食べる人を魅了する、恵比寿「パティスリー レザネフォール」のショートケーキ。1:1の黄金比とは?【ショートケーキ図鑑】

食べる人を魅了する、恵比寿「パティスリー レザネフォール」のショートケーキ。1:1の黄金比とは?【ショートケーキ図鑑】

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごのショートケーキ」。今回は恵比寿「パティスリー レザネフォール」の「ガトーシャンティフレーズ」をご紹介。シェフが試行錯誤を重ねて辿り着いた、スポンジと生クリームの黄金比率とは?

更新日:2019/02/21

恵比寿「パティスリー レザネフォール」のショートケーキの魅力1

シンプルだけれどモダンなケーキの数々が、食べる人を魅了する

恵比寿の「パティスリー レザネフォール」のオーナーパティシエの菊地賢一さんは、「なるべくシンプルで、食べる人にとってわかりやすいお菓子を作りたい」と話す。

「温故知新」「レトロモダン」をテーマに掲げる菊地さんが手がけるケーキは、伝統的なレシピを独自の観点でアレンジ。飾り立てすぎず、味の想像がしやすいようにと、断面が見えるものも多い。

甘みや苦味、酸味など、ひとつのケーキの中に緩急があったり、また、お酒を効かせるものについては、食べたときにしっかりお酒が感じられるように効果的に使う・・・など、変化に富んだ味わいは、食べる人を感動させる。

「ケーキ自体がシンプルだからこそ、それぞれの素材選びも重要です。季節ごとに新作ケーキが登場するので、そちらもぜひ召し上がっていただきたいですね」

恵比寿「パティスリー レザネフォール」のショートケーキの魅力2

スポンジとクリーム、1:1の黄金比にこだわった絶品ショートケーキ

「ガトーシャンティフレーズ」においてもっとも大切なのはバランス。試行錯誤の末、辿り着いたのは生クリームとスポンジが1:1のバランス。生クリームもスポンジも厚さ1cmに仕上げているという。

なめらかな口当たりの生クリームは、北海道産のものの中でも、ミルクの風味を感じられるものを厳選。一方、スポンジも、小麦粉のおいしさを感じてもらえるようにと、食べ応えのある焼き上がり。

ほどよい酸味のとちおとめも加わり、どこか懐かしさがあるショートケーキは、何度でも食べたくなる。

ガトーシャンティフレーズ(テイクアウトのみ)

価格:460円
発売期間:通年

ほかにもある、「パティスリー レザネフォール」の人気スイーツをチェック

恵比寿「パティスリー レザネフォール」のショートケーキの魅力3

ほろ苦いビターショコラ×フランボワーズの組み合わせがたまらない

手みやげの定番として人気の「スフレ・オ・ショコラ」をはじめ、チョコレートを使ったケーキもシェフが得意とするお菓子のひとつ。

「ロワイヤルショコラフランボワーズ」は、しっとりとビターなチョコレートの生地&クリームに、フランボワーズの酸味が好相性。断面を見ても、大粒のフランボワーズがたっぷり入っているのがわかる。ベリー系のリキュールもしっかりと効かせた、大人のためのチョコレートケーキ。

ロワイヤルショコラフランボワーズ

価格:520円(テイクアウトのみ)
発売期間:3月頃まで

パティスリー レザネフォール

SHOP DATA

東京の洋菓子店「アルパジョン」や「パークハイアット東京」「パークハイアット・パリ・ヴァンドーム」などで修行を重ねた菊地賢一シェフのお店。クラシカルなお菓子にモダンなアレンジを加えた“レトロモダン”なケーキをコンセプトに、さまざまなお菓子を展開。また、お菓子づくりだけでなく、プロ向けの講習会を開くなど、技術指導にも力を入れているという。

スポット名
パティスリー レザネフォール恵比寿本店
電話番号
0364550141 0364550141
住所
東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 Map
営業時間
10:00~22:00
定休日
不定休
交通アクセス
JR「恵比寿駅」西口より徒歩5分
イートイン
なし
ホームページ
パティスリー レザネフォールの公式HPを見る

【特集】甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2019

甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2019

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。ひと口にいちごと言っても、品種によってさまざまな表情が楽しめるのもいちごの魅力なんです。今回はいちご好きの編集部が、人気のとちおとめやあまおうから、スカイベリーやきらぴ香などの2019年注目の新品種まで、奥深い“いちご”の世界へとご案内。そのほか、旬のこの時期にしか味わえないスイーツや夜のいちご狩り情報も紹介します。

PHOTO/MIHARU KIMURA WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る