マジドゥショコラのバレンタインのチョコレートに注目。バレンタインチョコレート図鑑2018<OZmall>




おいしい幸せを贈るバレンタインチョコレート図鑑

バレンタインチョコレート
▼ ひらく
イチゴパフェ
▼ ひらく
イチゴショートケーキ
▼ ひらく
ハロウィンデザート
▼ ひらく
アイスバー
▼ ひらく
かき氷
▼ ひらく
デセール
▼ ひらく
カップケーキ
▼ ひらく
ポップコーン
▼ ひらく
パンケーキ
▼ ひらく

東京・自由が丘

マジドゥショコラ|マジドゥショコラ

フレーバーチョコ

【東京・自由が丘】マジドゥショコラ

さらに手間を加えた極上の進化系ビーントゥバーチョコレート

オープン当初からビーントゥバースタイルで、カカオ豆の個性を活かすショコラづくりが魅力のマジドゥショコラ。こちらのショップでは“香り”をテーマに2018年の新作「フレーバーチョコ」(各2000円・2018年1月5日より販売予定)6種を発表。独自の製法でカカオ豆と素材を融合させ、味はもちろん豊かな香りまで楽しめるタブレットチョコレートに。そのひとつ「燻」は、カカオ豆を桜や林檎などの燻煙材で温燻しているというから驚き。風味豊かな香りが引き立ち、お酒との相性もよさそう。また、ジンジャーの香りとパチパチとした食感が楽しめる「花火」も。

Check!

  1. ポイント1

    贅沢すぎるビーントゥバーの生チョコレート「シャンドンの極上生チョコ 8個入り」(2160円・1月24日より販売開始)。プレミアムスパークリングワイン「シャンドン ブリュット」を使ったエレガントな味わいと、ベリーの甘味・酸味が絶妙。

  2. ポイント2

    産地別で選べるスーパーフード「カカオニブ」(980円~)や、そのまま食べておいしい蜂蜜掛けの「ミエル」(1180円)なども。

  3. ポイント3

    カカオ豆の発酵具合や砂糖を入れるタイミング。最高のチョコレートをつくり上げるシェフの松室和海氏。

データ | マジドゥショコラ

店舗名マジドゥショコラ
営業時間10:00~19:00(カフェ17:30LO) 火定休(季節により変動あり)
その他のメニューナンバーフォー(NO.4)、抹茶のテリーヌ、モンドチョコレートなど
住所東京都世田谷区奥沢6-33-14MAP
アクセス東急東横線・大井町線自由が丘駅南口より徒歩3分
お問い合わせ03-6809-8366
Webサイトマジドゥショコラ公式ホームページ

PR

TOP