ひと足早い京都の春を感じるキャンペーン

更新日:2017/02/09

京都館

京都の魅力を紹介する京都市の総合情報館・アンテナショップの「京都館」で、2月10日(金)から12日(日)まで「京都館 春のキャンペーン」を開始する。東京では入手困難な日本酒を楽しめたり、落語を聞けたり、普段はなかなかできない体験ができる。

2月10日(金)・11日(土)はミニ提灯(写真上)が作れる「ちび丸作り体験」を開催。寛政年間創業の老舗提灯店小菱屋兵衛の体験教室で、手乗りサイズのオリジナル提灯照明を作ることができる。12日(日)は立川志の輔一門の立川志の彦さんが京都にまつわる演目を披露する「ミニ落語会」なども開催される。

また、期間中は「京の食品祭」として、享保11年創業で洛中最古の蔵元・松井酒造の銘酒“神蔵”の試飲販売や、清水五条坂にある田なか昆布の無添加のおぼろ昆布など京昆布の味を楽しめる試食販売も行われる。どちらの店舗も京都館初登場となるので、ぜひチェックして。

さらに購入金額によって先着または抽選で嬉しいプレゼントがもらえる「お楽しみプレゼント」も。ひと足早い京都の春を感じに、京都館へ出かけよう。

京都館 春のキャンペーン

京都館

【開催場所】
京都館(東京都中央区八重洲2-1-1 ヤンマー東京ビル1F)

【開催内容】
○ミニ提灯作り体験
開催日:2月10日(金)13:30~、16:00~ 11日(土)11:00~、13:30~、16:00~
料 金:3780円 ※事前申込制 各回8名
○志の彦落語in京都館
開催日:2月12日(日)13:00~、15:00~、17:00~
料 金:無料
○京の食品まつり
松井酒造のお酒の試飲販売、田なか昆布の試食販売
○2月12日(日)は舞妓さんも来ます。

WRITING/NAO KIKUCHI(インテリジェントターミナル総合研究所)

  • LINEで送る

TOP