【絶品アイス】ぷっくり巻きソフトクリームに落としちゃったアイス。“かわいい”がいっぱいの広尾「MELTING IN THE MOUTH」

MELTING IN THE MOUTH【アイスクリーム図鑑/ソフトクリーム】

ひんやり甘く、なめらかな口どけが人気のアイスクリーム。こだわりの素材と職人技で仕上げられたアイスクリームは、火照った心や体をクールに癒してくれる。

今回ご紹介するのは、広尾の 「MELTING IN THE MOUTH」。落としちゃったアイスがモチーフのデザートやぷっくり巻かれたソフトクリームがかわいすぎると話題のソフトクリームショップ。ルックスだけでなく、素材や味わいにもこだわった逸品ばかり。

更新日:2019/06/11

MELTING IN THE MOUTH【アイスクリーム図鑑/ソフトクリーム】

オーガニック素材を使ったソフトクリームやスイーツがずらり

オープン以来、そのビジュアルからSNSをにぎわせている「MELTING IN THE MOUTH」。店内では、ソフトクリームや、ソフトクリームを使ったドリンク、スイーツなど約20種類をラインナップ。

ついつい見た目のかわいらしさに目がいきがちだけど、素材にも並々ならぬこだわりが。ソフトクリームは、数種類のオーガニック牛乳をミックスし、濃厚で雑味のないおいしさを実現。

店内で販売している自家製クッキーは、身体にやさしいオーガニック小麦を使用している。

MELTING IN THE MOUTH【アイスクリーム図鑑/ソフトクリーム】
看板メニュー「オリジナル」(480円)

ぷっくりキュートな巻き巻きソフトクリーム「オリジナル」

こちらのおすすめは、くるくるとした巻きが芸術的なまでに美しい看板メニュー「オリジナル」(480円)。形には徹底的にこだわっていて、巻きがうまくいかなかったときはやり直すことも。

昔ながらのコーンとアイスの比率もかわいい。しっかり固く巻かれたように見えるけれど、予想に反してなめらかでクリーミーな口どけ。オーガニック牛乳の風味や濃厚なおいしさも感じてみて。

ほかにもある、「MELTING IN THE MOUTH」の人気アイスクリームをチェック

MELTING IN THE MOUTH【アイスクリーム図鑑/ソフトクリーム】
「クッキーアラモード」(580円)

大きめサイズのクッキーにのった逆さアイス「クッキーアラモード」

今年出たばかりの新作、オーガニックアイスクリームをクッキーにのせて食べる「クッキーアラモード」(580円)が早くも話題に。落としちゃったアイスをイメージして作られており、フォトジェニック間違いなしのかわいさ。

クッキーは毎日店内で焼き上げられたもの。外側が固く、内側がサクサクやわらかなニューヨークスタイル。「チョコチップクッキー」「シーソルトピーナッツバター」など5種類の中から選べる。お好みで、チョコかストロベリーソースをトッピング(+100円)することも可能。アイスは看板メニュー「オリジナル」同様、オーガニック牛乳を使用した濃厚な味わい。

MELTING IN THE MOUTH【アイスクリーム図鑑/ソフトクリーム】
「アイアムティラミス」(650円)

マスカルポーネたっぷり!おしゃれな大人の贅沢アイス「アイアムティラミス」

「子どもから大人までみんなで一緒に楽しんでほしい」との思いから、大人好みのメニュー「アイアムティラミス」(650円)が誕生。

本格的なティラミスの味わいに近づけるため、北海道産のマスカルポーネを使用。オーガニック牛乳で作る濃厚なソフトクリームとミックスしている。

カカオのふたを崩しながら食べると、豊かなマスカルポーネの香りで満たされる。隠れファンが多いのも納得!

【東京・広尾】MELTING IN THE MOUTH

ぷっくりキュートなソフトクリームが人気のカフェ。オーガニック牛乳を数種類ブレンドして作るソフトクリームはコクがあってクセになるおいしさ。コーヒーやシェイクなどのドリンクやオーガニック小麦で作る自家製クッキーの販売も。フォトジェニックな店内での撮影も楽しい。

スポット名
MELTING IN THE MOUTH(メルティング イン ザ マウス)
電話番号
0364593838 0364593838
住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-17-10 MKビル 1F Map
営業時間
10:30~20:00 土・日・祝~20:30
定休日
なし
交通アクセス
東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩4分
イートイン
あり
ホームページ
ホームページ

【特集】夏のひんやりスイーツ2019

夏の太陽がジリジリ照りつけると、ひんやり冷たいスイーツが恋しくなる。そこで、なめらかな口どけのアイスクリームや行列のできる有名店のかき氷、ビタミンたっぷりのサマーフルーツなど、東京で味わえる最新のひんやりスイーツをご紹介します。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/RIE TAGAI

  • LINEで送る