学芸大学「パティスリー ジュンウジタ」のショートケーキは、洗練された味わいながらいちごもたっぷり【ショートケーキ図鑑】

学芸大学「パティスリー ジュンウジタ」のショートケーキは、洗練された味わいながらいちごもたっぷり【ショートケーキ図鑑】

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごのショートケーキ」。今回は碑文谷の閑静な住宅街にある「パティスリー ジュンウジタ」の「シャンティ」をご紹介。いちごもスポンジも、クリームも、素材のおいしさを引き出すことにこだわり抜くシェフが作る、珠玉の逸品をどうぞ。

更新日:2019/02/12

学芸大学「パティスリー ジュンウジタ」のショートケーキの魅力1

素材ととことん向き合うシェフの姿勢に、一切の妥協なし!

碑文谷の閑静な住宅街にある「パティスリー ジュンウジタ」は、繰り返し足を運ぶ人が多い人気店。

オーナーパティシエの宇治田潤シェフが大切にしているのは、1つひとつの素材と丁寧に向き合い、それぞれのおいしさを引き出すこと。そのため、どのお菓子もシンプルに構成されていて、口に含んだときに「いま何を食べているか」が明確。だからこそ色濃く記憶に残り、ふと「あれが食べたいな」と思い出させる。

店頭には生ケーキのほか、焼き菓子やフルーツ感たっぷりのジャム、グラス(アイスクリーム)なども並ぶ。また、4年前からビーントゥバーとしてチョコレートの製造も行なっているそう。タブレットやボンボンショコラはもちろん、ケーキや焼き菓子にも使われているので、ぜひこちらも楽しんで。

学芸大学「パティスリー ジュンウジタ」のショートケーキの魅力2

甘さを抑えた上品なショートケーキは大人にも喜ばれる味わい

元々はアントルメ(ホールサイズ)しか作っていなかったけれど、要望が多かったことからミニサイズも作るようになったという「シャンティ」。

ふんわりと焼き上げたスポンジに合わせるのは、甘さを抑えて、軽やかな口当たりに仕上げた生クリーム。主役であるいちごの甘み、酸味がしっかり楽しめるよう、3段に重ねたスポンジとクリームの間に、たっぷりサンドするのもこだわり。

シャンティ

価格:500円
発売期間:いちごがなくなり次第終了

ほかにもある、「パティスリー ジュンウジタ」の人気スイーツをチェック

学芸大学「パティスリー ジュンウジタ」のショートケーキの魅力3

コクのあるピスタチオと、木イチゴの酸味は相性抜群

比較的、ナチュラルなカラーのケーキが多いジュンウジタのケーキの中でもひときわ目を惹くのが「ピスターシュ フランボワーズ」。

ぷるんとした食感のピスタチオのババロアの中に、木イチゴといちごのコンポートが隠れている。濃厚なババロア、コンポートの甘酸っぱさのバランスがちょうどよく、周りに散りばめられたメレンゲのサクサクとした食感も楽しい。

ピスターシュ フランボワーズ

価格:560円
発売期間:通年

パティスリー ジュンウジタ

SHOP DATA

オーナーパティシエの宇治田潤シェフがさまざまな素材の持ち味を生かし、シンプルに「おいしい」と感じてもらえるものを追求しているというお菓子は、飾り気のないケーキも多いけれど、他と一線を画す味わい。素材選びをはじめ、1つひとつの工程を大切に作られるお菓子を求めて、遠方からも人が訪れる。

スポット名
パティスリー ジュンウジタ
電話番号
0357243588 0357243588
住所
東京都目黒区碑文谷4-6-6 Map
営業時間
10:30~19:00
定休日
月曜(祝日の場合火曜)、第一火曜 ※ほか不定休あり
交通アクセス
東急田園都市線「学芸大学駅」または「都立大学駅」より徒歩15分
イートイン
あり
入店・待ち時間について
※席数が限られているため、急いでいる場合はテイクアウトがおすすめ
ホームページ
パティスリー ジュンウジタのHPを見る

【特集】甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2019

甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2019

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。ひと口にいちごと言っても、品種によってさまざまな表情が楽しめるのもいちごの魅力なんです。今回はいちご好きの編集部が、人気のとちおとめやあまおうから、スカイベリーやきらぴ香などの2019年注目の新品種まで、奥深い“いちご”の世界へとご案内。そのほか、旬のこの時期にしか味わえないスイーツや夜のいちご狩り情報も紹介します。

PHOTO/MIHARU KIMURA WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る