【かき氷】クリームのぽってり感がたまらなくかわいい!湯島「サカノウエカフェ」の“いちご”のかき氷

【かき氷】クリームのぽってり感がたまらなくかわいい!湯島「サカノウエカフェ」の“いちご”のかき氷

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内で気軽に行ける、足を運んでみる価値のある名物かき氷の魅力をご紹介。東京・湯島の「サカノウエカフェ」は、大人も思わず童心に返る遊び心満載のかき氷が人気。手作りのシロップをはじめ、味わいだけでなくビジュアルにもとことんこだわる、唯一無二のかき氷をどうぞ。

更新日:2019/06/07

湯島「サカノウエカフェ」のかき氷の魅力1

見た目も味わいも、おいしくて楽しいかき氷を追究!

その名のとおり、湯島天神と神田明神を結ぶ三組坂(みくみざか)の上に構える東京・湯島の「サカノウエカフェ」。

「実は、もともと僕自身はかき氷が大好き!というわけではなくて・・・。だからこそ、そんな自分が最後まで飽きずに、おいしく食べられるかき氷を作っています」と笑顔を見せるのは、店主の町山友康さん。

季節によってシロップが変わる「ぱんだ」をはじめ、常時5~7種類が揃うかき氷のラインナップはスタッフ総出で相談しながら決めている。トレンドになっているケーキやデセールからヒントを得ることも多いのだとか。

「とはいえ、ベースはあくまでも氷。生クリームやチョコレートのように濃厚で、そのまま使うと氷が負けてしまう素材をどうやって組み合わせるか、常にバランスを大切にしています」と町山さん。

湯島「サカノウエカフェ」のかき氷の魅力2

何度も試作をくり返し、氷とシロップとのバランスや、ビジュアルを決めていくというかき氷は、見た目も味わいもピカイチ。また、すべてのかき氷に“味変”用のソースや手作りの旗が添えられていたりと、遊び心に富んだ仕掛けも人気を集める理由のひとつ。

定番人気は、自家製いちごシロップとホイップクリームを氷にのせた「こおりのショートケーキ」(1100円)。山盛りに見えるクリームも、エスプーマでホイップしているからふんわりと軽く、思わずぺろり。

毎週必ず新作が登場すると聞いたら、繰り返し足を運ばずにはいられない!

ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック

湯島「サカノウエカフェ」のかき氷の魅力3

“チョコミン党”必見!チョコもミントもこだわり抜いた限定かき氷

昨年も大人気だったという「ちょこミント」(1500円)がグレードアップして今年も登場!

清涼感あふれるミントのエスプーマに合わせるのは、代々木上原の「AURO Chocolate」のカカオ77%のチョコレート。カカオニブやミントジュレの食感も楽しんで。期間限定なので、お早めにどうぞ。

湯島「サカノウエカフェ」のかき氷の魅力4

食べるのがもったいないほど愛らしい!

サカノウエカフェを代表するかき氷でもある「パンダ」は、季節によってシロップが変わるそう。

取材時(5月)は初夏らしい「ヨモギ」(1500円)。練乳を合わせたシロップはやさしい甘さで、氷の中には酒粕クリームも。1つひとつ手描きしているという、マシュマロパンダのキュートな表情にも注目。

おまいりの後に立ち寄りたいカフェ

湯島天神と神田明神のちょうど真ん中に位置するカフェ。ふんわりと削った氷に合わせる自家製シロップは独創的で、エスプーマを使ったりクリーム系が多いのも特徴。

2月と9月に開催される「ねこまつりat湯島」では、猫をモチーフにした限定メニューも登場。こちらも要チェック!

かき氷DATA

開催日程
通年
メニュー
「こおりのショートケーキ」をはじめ、約7種類のかき氷が揃う。季節ごとに変わるので、メニューは公式サイトやSNSでチェックして
氷の特徴
純氷
シロップの特徴
季節のフルーツを使った自家製シロップが中心
トッピング
なし
入店・待ち時間について
・整理券の配布なし
・記帳制
・比較的空いている時間帯は、平日の開店直後
サカノウエカフェ

サカノウエカフェ

スポット名
サカノウエカフェ
電話番号
0358174767 0358174767
住所
東京都文京区湯島2-22-14 ビュークレスト御茶ノ水 1F Map
営業時間
火~金
11:00~19:30(19:00LO)
土・日・祝
11:00~18:30(18:00LO)
定休日
月曜
交通アクセス
東京メトロ千代田線「湯島駅」より徒歩5分
予約
不可
その他のメニュー
スムージーなどドリンクメニューも充実
ホームページ
サカノウエカフェ の公式HP

【特集】夏といえばかき氷!並んでも食べたい東京の名物かき氷2019

東京の名物かき氷2019

夏になると恋しくなるかき氷。あまたあるかき氷の中でも、行列ができるほど有名なお店のかき氷には、どれも店主の愛情がたっぷり。今回は、そんな店主とお客さんが愛する名物かき氷の魅力を編集部が総力取材。この夏はかき氷の魅力を再発見しに、お出かけしてみませんか? 気になる待ち時間や整理券配布情報もチェックして。

PHOTO/AYUMI OOSAKI TEXT/MINORI KASAI

  • LINEで送る