【兵庫県】シンプルなのに奥深い味わい!兵庫県のおすすめ3選_スイーツなかの MEETS ローカルおやつ

「兵庫わくわく館(有楽町)」のローカルおやつ3選

スイーツなかのさんが、東京にある47都道府県のアンテナショップを巡って出会った、お土産にもぴったりのローカルおやつをご紹介します。今回は兵庫県のアンテナショップ「兵庫わくわく館」(有楽町)で手に入る、長手長栄堂の「あわじオレンジスティック」、有馬せんべい本舗の「有馬の炭酸泉せんべい」、G線の「神戸サブレ」の3品を選んでお届け!

更新日:2021/04/23

【01】長手長栄堂の「あわじオレンジスティック」

兵庫わくわく館(有楽町)の「あわじオレンジスティック」

淡路島産の希少なオレンジを使用!

淡路島産のオレンジを使った「あわじオレンジスティック」。このお菓子と出会うまで僕も知らなかったのですが、淡路島だけでしかとれない「鳴門オレンジ」という希少な品種があります。洲本市周辺と淡路市の一部にしか育たず、品種改良を加えていない原種のみかんなのだそう。長手長栄堂さんでは、鳴門オレンジの皮を砂糖漬けにした「鳴門漬」というお菓子を昔から作られていて、それをベースに考案されました。

兵庫わくわく館(有楽町)の「あわじオレンジスティック」

ふっくらと厚みのあるオレンジピールは、柔らかく作られていて、とっても食べやすいことに驚きます。そして、甘みと苦味のバランスも絶妙! チョコレートもたっぷりかかっていますが、オレンジの風味を残し、より贅沢な味わいに。一本一本をかみしめて味わいたくなる、素晴らスィーツな完成度。黄金色と黒色の美しいコントラストは、僕を虜にします。

長手長栄堂の「あわじオレンジスティック」

1箱(75g)648円

【02】有馬せんべい本舗の「有馬の炭酸泉せんべい」

兵庫わくわく館(有楽町)の「有馬の炭酸泉せんべい」

癖になる食感!温泉からできるおせんべい

有馬温泉は、日本三古湯とも呼ばれるくらい歴史がある温泉。明治頃に誕生した炭酸泉せんべいは、湧き出る炭酸泉で作られたお菓子です。炭酸だから、しゅわしゅわ感あるの?と思うかもしれませんが、それは一切ありません。むしろ、気づくとすっと無くなっているような繊細な口どけ。有馬せんべい本舗さんの「有馬の炭酸泉せんべい」は、ひょうたん柄の缶にはいっていて、このレトロな佇まいが、かわゆスィーツですね。

兵庫わくわく館(有楽町)の「有馬の炭酸泉せんべい」

大きな特徴として、原料のひとつ、小麦粉には強いこだわりがあり、長年改良を重ねた「宝笠(たからがさ)」を使用しています。ほかのお店の炭酸せんべいに比べると甘みもしっかりと感じられて、パリパリっと心地よい食感が癖になって、何枚でも食べられそうなくらい手が止まらない! 現在でも一枚一枚手焼きで作られているそうで、昔ながらのつくりに、食べるとどこか懐かしさも覚えます。

有馬せんべい本舗の「有馬の炭酸泉せんべい」

1缶(20枚入り)540円

【03】G線の「神戸サブレ」

兵庫わくわく館(有楽町)の「神戸サブレ」

神戸の風景がサブレに!

神戸はスイーツの街というイメージがある方も多いと思いますが、数多の名店がある中でG線(ジーセン)は外せません。1952年創業の老舗洋菓子店で、お菓子の販売だけでなく、当時ではまだ珍しかった喫茶室もあり、カフェの走り的存在だったのだそう。お土産としても人気が高い「神戸サブレ」は、神戸の風景を象った、かわいいサブレが4枚入っています。

兵庫わくわく館(有楽町)の「神戸サブレ」

表面に描かれた風見鶏、いかり、異人館、船、と象徴的なシルエットを見ていると、少しだけ旅行したような気持ちになれるのもナイスィーツ! どれも味の種類は異なりますが、僕はココナッツがお気に入り。心地よいサクサク感、誰が食べてもほっとするようなやさしい甘さで、G線が多くの人から愛される理由がよくわかります。神戸の歴史を長く見てきたお店だからこそ、その名前に奥深さを感じるお菓子です。

G線の「神戸サブレ」

1箱(4枚入り)389円

今回のスイーツに出会える東京にあるアンテナショップはこちら

兵庫県のアンテナショップ「兵庫わくわく館」(有楽町)

日本酒やスイーツをはじめ、人気商品や知る人ぞ知る自慢のご当地グルメも取り揃えている。北は但馬から南は淡路島まで、兵庫県の魅力を凝縮したアンテナショップ。

SHOP DATA

TEL.03-6273-4133
住所/東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
営業時間/10:00~19:00  
定休日/無休(年末年始を除く)
アクセス/JR有楽町駅京橋口より徒歩すぐ、地下鉄東京メトロ有楽町駅D8出口よりすぐ

ご当地スイーツを紹介してくれたのは

(c)YOSHIMOTO KOGYO

スイーツ芸人・スイーツなかのさん

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。特注オーダーのパンケーキハットをトレードマークに、唯一無二の“スイーツ芸人”として活動。和菓子・洋菓子ともに老舗の名店からコンビニまで多ジャンルのスイーツを、今まで5000種類以上を食べ歩いた。日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員でもあり、その確かな知識でテレビ、ラジオ、雑誌など多数メディアに出演。スイーツのプロフェッショナルとして、ライター、商品監修、セミナー講師など幅広いシーンで活躍中

スイーツなかのさんのご当地スイーツ関連記事

PHOTO/KAZUHITO MIURA TEXT/SWEETS NAKANO

  • LINEで送る