日本でしか味わえない進化系ショートケーキ。表参道ヒルズ「ユーゴ アンド ヴィクトール」の限定ケーキ【ショートケーキ図鑑】

日本でしか味わえない進化系ショートケーキ。表参道ヒルズ「ユーゴ & ヴィクトール」の限定ケーキ【ショートケーキ図鑑】

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごのショートケーキ」。今回ご紹介するのは、表参道ヒルズにある「ユーゴ アンド ヴィクトール」の「ショートケーク フレーズ」。日本のファンのために作られた限定ケーキは、フィナンシェ風生地がおいしさの決め手。

更新日:2019/02/12

表参道ヒルズ「ユーゴ & ヴィクトール」のショートケーキの魅力1

素材本来のおいしさを大切に作られる、シンプルでやさしいお菓子

「ユーゴ アンド ヴィクトール」は、三ツ星レストランや名パティスリーで研鑽を積んだ世界的なパティシエのユーグ・プジェさんが立ち上げたパティスリー&ショコラトリー。世界各国をめぐって見つけた食材や四季折々のフルーツで作られるスイーツは、世界中にファンがいるという。

大切にしているのは、大人も子どもも安心して食べられる体にやさしいお菓子。すべてのお菓子は、合成着色料など科学的なものをなるべく使わず、一つひとつの素材が持つ自然な味わいが際立つように仕上げられている。

ところで、ふわふわのスポンジに生クリームを塗り、いちごをのせたショートケーキは、日本で生まれたスイーツのひとつ。子どもから大人まで、日本人が大好きなショートケーキを楽しんでもらいたいという思いから、ユーグさんは日本限定で「ショートケーク フレーズ」を考案。どこか懐かしさを感じる味わいは、すべての世代におすすめしたいおいしさ。

表参道ヒルズ「ユーゴ & ヴィクトール」のショートケーキの魅力2

バターが香る、フィナンシェ風生地が絶品!

「ショートケーク フレーズ」はスポンジではなく、フィナンシェ風の生地を使うのが最大の特徴。丸くくり抜かれた生地に、ぐるりと敷き詰められたいちごが見た目にも愛らしい。

ほろりとした食感の生地を口に含むと、コクのあるバターの香りが広がり、バニラビーンズたっぷりのクレームシャンティといちごとの相性も抜群。

わずかにすり下ろしたオレンジの皮をトッピングすることで、爽やかな香りが加わり、大人っぽい味わいに仕上げられている。

ショートケーク フレーズ

価格:ドリンクとセットで1512円(テイクアウトの場合は864円)
発売期間:冬季限定

ほかにもある、「ユーゴ アンド ヴィクトール」の人気スイーツをチェック

表参道ヒルズ「ユーゴ & ヴィクトール」のショートケーキの魅力3

つややかで、なめらかな口溶けが自慢のチョコレートムース

ショコラティエでもあるユーグ・プジェさんを代表するケーキといえば、バニラとショコラの2種類のムースを重ねて、さらにビターチョコレートでグラサージュ(コーティング)した「ジョルジュ アマド」。

艶やかなグラサージュや、デコレーションされたチョコレートの芸術品のような美しさにまず目を奪われるはず。

ムースのなめらかな口どけや、チョコレートの濃厚で奥深い味わいは、チョコレートファンにはたまらない。キャラメリゼしたペカンナッツの独特の香りや食感も楽しんで。

ジョルジュ アマド

価格:ドリンクとセットで1512円(テイクアウトの場合は864円)
発売期間:通年

ユーゴ アンド ヴィクトール 表参道ヒルズ店

SHOP DATA

パリに本店があるショコラトリー&パティスリー。表参道のショップでは、日本でも人気のボンボンショコラはもちろん、フィナンシェなどの焼き菓子やケーキ類も販売。店内でいただくことができるので、ショッピングの合間などに、好みのドリンクと一緒に楽しんで。

スポット名
ユーゴ アンド ヴィクトール 表参道ヒルズ店
電話番号
0364340912 0364340912
住所
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1F Map
営業時間
月~土曜11:00~21:00 (20:30LO)
日曜11:00~20:00 (19:30LO)
定休日
表参道ヒルズに準ずる
交通アクセス
東京メトロ「表参道駅」A2出口より徒歩2分
イートイン
あり
入店・待ち時間について
・混雑時は記名制。待ち時間は順番が来るまでお店を離れてもOK
・空いている時間帯:平日の13:00~14:00
・待ち時間の目安:平日は1時間、土・日・祝は2~3時間
ホームページ
ユーゴ アンド ヴィクトールの公式HPを見る

【特集】甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2019

甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2019

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。ひと口にいちごと言っても、品種によってさまざまな表情が楽しめるのもいちごの魅力なんです。今回はいちご好きの編集部が、人気のとちおとめやあまおうから、スカイベリーやきらぴ香などの2019年注目の新品種まで、奥深い“いちご”の世界へとご案内。そのほか、旬のこの時期にしか味わえないスイーツや夜のいちご狩り情報も紹介します。

PHOTO/AYUMI OHSAKI WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る