シャポンの濃厚でフワフワなチョコレートムースにほっこり【チョコレートパフェ】

シャポン

バッキンガム宮殿のお姫様専属アイス職人としてキャリアをスタートしたパトリス・シャポンによるショコラトリー「シャポン」では、おいしくて見た目も華やかなチョコレートや、パトリスが手がけるおしゃれな空間に魅了される女子が続出。世界中の農園から仕入れるカカオで作ったチョコレートが、ふわふわ食感のショコラムースにて味わえる絶品パフェをご紹介!

更新日:2019/01/15

空気をたっぷり含ませながら作るムースはパトリスの直伝。「店内には、13カ国のチョコレートの試食ができるので、自分好みの味を見つけてください」と、ブランドマネージャーの廣木栄美さん。カカオの産地や風味の解説も表示されているのが嬉しい

看板メニューのムースを贅沢に楽しむ日本限定パフェ

パリで初めてビーントゥバーを取り入れ、30年以上愛されている「シャポン」。ショコラティエのパトリスが手がけるチョコレートは、小さな農園をはじめ、その時期にその場所でしか取れないカカオ豆を使っているので、フローラルな苦味やマイルドな酸味など、それぞれの個性を楽しめるのが最大の魅力。

そのチョコレートと生クリームを混ぜて作る「ムース・オ・ショコラ」はパリジェンヌにも愛される1品。「カカオ本来の特徴をしっかり活かした濃厚さと、フワフワ食感に仕上げたムースが病みつきになりますよ!」とブランドマネージャーの廣木栄美さん。幼少期には家庭で出来立てのムースを食べていたというパトリスにとって、ムースは少年時代の家族との思い出が詰まった特別なスイーツだそう。

ムース・オ・ショコラをよりおいしく味わってほしいと誕生したパフェは、青山店のみの限定メニュー。パトリスがデザインした、ボタルカルな色彩がおしゃれな空間や、ブランドオリジナルのカップやお皿で味わえば、より気分が盛り上がること間違いなし。

1.カカオニブ
2.バニラアイス
3.ムース・オ・ショコラ
4.フランボワーズソース
5.ストロベリーアイス
6.ナッツ
7.レモンアイス
8.果肉入りフランボワーズソース

ワインと合わせたい、ムースを味わう大人のパフェ

2017年7月に発売され、すぐに人気メニューに登りつめた話題のパフェ。マダガスカル、エクアドル&ガーナ、ベネズエラなど5カ国6種類の中から好みのムース・オ・ショコラ1種を選べる。「やさしい甘みのあるエクアドル&ガーナや、スモーキーな香りが鼻に抜けるベネズエラが特に人気です」(廣木さん)。トッピングには、カリカリ食感のカカオニブ、下層には、甘さ控えめのバニラアイス、シャーベットのようなレモンアイス、果汁入りのフランボワーズソースなど盛りだくさん。ムースを引き立たせるために最適な素材や量が計算されているそう。

1口目はムースだけを、2口目からはムースとそれぞれを組み合わせて食べるのが、おすすめだとか。「ワインともよく合います。お店では、ソムリエがセレクトした、ライトな赤ワインとしっかりとした白ワインを用意しているので、ぜひ試してください」(廣木さん)

MENU/チョコレートパフェ

商品名:ムース・オ・ショコラパフェ
価格:780円
販売時期:通年

ほかにもある、チョコレートのスイーツをチェック

ゆずジャムをたっぷりかけて味の変化を楽しむ和風パフェ

小豆、抹茶プリン、白玉など和の素材をグラスに敷き詰めた「ムース・オ・ショコラ抹茶パフェ」。風味豊かな抹茶アイスにバニラアイスを重ねてきな粉をまぶし、数種類から選べるムース・オ・ショコラもオン。ゆずジャムをたっぷりかけて食べるのがおすすめで、お好みに合わせて味の変化が楽しめる。

MENU/期間限定パフェ

商品名:ムース・オ・ショコラ抹茶パフェ
価格:890円
販売時期:冬季限定
※販売終了日は店舗に直接お問い合わせください

CHAPON青山店

SHOP DATA

スポット名
CHAPON青山店
住所
東京都港区南青山6-2-9 南青山KSビル Map
営業時間
11:00~20:00
定休日
年末年始
交通アクセス
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」より徒歩7分
ホームページ
CHAPON公式HP

WRITING/NARUMI AKIBA、YUKI HORIE PHOTO/AYA MORIMOTO

  • LINEで送る