行列ができるEsola池袋「プリンに恋して」に実際並んで食べてみた!人気No.1のレトロプリン、メロンソーダプリンを実食レポ

行列ができるEsola池袋「プリンに恋して」に実際並んで食べてみた!人気No.1のレトロプリン、メロンソーダプリンを実食レポ

池袋駅直結の「Esola池袋」B1階に、「プリンに恋して」が2021年4月15日(木)オープン。早くも連日行列の人気店に、編集Tが実際に並んで購入&実食してきました。待ち時間の目安、人気No.1メニュー「レトロプリン」や食べるメロンソーダのような「メロンソーダプリン」をご紹介します。

更新日:2021/04/23

待ち時間の目安は? 行列はどれくらい?

上/有楽町線「池袋」駅改札すぐ。レトロなロゴがかわいいショップ看板 左下/通路を妨げないように、列は中継地点を設けながら並びます 右下/中継地点から移動するときに配布された整理券

ショップ併設の工房で作られるフレッシュなプリンは行列必至

足を運んだのはオープンから4日目の日曜10時45分頃。営業開始の15分前です。その時点で既に列ができており、私は25組目でした。スタッフのアナウンスによると「1時間から1時間30分待ち」とのことで、並ぶのを諦めて帰られる方もチラホラいました。(現在は時短営業につき11時から20時。営業時間の最新情報は公式HPをご確認下さい)

「みなさん、インスタをご覧になってご来店くださっているようです。柔らかめのものより、固めのしっかりした『レトロプリン』をめざして来てくださっているようで。なかでも通常サイズの5倍ある特大サイズから売り切れていきます。お店併設の工房で、卵を割って一から作っているため、お出しできる数量が限られてしまうんです」

そう教えてくれたのは、ショップを運営するD&Nコンフェクショナリー株式会社 営業部の椛澤さん。東京土産として愛されるチーズケーキ「東京ぼーの」や大丸東京で人気のマシュマロスイーツ「ベイクドマロウ」など、東京で人気のスイーツを多く手掛けている会社です。

そうこうしてショーケース前にたどり着いたのは、11時40分頃。並んでから1時間弱でした。ちなみに1人で並ばれる方が多かったので、おしゃべりのガヤガヤはなく、みなさんマナーを守って買い物に来ていました。

ショーケースに並ぶ「レトロプリン」と「なめらかプリン」シリーズ

人気No.1メニューはなに? おいしさの秘密は?

「レトロプリン(大240g・500円)」。追いカラメル付き

ひとすくいしても崩れない弾力!看板商品「レトロプリン」

いちばん人気はやっぱり看板商品の「レトロプリン」。喫茶店の定番メニューとなったレトロな味わいをめざして誕生したもの。見た目からもぷるんとした弾力を感じられ、型から抜いた状態で提供される固めのプリンです。

販売サイズは、通常の120gが350円、通常の2倍=大240gが500円、通常の5倍600gが1000円。追いカラメル用に別添えで付いてきます。

まずはそのまま、スプーンでひと口。ひとすくいしても、プリンがだれることのない固さで、コクをしっかり感じる濃厚さ。20代でも40代でも「昔ながらの味わいってコレコレ!」と共通認識できるような、卵のおいしさをダイレクトに感じられます。

そのおいしさの秘密は、シンプルだからこそこだわった厳選素材。甘みが強く味の濃い卵「那須御養卵」、乳脂肪分4.2%以上の牛乳「北海道美瑛産のジャージー牛乳」、そして軽やかさと口どけさがポイントの「北海道産生クリーム」を使用しているそうです。

カラメル単体は、とろみがありホロ苦い香ばしさ。プリンのやさしい甘さがより引き立つので、ぜひ追いカラメルをして味わってください。

※2021/4/20(火)現在、「レトロプリン(大・特大含む)」の購入はおひとり様5点までです

フレーバープリンも誕生! 気になるその味わいは?

「なめらかプリン」シリーズは全部で5種類

もうひとつは、赤いキャップの瓶に入った「なめらかプリン」シリーズ(120g各500円)。その名のとおり、なめらかなカスタードクリームのようなプリン。それに合わせて、メロンソーダ・いちご・コーヒーが2層になったものと、2種のベルギー産クーベルチュールを使用したチョコプリンの5種類がラインナップします。

食べるメロンソーダ!?ゼリーとプリンがちゃんと融合するおいしさ
上/チェリーが入った「メロンソーダプリン」 下/カットされたイチゴが入った「いちごプリン」

食べるメロンソーダ!?ゼリーとプリンがちゃんと融合する「メロンソーダプリン」 

現時点でフレーバープリンのなかでいちばん人気は「メロンソーダ」。喫茶店の憧れドリンクさながら、エメラルドグリーンの華やかさとチェリーが添えられた見た目にみなさん惹かれるよう。

メロン果汁の入ったゼリーは、気泡がソーダの泡のように見立てられ、舌触りに少し残る固さ。ゼリーとプリンは分離してしまうのでは?と思ったのですが、なめらかでクリーミーなメロンソーダを飲み込んでいるよう。一緒に味わうとちゃんと融合するからオドロキです! 当たり前ではあるものの、計算された商品開発力だなぁと感心してしまいました。

「いちごプリン」には、ゼリーの中に生のイチゴ1.5個分がカットされて入ってました。フレッシュさが特徴です。

プリンに恋して「コーヒープリン」「チョコプリン」
左/「コーヒープリン」はフレッシュクリーム付き 右/ベルギー産クーベルチュールを使用した「チョコプリン」

「コーヒープリン」のゼリーは、店内でドリップしている炭火焼きコーヒーが使われているそうで、蓋を開けると芳醇な香りを感じます。ゼリー単体は甘さ控えめで、イチゴとメロンソーダに比べてしっかりとした固さ。別添えのフレッシュクリームをかけてプリンと味わうと、まるみのあるまろやかさに変身します。

「チョコプリン」は、2種類のベルギー産クーベルチュールを使用し、なめらかなミルクチョコプリンとスイートチョコプリンの2層仕立て。下の層には、清涼感あるミントがふんわり口の中に広がります。

賞味期限は「いちごプリン」は2日で、そのほかは3日。紙袋やパッケージもレトロでかわいいので、おもたせにおすすめです。

また、レトロプリンにチョコスポンジを敷いた「プリンケーキ(2200円)や、プリンケーキに季節のフルーツをトッピングした豪華デコレーションバージョンの「デコレーションプリンケーキ(3000円)」もあります。こちらは受け取り2日前までに事前に予約が必要なので、オーダーをお忘れなく。

しばらく、ゲットするには並ぶの覚悟となりそうですが、ぜひ池袋駅に立ち寄った際はチェックしてみてください。

OZmallからのお願い

新型コロナウイルスの影響により、イベントの中止・変更、ならびに施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策にご協力のうえ、思いやりを持った行動をお願いします。

DATA

スポット名
プリンに恋して Esola池袋店
電話番号
0335906051 0335906051
住所
東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋 B1F
営業時間
11:00~20:00 ※2021/4/20時点・営業時間短縮中
定休日
なし
交通アクセス
東京メトロ有楽町線「池袋」駅 南通路西改札出てすぐ
ホームページ
「プリンに恋して」公式ホームページ

WRITING/ASAMI TAYA(OZmall)

  • LINEで送る