ミガキイチゴを使ったパフェがいただけるのはこちらだけ!「いちびこ(ICHIBIKO)太子堂店」の【いちごパフェ】

いちびこ太子堂店

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! そのまま食べてもおいしいいちごを、さらにおいしく、華やかな見た目も楽しませてくれるデザートといえば「いちごパフェ」。今回は、西太子堂にある「いちびこ太子堂店」をご紹介。こちらの店舗だけでいただけるいちごのヨーグルトパフェは、後味さっぱり。ミガキイチゴならではの飛び抜けた甘酸っぱさを引き立ててくれる。

更新日:2020/01/23

いちびこ太子堂店

いちごのみずみずしい甘さを引き出すスイーツが充実

「いちびこ(ICHIBIKO)」は、“食べる宝石”をコンセプトに生産されたブランドいちごのミガキイチゴを楽しんでもらうために誕生した、いちごスイーツの専門店。

ちなみに、ミガキイチゴとは品種の名前ではなく、産地や製法を限定し、徹底した管理のもとに生産されたいちごの統一ブランド。いちごにとって最も良い環境で育てられ、完熟したものを朝摘みしているから、香り、甘さと酸味のバランスがよく、果汁もたっぷり含まれている。これぞいちご!といった美しい形も特徴で、パフェやショートケーキなどのトッピングとしてもぴったり。

いちびこ太子堂店

定番の「いちごのショートケーキ」や「いちごのビスキュイ」などのデザートに加えて、「いちびこドリンク」など、いちごを使ったドリンク類も豊富。さらに1号店でもある太子堂店には、パフェをはじめとする限定メニューも。

もちろん、どれもいちごが主役だから、ミガキイチゴの甘酸っぱさが引き立つよう、スポンジやクリームなど、組み合わせる食材は軽めに仕上げたり、甘さを抑えるなどの工夫がされている。お店のスタッフ曰く「どれもボリュームがありそうに見えますが、意外と軽いので、ぺろっと食べられますよ」。いちごのおいしさが際立つスイーツを、心ゆくまで楽しみたい。

いちびこ太子堂店
1.ローズマリー
2.いちご
3.ホイップクリーム
4. 角切りいちご
5. いちごピューレ
6.ソフトクリーム
7.いちごのヨーグルトムース
8.いちご
9.いちごピューレ

ミガキイチゴとヨーグルトの相性は抜群!

「いちごのヨーグルトパフェ」は太子堂店限定のデザート。ミガキイチゴにいちごピューレやいちご入りヨーグルトムースなどを合わせ、後味さっぱりと仕上げたこちらは、食後でもぺろりといただけそう。トッピングのローズマリーの香りが、ミガキイチゴの魅力でもある、爽やかな甘酸っぱさを際立たせてくれる。

いちごのヨーグルトパフェ(太子堂店限定)

価格:979円
販売期間:通年

ほかにもある、「いちびこ太子堂店」の人気スイーツをチェック

いちびこ太子堂店

おいしいいちごと牛乳が出会ったら、リッチないちごミルクが完成

いちびこの人気NO.1といえば、砂糖でマリネした“いちごのメランジェ”と冷凍いちごに、新鮮なミルクを注いだ「いちびこミルク」。たっぷりと入る瓶のデザインがかわいく、ほんのり甘くてどこか懐かしい味わいは、世代を超えて愛されているそう。飲む前に、しっかり混ぜるのを忘れないで。

いちびこミルク

価格:825円
販売期間:通年

いちびこ太子堂店

いちびこ太子堂店

宮城県山元町で誕生した、複数品種のいちごを厳選した統一ブランド“ミガキイチゴ”のスイーツ専門店の1号店。五感をフルに使っていちごを楽しむことをコンセプトに、いちご本来のおいしさが楽しめるさまざまなメニューを考案。太子堂店のほか、三軒茶屋や南町田グランベリーパークなど都内や宮城県を中心に展開中。

スポット名
いちびこ太子堂店
電話番号
0364508750 0364508750
住所
東京都世田谷区太子堂5-8-3 Map
営業時間
11:00~19:00
定休日
不定休
交通アクセス
東急世田谷線「西太子堂駅」よりすぐ、東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩10分
入店・待ち時間について
・混雑時は会計後、席が空き次第ご案内。
・待ち時間:土・日・祝日は30分程度。平日はほぼ並ばずにご案内できます。
・混雑時間:14:00~16:00
ホームページ
いちびこの公式HPを見る

【特集】甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2020

甘くておいしい最旬いちごに会いに。最新いちご案内2020

甘酸っぱくてころんとしたフォルムがかわいい「いちご」は、乙女心くすぐる魅惑のフルーツ。ひと口にいちごと言っても、品種によってさまざまな表情が楽しめるのもいちごの魅力なんです。今回はいちご好きの編集部が、人気のとちおとめやあまおうから、2020年注目の新品種まで、奥深いいちごの世界へとご案内。そのほか、旬のいちごをふんだんに使った絶品パフェやスイーツビュッフェ、いちご狩り情報もご紹介します。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る