2種のいちごを使用!スポンジも生クリームにもこだわった巣鴨「PATISSERIE Yoshinori Asami」【ショートケーキ図鑑】

PATISSERIE Yoshinori Asami

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごのショートケーキ」。今回は巣鴨の「パティスリー・ヨシノリ・アサミ」をご紹介。シンプルだからこそ、素材とバランスにこだわり抜いた極上のショートケーキをどうぞ。

更新日:2020/01/17

PATISSERIE Yoshinori Asamiのショートケーキの魅力1

世界でその腕を認められたシェフが作るケーキは大人も子供も大好き

巣鴨の「パティスリー・ヨシノリ・アサミ」は、浅見欣則さんがシェフパティシエを務めるパティスリー。13年間におよぶフランスでの修行中にM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)のグラシエ(アイスクリーム)部門で日本人として初めてファイナリストに選ばれており、帰国後に開いたこちらのお店では、自慢のアイスクリームはもちろん、アイスクリームをメインに使ったパフェも人気が高い。
そんなアイスクリームやパフェの名手として知られている浅見シェフだけれど、もちろんケーキも大好き。曰く、フランスのパティスリーでもいちごのショートケーキが定番になりつつあるのだとか。「実はフランスにいた頃も作っていましたし、今でも僕が働いていたアルザスのお店では、“ICHIGO”という名前でショートケーキが売られているんですよ」とシェフ。

PATISSERIE Yoshinori Asamiのショートケーキの魅力2

極上の卵と生クリームを使ってリッチな味わいに仕上げたショートケーキ

こちらのショートケーキは、トップに乗せるいちごをあまおう、中に挟むのはとちおとめと使い分けているのが特徴的。「いちばん上のいちごはそのまま食べるから、甘い方がいいと思うんです。でも、サンドするいちごはクリームやスポンジと一緒に食べるから、ちょっと酸味があるものの方が、バランスがいいんですよね」。
那須の「究極卵」を使ってふんわりと焼き上げた生地、シェフこだわりの濃厚な生クリーム、厚切りのいちごを重ねた三角形のショートケーキは、何度でも食べたくなるおいしさ。子供からお年寄りまで誰からも愛される、トップシェフのショートケーキを召しあがれ。

シャンティーフレーズ

価格:テイクアウト 522円
イートイン 532円
発売期間:通年

ほかにもある、「PATISSERIE Yoshinori Asami」の人気スイーツをチェック

PÂTISSERIE Yoshinori Asamiのショートケーキの魅力3

冬だけのお楽しみ。チョコレートクリームのショートケーキ

2019年より冬から春にかけて、チョコレートのショートケーキが登場。もともとはクリスマスケーキとして販売したところ、ファンが多かったことから期間限定で店頭に並ぶことに。こちらもトップのいちごはあまおう、中に挟むものはとちおとめを使用。エクアドル産のアリバ・ナショナル種のカカオのガナッシュと生クリームを合わせたクリームは甘さを抑え、コクのある上品な味わいに仕上げている。

エクアドル産 チョコクリームのショートケーキ

価格:テイクアウト 552円
イートイン 563円
発売期間:12~3月頃まで

見た目も味わいもりんごそのもの!

フォルムの愛らしさにときめく「キャラメルポンム」は、“蜜入り”りんごをイメージして構成されたムース。キャラメルとミルクチョコのムースの中にはりんごのコンポートをしのばせているほか、タルト生地の中にもりんごのプレザーブが。口どけなめらかなムース、香ばしいタルトと一緒に、口いっぱいに広がるりんごの香りを堪能して。

キャラメルポンム

価格:テイクアウト 582円
イートイン 592円
発売期間:通年

PATISSERIE Yoshinori Asami

SHOP DATA

フランス・オートサヴォアの「パトリック・シュバロ」、アルザスの「ダニエル・レベー」にて修行を積んだ後、ストラスブールにある老舗「キュブレー」で10年以上にわたりシェフパティシエを勤めた浅見欣則シェフによるパティスリー。2015年オープン。

スポット名
PATISSERIE Yoshinori Asami
電話番号
0359807674 0359807674
住所
東京都豊島区巣鴨3-23-3 ハウス桃李 1F Map
営業時間
10:30~19:30
定休日
水・第2火曜(変更の場合あり)
交通アクセス
「巣鴨駅」より徒歩3分
イートイン
・混雑時はお名前を伺います。
・空いている時間帯:平日の12:00~15:00
ホームページ
PATISSERIE Yoshinori Asamiの公式Facebookを見る

【特集】甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2020

甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2020

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。ひと口にいちごと言っても、品種によってさまざまな表情が楽しめるのもいちごの魅力なんです。今回はいちご好きの編集部が、人気のとちおとめやあまおうから、2020年注目の新品種まで、奥深いいちごの世界へとご案内。そのほか、旬のいちごをふんだんに使った絶品パフェやスイーツブッフェ、いちご狩り情報もご紹介します。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る