【広島県のご当地スイーツ】スイーツなかのが選んだ逸品!苦みと酸味が絶妙!因島名物のはっさく大福

ひろしまブランドショップTAU(銀座)の「はっさく大福」

(c)YOSHIMOTO KOGYO

年間500軒は食べ歩くというスイーツ芸人・スイーツなかのさんが都内のアンテナショップで探してきた、きらめくご当地の宝石!?のような絶品スイーツをご紹介。“スイーツなかのイチオシ”のご当地スイーツは一度は食べたいものばかり! 今回は「大福」をテーマに探し出してきた「ひろしまブランドショップTAU(銀座)」の逸品、はっさく屋の「はっさく大福」をお届け。

更新日:2021/02/05

ひろしまブランドショップTAU(銀座)の「はっさく大福」

発祥の地・因島から届いた、はっさくが主役の大福!

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。
今回は、広島県「はっさく屋」がつくる「はっさく大福」をご紹介します。はっさく屋さんがある尾道市因島は、はっさく発祥の地として有名な所です。地元でも大人気の「はっさく大福」ですが、東京でもファンが多く、知る人ぞ知るご当地大福のひとつ。僕が「はっさく大福」と出会ったのは、広島県のアンテナショップ「ひろしまブランドショップTAU」。広島出身の知り合いから、これは絶対に食べておいた方がいい!と言われたのがきっかけでした。東京だとこの「はっさく大福」を扱っているお店が少なく、販売してもすぐ売り切れてしまうことが多い人気っぷり。なので、初めて見つけたときの嬉しさは今でも覚えていて、食べたときのおいしさはもっと感動的でした。

ひろしまブランドショップTAU(銀座)の「はっさく大福」

まず注目してほしいのが、はっさくを包む餅生地です。つきたてのような伸びに、ふっくらと柔らかい生地は、一度食べたらとりこになること間違いなし! 広島県産のもち米を木製のせいろで蒸した後、石臼で打ちつくっています。さらに、生地の中にはみかんの皮を練り込み、爽やかな風味をプラスしたつくり。このように、一つひとつの丁寧な作業があり、きめ細やかで繊細な生地がつくられています。その生地で包むのは、はっさくと白餡。はっさくの黄色、餅と餡の白色のコントラストが鮮やかで、見てるだけでもおいしさが伝わってくるような断面ですよね。

ひろしまブランドショップTAU(銀座)の「はっさく大福」
はっさく大福1個200円

もちろん、はっさくへのこだわりも強い。因島と生口島で育ったはっさくを使用し、はっさくならではの苦みとほどよい酸味のバランスが絶妙! 2、3房ほどたっぷり詰まったはっさくは、プチプチっとした食感も心地よく、食べたときの満足度がとっても高い。白餡の甘みも加わると、はっさくのおいしさがより生きてくるような印象で、相性がとってもいい。まさに、はっさくのおいしさが主役になるような素晴らスィーツなつくり。はっさく、白餡、餅生地、すべてを合わせたときのなめらからな舌触りも最高に幸せ。
はっさく屋のスタッフさんが描いたイラストもかわいく、一度見たら忘れないパッケージ。食べたらきっとファンになる大福だと思うので、見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね!

ご当地スイーツDATA

スイーツ名
はっさく屋の「はっさく大福」
価格
1個200円
※ひろしまブランドショップTAUでは、1個230円。通常火曜日を除き販売(祝日の関係で変更となる場合あり)
主な販売場所
【広島県】広島空港、福山サービスエリア(上り線)
【東京都】「ひろしまブランドショップTAU」(銀座)
お問い合わせ
TEL. 0845-24-0715(はっさく屋)
ホームページ
はっさく屋HPはこちら
都内ならここで手に入れて!広島県のアンテナショップ「ひろしまブランドショップTAU」(銀座)

都内ならここで手に入れて!広島県のアンテナショップ「ひろしまブランドショップTAU」(銀座)

電話番号
TEL. 03-5579-9952
住所
東京都中央区銀座1-6-10銀座上一ビルディング Map
営業時間
1・2F物販10:30~20:00(1月15日現在短縮営業中10:30~19:00)
※営業時間の変動がございますので、来店前にHPをご確認ください
定休日
無休(年末年始を除く)
交通アクセス
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」6よりすぐ
ホームページ
ショップ詳細を見る

ご当地スイーツを紹介してくれたのは

スイーツ芸人・スイーツなかの

スイーツ芸人 スイーツなかの
(c)YOSHIMOTO KOGYO

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。特注オーダーのパンケーキハットをトレードマークに、唯一無二の“スイーツ芸人”として活動。和菓子・洋菓子ともに老舗の名店からコンビニまで多ジャンルのスイーツを、今まで5000種類以上を食べ歩いた。日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員でもあり、その確かな知識でテレビ、ラジオ、雑誌など多数メディアに出演。スイーツのプロフェッショナルとして、ライター、商品監修、セミナー講師など幅広いシーンで活躍中

PHOTO/KYOKA MUNEMURA TEXT/SWEETS NAKANO

  • LINEで送る