【かき氷】体が冷えない!?「銀座のジンジャー銀座本店」でショウガシロップたっぷりのミルキーなかき氷

銀座「銀座のジンジャー銀座本店」のかき氷

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内の名物かき氷の魅力をご紹介。東京・銀座にあるショウガ専門店「銀座のジンジャー銀座本店」でいただけるのは、その名の通り、ショウガが香るかき氷。かき氷なのに体が冷えすぎない、ジンジャーシロップたっぷりの新感覚かき氷を召しあがれ。

更新日:2020/06/02

銀座「銀座のジンジャー」のかき氷の魅力1

ベースには北海道産ミルクを使ったジンジャーシロップをたっぷりと

体を温めたり、免疫力を上げるなど、女子に嬉しい効果が期待できるとして人気の食材・ショウガ。東京・銀座にある「銀座のジンジャー銀座本店」は、そんなショウガの楽しみ方を提案する専門店。1階ショップでは、オリジナルのジンジャーシロップやコンフィチュールなどを販売している。

銀座「銀座のジンジャー銀座本店」のかき氷の魅力2

2階のカフェでは、特製ミルクジンジャーシロップをベースにしたユニークなかき氷が楽しめる。
かき氷のおいしさの決め手となるジンジャーミルクシロップは、コクがあってしっかりと甘い。思いのほかショウガがきいていて、かき氷なのに体が冷えすぎない!と話題を集めているのだとか。

銀座「銀座のジンジャー銀座本店」のかき氷の魅力3

この特製ミルクジンジャーシロップを使ったかき氷のメニューは、常時約8種類が揃う。定番メニューのひとつ「オレンジ生姜」(983円)を頼むと、真っ白なかき氷と小瓶入りのコンフィチュールがテーブルへ。氷全体にミルクシロップがたっぷりかけられているから、まずはそのままシンプルに味わうもよし、コンフィチュールをかけるもよし。エスプーマなど多彩なトッピングを追加したりと、自由に“味変”を楽しんで。

ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック

SNSを中心に好評なパンダバウム

SNSを中心に好評なパンダバウム

丁寧に焼き重ねられた四角いバウムからそっと型抜きすると、手のひらサイズのかわいいパンダが。パンダバウム(プレーン540円)、親子パンダバウム(塩キャラメル594円)のほかに季節限定のパンダも。ふんわりと優しい味わいも大好評。


ギフトにもおすすめのジンジャーシロップ

ギフトにもおすすめのジンジャーシロップ

1階ショップには特製ジンジャーシロップがずらり。定番の「プレーン」(648円)、「ドライ」(864円)をはじめ、「日向夏と瀬戸内レモン」(972円)など季節限定品も。水や炭酸で割れば、手軽にジンジャードリンクが楽しめる。

アクセス抜群な銀座でかき氷に舌鼓

アクセス抜群な銀座でかき氷に舌鼓

お店があるのは、ショッピングなどにも便利な銀座1丁目。駅からも近く、19時ラストオーダーと少し遅くまで営業しているから、仕事や買い物の帰りにも気軽に立ち寄れるのが嬉しい。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策に従い、思いやりを持った行動をお願いします。

かき氷DATA

開催日程
通年
メニュー
定番3種+季節ごとに変わるメニューも
氷の特徴
純氷をふわふわ食感になるよう薄めに削る
シロップの特徴
ベースにショウガを利かせたミルクシロップを使用。コンフィチュールを合わせたり個性的なメニューも豊富
トッピング
エスプーマ(324円)、オリジナルコンフィチュールやカマンベールレアソースなど多数
入店・待ち時間について
・週末は行列必須。暑くなると1時間~2時間待ちの場合も
・記帳して外出可能
銀座のジンジャー銀座本店

DATA

スポット名
銀座のジンジャー銀座本店
電話番号
0335385011 0335385011
住所
東京都中央区銀座1-4-3 1F・2F Map
営業時間
11:00~20:00(ラストオーダー19:00)
※状況により変更となる場合がございます。
定休日
不定休
交通アクセス
東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」より徒歩3分
予約
不可
その他のメニュー
キウイブラン983円ほか、季節のおすすめかき氷4~6種
備考
お一人様ワンオーダー制でお願いします
ホームページ
「銀座のジンジャー」公式HP

【特集】夏といえばかき氷!並んでも食べたい東京の名物かき氷2020

東京の名物かき氷2020

夏になると恋しくなるかき氷。あまたあるかき氷の中でも、行列ができるほど有名なお店のかき氷には、どれも店主の愛情がたっぷり。今回は、そんな店主とお客さんが愛する名物かき氷の魅力を編集部が総力取材。この夏はかき氷の魅力を再発見しに、お出かけしてみませんか? 気になる待ち時間や整理券配布情報もチェックして。

PHOTO/AYA MORIMOTO TEXT/MINORI KASAI

  • LINEで送る