【宮崎県のご当地グルメ】30年以上愛され続ける「ヨーグルッペ」の魅力

宮崎県の「ヨーグルッペ」

都内で気軽に行けるアンテナショップで買える、地元で長く愛されるドリンクをご紹介。宮崎県のデーリィ南日本酪農協同から、1985年に登場した乳製品乳酸菌飲料「ヨーグルッペ」は、ちょっぴり甘酸っぱくて、スイスを連想させるレトロなパッケージが特徴。発売から30年以上、子供から大人まで支持されるロングセラー商品に。その人気の秘密を探ってみました

更新日:2019/02/19

宮崎県の「ヨーグルッペ」

まろやかな風味と懐かしい味わいにほっこりする、宮崎自慢の乳製品乳酸菌飲料

 九州エリアを中心に、30年以上親しまれている乳製品乳酸菌飲料「ヨーグルッペ」。これを開発・販売したのが、宮崎県都城市に拠点を置き、九州で牛乳・乳製品のトップシェアを誇る南日本酪農協同。「カルピスソーダ」の発売よりひと足早い1972年には、微炭酸の乳性炭酸飲料「スコール」を発売し一躍有名に。1985年には、酸乳安定剤として天然素材のペクチンを使うことで、日本初の乳製品乳酸菌飲料「ヨーグルッペ」が誕生したそう。

宮崎県を代表するドリンク「ヨーグルッペ」の最大の秘密は、ヨーロッパで培養された、ビフィズス菌、サーモフィルス菌、アシドフィルス菌の3種混合菌がつくるマイルドな風味。そして、発酵乳を熱処理することで生まれる、独特のコクと色。グラスに注ぐと分かる、淡い褐色にもおいしさの秘密が隠れていたのですね。

「ヨーグルッペ」が多くの人に知られるきっかけになったのが、2007年に公開した新海誠監督のアニメーション映画『秒速5センチメートル』。登場人物のひとりが「ヨーグルッペ」を劇中で購入するシーンが話題に。そのほか、プレイステーション3用ゲームに登場するなど、多くのクリエイターにとって懐かしくて忘れられないドリンクになっているよう。

種類は、まろやかなヨーグルト風味が楽しめるプレーン味、ジューシーで華やかな香りのマンゴーをプラスしたマンゴー味、果汁感あふれるリンゴを加えたリンゴ味の3種。都内では宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」でも購入できるのでぜひ訪れてみて。

ご当地グルメDATA

商品名
南日本酪農協同の「ヨーグルッペ」
価格
97円
内容量
200ml
電話番号
0120043694 0120043694
ホームページ
ヨーグルッペのHPはこちら
宮崎アンテナショップ

東京都内で購入できる! 宮崎県のアンテナショップ

スポット名
新宿みやざき館KONNE(新宿)
電話番号
03-5333-7764(1Fショップ)  03-5308-5200(2Fレストラン)
住所
東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内 Map
営業時間
1F10:00~20:00 2Fレストラン11:00~15:00(14:00LO)、17:00~23:00(22:00LO)
定休日
無休(年末年始を除く)
交通アクセス
JR線ほか新宿駅南口より徒歩3分
ホームページ
ショップ詳細を見る

東京都にあるアンテナショップ案内

旅するように都道府県のお店をめぐってみませんか?

東京都にあるアンテナショップ案内

東京都にある全国のアンテナショップには、ご当地グルメや伝統工芸から観光案内、イベント、移住まで地方の魅力がぎっしり。日本を再発見する楽しみは、まるで旅で体験できる気分と近しいもの。旅から帰った後、旅に行く前、ちょっとおでかけしたいとき、心躍るご当地の食や文化に触れるのも、ちょっとした心の旅が楽しめるから、ぜひおでかけしてみて。

PHOTO/NORIKO YONEYAMA TEXT/NAOMI TERAKAWA

  • LINEで送る