるのは「バカ盆踊り」。音楽家の大友良英らによって作られた「フジオ音頭」を大友良英スペシャルビッグバンド(写真)が生演奏し、二階堂和美が歌い、振り付けは珍しいキノコ舞踊団というコラボが実現。

8月2日(木)には安齋肇率いるOBANDOSはじめ、豪華スぺシャルゲストも登場予定。盆踊りの振り付けは動画公開中なので、事前にチェックすると当日すぐに踊れる。盆踊りエリアは無料なので、気軽に参加して、ここでしか楽しめない「フジオ音頭」を踊ってみよう。

赤塚不二夫の歩みがわかる「フジオ展」や「おそ松さん」のファンイベントも
扇子(1600円)などオリジナルグッズも販売

赤塚不二夫の歩みがわかる「フジオ展」や「おそ松さん」のファンイベントも

7月27日(金)からすでに開催されているのが「フジオ展」。赤塚えり子作のオブジェ「家訓」や赤塚不二夫の歩みがわかる略歴パネル、複製原画やキャラクターパネルなど、ファンにはたまらないお宝を展示公開する。

また、赤塚不二夫生誕80周年を記念して製作された「おそ松さん」のファンイベントも8月2日(木)のみ緊急開催。お祭りをイメージした出し物やおそ松さんの六つ子の着ぐるみも登場!参加無料なので、ぜひ参加してみたい。

赤塚不二夫氏の世界観を味わうとともに、思い切り楽しく笑えるイベントなので、夏の楽しい思い出づくりに足を運んでみよう。

【イベント情報】フジオロックフェスティバル2018

イベント名
フジオロックフェスティバル2018
開催場所
恵比寿ガーデンプレイス(ライブ:ザ・ガーデンホール、盆踊り:センター広場、フジオ展:グラススクエア)
東京渋谷区恵比寿4-20、目黒区三田1-4-13
開催日程
2018/8/1(水)、2(木)
開催時間
ライブ 8/1(水)、2(木)開場18:00、開演19:00、終了予定22:00
料金
入場料無料※ライブ(スタンディング)7800円※来場特典オリジナル扇子付き
交通アクセス
JR、東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分
ホームページ
「フジオロックフェスティバル2018」公式HP

【特集】夏といえばかき氷、花火、夏祭り!東京&東京近郊のおでかけガイド

東京&東京近郊のおでかけガイド

2018年の夏はなんと猛暑の予想! 暑くてげんなりしそうだけど、かき氷や花火大会、BBQなど夏らしいイベントやグルメは絶対に楽しんでおきたいもの。そこで今回は、東京女性におすすめの夏の“ひんやり”スポットを一挙ご紹介。日差しの強い日中は暑さを忘れるかき氷屋さんや水族館へ、暑さが落ち着いて涼しくなる夜は外に繰り出して花火大会やナイトプールへ。東京の夏をひんやり楽しく乗り切ろう。

※画像はイメージです
WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る