神楽坂・アトリエコータのショートケーキはホールサイズの1/4カット!2種のクリームでいちごが際立つ【ショートケーキ図鑑】
東京のおいしい、いちごのショートケーキ

神楽坂・アトリエコータのショートケーキはホールサイズの1/4カット!2種のクリームでいちごが際立つ【ショートケーキ図鑑】

更新日:2021/12/03

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごのショートケーキ」。今回は、神楽坂のアシェットデセール専門店「アトリエコータ」をご紹介。ふわふわのスポンジと、2種類のクリームで仕上げるショートケーキは、誰からも愛されるやさしい味わい。家族みんなで召し上がれ!

神楽坂・アトリエコータのショートケーキの魅力1

できたてのデザートはもちろん、テイクアウトのケーキも人気

看板メニューのクレープ・シュゼットをはじめ、旬のみずみずしいフルーツを使ったオリジナルデザートなど、カウンター越しに、目の前で作られるデザートが楽しめる「アトリエコータ」。

「大切にしているのは、一つのパーツをそのまま食べてもおいしいけれど、組み合わせることで味のハーモニーが生まれ、よりおいしく感じられるようなデザート。普段デザートをあまり食べない方にも、おいしいと感じていただけるものを作るように心がけています」とシェフパティシエの吉岡浩太さん。

奇をてらい過ぎず、でも、吉岡さんならではのエッセンスが加わったオリジナリティあふれるデザートは、幅広い層から支持されているという。

また、店頭のガラスケースには、そんな吉岡さんが手がける色とりどりの生ケーキも並ぶ。

旬のフルーツなど、季節感あふれるラインナップに思わずワクワク。シェフの味を家庭でも楽しみたいというときや、手土産にもぴったり。

神楽坂・アトリエコータのショートケーキの魅力2

ボリューム感のあるホールサイズの1/4カット!シンプルだけれど後味を引くショートケーキ

アトリエコータのショートケーキは、ちょっと贅沢な印象を与えるホールサイズ(直径12cm)の1/4カットが嬉しい。ふわふわのスポンジに合わせるクリームは、中の層には油脂分を抑えた軽いもの、表面に塗るのは乳脂肪分が高くコクのあるものと2種類を使い分け、飽きずに食べられるような工夫がされているという。

いちごはその時期にいちばんおいしいものを使うのが基本だけれど、シェフのお気に入りは香りの高い「とちおとめ」。シンプルだからこそ、1つひとつの工程にこだわりが詰まっている。

苺のショートケーキ

価格:540円
発売期間:3月頃まで

ほかにもある、「アトリエコータ」の人気スイーツをチェック

神楽坂・アトリエコータのショートケーキの魅力3

濃厚ながらも繊細な味わいのオペラジャパン

極薄いスポンジとガナッシュ、カスタードを合わせたコーヒー風味のバタークリームをくり返し重ね、グラサージュショコラで仕上げた「オペラジャパン」。フランスの伝統菓子であるオペラを、日本人の口にも合うようにとアレンジされたシェフのスペシャリテ。ロンドンで働いていた頃に考案したレシピは、国境を越えて愛されるおいしさ。コーヒーやカフェオレと一緒にいただくのがおすすめ。

オペラジャパン

価格:540円
発売期間:通年

アトリエコータ

SHOP DATA

2012年にオープンした、カウンタースタイルのデザート専門店。季節ごとに変わるメニューや、目の前で作られるデザートを楽しみに、遠方から訪れる人も。どれも見た目にも華やかでおいしく、隣の人に提供されるスイーツに思わず目移り。テイクアウト用のケーキや焼き菓子も充実。

スポット名
アトリエコータ
電話番号
0352274037 0352274037
住所
東京都新宿区神楽坂6-25 Map
営業時間
■テイクアウト、カフェ
9:00〜20:00(19:00L.O)

■カウンターデザート
平日11:00~19:30
土日祝10:30〜19:30
定休日
交通アクセス
東京メトロ東西線「神楽坂駅」より徒歩2分
イートイン
あり
入店・待ち時間について
・空いている時間帯:平日のお昼頃
・待ち時間の目安:土・日・祝は1~2時間
ホームページ
アトリエコータの公式HPを見る

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2022

【特集】麗しのいちごスイーツに会いに。最新いちご案内2022

あなたが好きなのは、いちごがてんこ盛りのパフェ? ホテルのこだわりがつまったいちごアフタヌーンティー? それとも、いちごのすべてを愛する究極ラバー? あと少しの我慢が続く日々だけれど、かわいくておいしいいちごは、今シーズンもキラキラと輝いている。あなたが好きな“推しいちご”を探して、愛して、ハントして。ご褒美にたっぷりいただこう。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI

※記事は2021年12月3日(金)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります