【石川県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!フレンチシェフが作る新食感りんごバター

いしかわ百万石物語・江戸本店

(c)YOSHIMOTO KOGYO

年間500軒は食べ歩くというスイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた、きらめくご当地の宝石!?のような絶品スイーツをご紹介。アンテナショップを巡って探して出してきた、スイーツなかのイチオシのご当地スイーツは一度は食べたい逸品ばかり! 4月のテーマ「パンのおとも」から、「いしかわ百万石物語・江戸本店」(銀座)の逸品「りんごバター」をお届け。

更新日:2019/04/30

「日本橋ふくしま館 MIDETTE」(日本橋)の「みしらず柿ジャム」

りんごをそのまま搾ったようなフレッシュさ!

よろスィーツ!スイーツなかのです。
今回は、石川県のフランス料理店が作る「りんごバター」をご紹介します。石川県・野々市市「ビストロ・ウールー」は、フランスの地方料理にこだわった、地元の人たちから愛されるお店です。金沢は仕事や旅行で行く機会あるのですが、野々市市ってどこだろ?っていうのが、第一印象。調べてみると、なんと金沢の近くではないですか! 今度行くときは、お店に行ってみたいなあ。そんなビストロ・ウールーさんのお店で人気なのが、このりんごバター。もともとはパンのおともで一緒に出していましたが、家でも食べたいとの声が多く商品化したそう。

「日本橋ふくしま館 MIDETTE」(日本橋)の「みしらず柿ジャム」

トーストに塗って食べてみると、まずふわっとしたエアリーな食感に驚き! ふんわりとしたくちあたりからは、りんごの風味が伝わり、幸せな気持ちで口が包まれます。そして、またまた驚きなのが、想像以上のりんごの瑞々しさ! りんごをそのままとじこめたんじゃないかという、フレッシュさがナイスィーツ! だって食べ終わったあとの余韻まで、りんごが持続するんですよ。なんて、不思議! さっぱりした甘さの中に、バターのコクもしっかりと感じるから、パンとの相性も素晴らスィーツ! バランスが凄くいい。もはや、りんごバターだけでもずっと食べていられるんじゃないかと思います、ほんとに。

「日本橋ふくしま館 MIDETTE」(日本橋)の「みしらず柿ジャム」

他にはさつもいもバターやかぼちゃバターなどもあるのですが、りんごバターには特にこだわりが強いのも知っていてもらいたいこと。今回食べたのはプレーンですが、お店ではシナモン風味やキャラメル風味などもあり、りんごバターだけでも種類が豊富! さらに、石川県産のブランドりんご「秋星」を使ったフレーバーもあるそう。りんごバターへの愛情の強さがよく伝わってきますよね。ますます、お店に行ってみたい! ひとつひとつ丁寧に作り、無添加で仕上げてあるので、お子さまのいる方でも安心して一緒に食べられますね。新食感のりんごバター、実際に食べてぜひ確かめてください!

ご当地スイーツDATA

スイーツ名
ビストロ・ウールーの「りんごバター プレーン」
価格
680円
※「いしかわ百万石物語・江戸本店」では678円など、購入店舗により価格が異なることがあります
主な販売場所
【石川県】ビストロ・ウールー(野々市市押野2-178)
【東京都】「いしかわ百万石物語・江戸本店」(銀座)
通販
あり・メール注文受付はこちら
お問い合わせ
TEL.076-294-0093(ビストロ・ウールー)
ホームページ
ビストロ・ウールーHPはこちら
「いしかわ百万石物語・江戸本店」(銀座)

都内ならここで手に入れて!石川県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」(銀座)

電話番号
0362287177 0362287177
住所
東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル Map
営業時間
営業時間/1・2F10:30~20:00 B1Fイートイン11:00~15:00(14:30LO)、16:00~19:30(18:30LO)
定休日
無休(年末年始を除く)
交通アクセス
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅4よりすぐ
ホームページ
ショップ詳細を見る

ご当地スイーツを紹介してくれたのは

スイーツ芸人・スイーツなかの

スイーツ芸人 スイーツなかの
(c)YOSHIMOTO KOGYO

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。特注オーダーのパンケーキハットをトレードマークに、唯一無二の“スイーツ芸人”として活動。和菓子・洋菓子ともに老舗の名店からコンビニまで多ジャンルのスイーツを、今まで5000種類以上を食べ歩いた。日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員でもあり、その確かな知識でテレビ、ラジオ、雑誌など多数メディアに出演。スイーツのプロフェッショナルとして、ライター、商品監修、セミナー講師など幅広いシーンで活躍中

PHOTO/AYUMI OSAKI TEXT/SWEETS NAKANO

  • LINEで送る