8月最初の週末は代々木公園のスリランカフェスへ!本場のフードやアーユルヴェーダマッサージ体験など現地の食と文化に触れよう

東京・恵比寿「フジオロックフェスティバル2018」

8月4日(土)、5日(日)に代々木公園で「スリランカフェスティバル」が行われる。2500年以上の歴史を持つ伝統舞踊の「キャンディアンダンス」のダンスステージや、無料ヨガ体験のほか、本場のスリランカ料理を味わえるフードブースや、アーユルヴェーダマッサージを体験できるブース、雑貨やセイロン紅茶を販売するブースなど、100以上のブースが並ぶ。スリランカの食と文化に触れられる2日間。ぜひ体験しよう。

更新日:2018/07/30

ステージではスリランカの民族舞踊やファンションショーを実施。あの有名タレントのトークショーも

ステージではスリランカの民族舞踊やファンションショーを実施。あの有名タレントのトークショーも

「スリランカフェスティバル2018」の見どころのひとつがステージプログラム。スリランカにはダンス文化があり、自然への畏敬の念や、病や災厄を祓いたいという人々の願いから生まれている。

キャンディアンダンス、ローカントリーダンス、サバラガムワダンスといった2500年以上の歴史をもつといわれる伝統舞踊があり、ステージでは、スリランカ舞踊団による10分ほどのダンスが各日15~16ステージ行われる。

ほかにも、80年代に朝の顔として知られた外国人タレント・ウィッキーさんのトークショーや、ファッションショーなども行われる。また、各日11時、13時、15時、17時の4回、各1時間程度、キャンディアンダンス体験イベントも実施。

各回先着10名の予定で、裸足で本場のダンスを踊るというもの。子どもからお年寄りまで参加できる体験イベントなので、興味のある人はぜひトライしよう。

アーユルヴェーダマッサージ体験や、ヨガ体験など、リフレッシュができる癒しのプログラムも体験しよう

アーユルヴェーダマッサージ体験や、ヨガ体験など、リフレッシュができる癒しのプログラムも体験しよう

スリランカといえば、世界三大医学の一つとされる「アーユルヴェーダ」の本場としてもよく知られている。期間中、現地で人気のアーユルヴェーダのドクターが来日し、1人15分程度の無料診断が行われる。

また、アーユルヴェーダヘッドマッサージも10分1500円、20分2500円で受けることができる。ほかにも、アーユルヴェーダ体質診断(1000円/20分)が両日10~20時まで行われ、ダイエットや美容、体調ケアなどについて、パーソナルなケア方法を教えてくれる。体質別オリジナルスパイスチャイとお土産付きなので、気になることがある人は相談してみよう。

カレーや紅茶など、本場の味を気軽に楽しめるフードブースで、スリランカならではの味を堪能
扇子(1600円)などオリジナルグッズも販売

カレーや紅茶など、本場の味を気軽に楽しめるフードブースで、スリランカならではの味を堪能

気になるフードブースには、本場スリランカの味が楽しめるフードやドリンクが多数並ぶ。スパイスを使った料理が多いのが特徴で、スリランカカレーは20種類以上。ほかにも、水牛のヨーグルト「ミーキリ」、スリランカの魚のコロッケ「カツレツ」、バナナの葉っぱに包んだカレー弁当「ラムライス」、スパイシーな炊き込みご飯「ブリヤーニ」など、普段は専門店などでしか食べられない味に出会える。

また、紅茶の産地でもあるスリランカ。ドリンクブースでもスリランカの黒ビールや、ヤシの花のアルコール飲料などが飲めるほか、物販ブースでも茶葉を販売する。物販では、スリランカ産パイナップルやバナナ、民族衣装やアクセサリー、工芸品など現地の文化を知ることができるアイテムが並ぶ。

様々なスリランカ文化を体感できる「スリランカフェスティバル2018」に足を運んで、暑い夏の週末、スリランカ旅行気分を楽しもう。

【イベント情報】スリランカフェスティバル2018

イベント名
スリランカフェスティバル2018
開催場所
代々木公園野外ステージ、イベント広場
東京都渋谷区代々木神園町1
開催日程
2018/8/4(土)、5(日)
開催時間
10:00~20:00
入場料
無料
交通アクセス
JR原宿駅から徒歩7分
備考
アーユルヴェーダのドクターによる無料健康相談(1人15分程度、日本語通訳付き。事前の指定LINE登録が必要)
ホームページ
「スリランカフェスティバル2018」公式HP

【特集】夏といえばかき氷、花火、夏祭り!東京&東京近郊のおでかけガイド

東京&東京近郊のおでかけガイド

2018年の夏はなんと猛暑の予想! 暑くてげんなりしそうだけど、かき氷や花火大会、BBQなど夏らしいイベントやグルメは絶対に楽しんでおきたいもの。そこで今回は、東京女性におすすめの夏の“ひんやり”スポットを一挙ご紹介。日差しの強い日中は暑さを忘れるかき氷屋さんや水族館へ、暑さが落ち着いて涼しくなる夜は外に繰り出して花火大会やナイトプールへ。東京の夏をひんやり楽しく乗り切ろう。

※画像はイメージです
WRITING/AYAKO OKABE

  • LINEで送る