【かき氷】果肉た~っぷりのフルーツかき氷6選。イチゴやオレンジ、スイカ、メロンの名物かき氷を全部見せ!

フルーツを使ったかき氷6選

※昨今の情勢により、営業有無、営業時間の変更がある場合がございます。日々状況が変化しておりますので、最新情報は公式HPをご確認ください

夏になると恋しくなるのがかき氷。最近では、お祭りや縁日などでおなじみの赤や緑のシロップではなく、フルーツを使った果肉感たっぷりの自家製シロップが主流に。なかでも今回は、旬のフルーツのおいしさにこだわっているお店のかき氷をすべてご紹介。みんな大好きいちごから、「こんなフルーツもかき氷にできるの?」と目からウロコが落ちるあの果物まで。季節限定のものばかりなので、“果物のおいしい瞬間”を見逃さないで。

更新日:2020/06/02

旬のメロンの甘みが広がる。あの超行列店の名物かき氷

谷中の超行列店「ひみつ堂」で味わえるのは、ふわふわの氷に、自家調合したヨーグルトがこれでもか!とかかった「メロンヨーグルト」(1200円)。茨城県産の味の香(あじのか)など旬のメロンを使った果肉たっぷりのソースは、好みの量をかけながらじっくり味わえるヨーグルトのまろやかさと、瑞々しい果実の甘味がたまらない。

とろっとした食感のあと、メロンの甘みが口の中に広がって幸せ気分に。

体が冷えない!?ショウガシロップたっぷりのオレンジかき氷

銀座にあるショウガ専門店「銀座のジンジャー銀座本店」では、特製ミルクジンジャーシロップをベースにしたユニークなかき氷が楽しめる。定番メニューのひとつ「オレンジ生姜」(983円)を頼むと、真っ白なかき氷と小瓶入りのコンフィチュールがテーブルへ。

氷全体にミルクシロップがたっぷりかけられているから、まずはそのままシンプルに味わうもよし、オレンジ生姜のコンフィチュールをたっぷりかけて味わうのもよし。エスプーマなど多彩なトッピングを追加したりと、自由に“味変”が楽しめる。

スイカのシャリシャリ食感が夏らしい!まるでシャーベットのようなかき氷

一年を通して新鮮な旬のフルーツをふんだんに使ったかき氷が楽しめる、浅草の「フルーツパーラーゴトー」。夏の人気メニューといえば、見た目にも楽しい「氷すいか」(950円)。いちばんおいしいフルーツを味わってほしいからと、4~6月上旬までは熊本県産、6月上旬~9月上旬までは千葉県産や長野県産など、時期により最適の産地を選ぶほどのこだわりよう。

注文が入ってからミキサーにかけて作るシロップは、フレッシュな果汁そのもの。目からウロコのジューシーなかき氷を食べに、何度でも通いたい。

みずみずしいメロンの果肉がゴロゴロ。ホテル内のバーで味わえるかき氷

赤坂・ホテルニューオータニにある「KATO'S DINING & BAR」は、本格的な日本料理を気軽に楽しめるお店。こちらで人気のかき氷が「サツキ江戸かき氷」(1980円~ ※サービス料別)。グランシェフ・中島眞介さんが2014年に開業50周年記念メニューとして考案したもので、登場以来、これを食べなきゃ夏が始まらない!というファンが急増中。

こんにゃくを使用したゼリーとメロン100%のソースをたっぷりかけた「サツキ江戸かき氷 メロン」(1980円 ※サービス料別)。天然氷の中には、みずみずしいメロンの果肉がゴロゴロ入っていて、ヘルシーさも嬉しい一杯。

自家製オレンジピールとオレンジの蜜で作る爽やかなかき氷

東京・西大島駅から歩いて約15分、砂町銀座商店街にある「GOFUKU」は、かき氷と焼きそばの専門店。

つやつやと輝く蜜が目を引く「国産ネーブルオレンジ」(950円※ヨーグルト付き)は季節限定メニュー。オレンジならではの爽やかな甘酸っぱさが、コクのあるヨーグルトと相性抜群。氷の中にもオレンジピールとホイップクリームが。

いちごLOVER必見!不動の人気No.1を誇る、いちご味のかき氷7選

女子が大好きフルーツと言えば、やっぱりいちご。雪のようにこんもりと盛られた氷の上に、真っ赤なシロップがかけられた姿は、まさに“THEかき氷”! 

手作りにとことんこだわった下町の行列店自慢のかき氷から、どこか懐かしい昔ながらのかき氷まで。甘酸っぱいいちごのみずみずしさをとことん堪能して。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策に従い、思いやりを持った行動をお願いします。

【特集】夏といえばかき氷!並んでも食べたい東京の名物かき氷2020

東京の名物かき氷2020

夏になると恋しくなるかき氷。あまたあるかき氷の中でも、行列ができるほど有名なお店のかき氷には、どれも店主の愛情がたっぷり。今回は、そんな店主とお客さんが愛する名物かき氷の魅力を編集部が総力取材。この夏はかき氷の魅力を再発見しに、お出かけしてみませんか? 気になる待ち時間や整理券配布情報もチェックして。

PHOTO/AYA MORIMOTO(銀座のジンジャー銀座本店)AYUMI OHSAKI(GOFUKU) TEXT/MINORI KASAI

  • LINEで送る