和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)01

地方のアンテナショップを巡って東京で旅気分! 東京の有楽町にあるアンテナショップ「わかやま紀州館」は、名産品の梅干しの種類が充実。ほかにも、地酒や梅酒、日替わりの農産物など和歌山県の“おいしい”がたくさん。ショップの人気ランキングから、地元民だからこそ知るマイナー商品までをご紹介

更新日:2018/06/26

News & Topics

アンテナショップのスタッフに聞く、「わかやま紀州館」のここがスゴイ!

県内にも食文化の違いが! 各地域のグルメを食べ比べ

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)03
写真上/サブマネージャーの川舩暢さん 写真左下/みかんジュースだけでも約10種類が並ぶ 写真右下/わさび寿司やめはり寿司、焼き鯖寿司など県内各地のご当地寿司が曜日替わりで登場

「和歌山県は黒潮の影響を受けているため、一年を通して比較的あたたか。そのため、梅や温州みかんの生育に適していて、それぞれ生産量も全国1位。温州みかんの中でも、甘みと酸味のバランスがいい「有田みかん」などが人気です。そのまま食べてももちろんおいしいですが、味の違いがわかりやすいジュースで飲むのもおすすめです。

また、和歌山県は南北に広いので、同じ県内でも地域によってはちょっとだけ食文化が違います。例えば、南の地域ではおにぎりを高菜の葉でくるんだ「めはり寿司」、県中部にある清水町ではおにぎりをわさびの葉でくるんだ「わさび寿司」が食べられています。見た目や作り方はほとんど同じなのにおもしろいですよね。

わかやま紀州館では、曜日替わりでわさび寿司やめはり寿司も販売しているので、両方食べて和歌山の食文化を体験してみてくださいね」(サブマネージャー・川舩暢さん)

アンテナショップに行くべき3つの魅力

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)04
梅干しの奥深さを感じながら自分好みの梅干しを見つけよう

【1】いちご味の梅干しも!? 見たことない梅干しの品揃え

和歌山県は全国の梅収穫量の6割を越える日本一の梅の産地。「わかやま紀州館」には、和歌山で作られた約60種類の梅干しがずらり。昔ながらの製法で作られた酸っぱいものから、はちみつに漬けた甘口のもの、カリカリ食感のものまでなんでも揃い、「梅干しってこんなに種類があったの?」と驚いてしまうはず。中には、みかん味やいちご味など、変わり種フレーバーも!

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)05
どんな野菜が並ぶかは、行ってからのお楽しみ

【2】和歌山各地のフレッシュ野菜を毎日お届け!

店頭を飾るのは、毎日和歌山から直送される獲れたて野菜コーナー。和歌山は縦に長いので、同じ時期でも地域によって収穫できる農作物が違うそう。こちらでは、曜日替わりで入荷先の地域を変えているので、北から南まで各地の旬の野菜が手に入る。内容は毎日変わり、山椒の実など珍しい食材が並ぶことも。6月下旬~7月上旬ぐらいまでは熟した梅の実や新ショウガが目玉商品!

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)06
梅干しのガチャガチャ「みなべの梅干し『梅干し音楽堂』」1回200円。

【3】景品は全て梅干し! 梅干しガチャガチャで遊べる

店内にあるガチャガチャをよく見ると、カプセルの中には本物の梅干しが! 紀州みなべ町産の南高梅を使った、白干し、こんぶ、しそ、ハチミツの4つの味のいずれかの梅干しが入っている。梅干しのサイズは2Lサイズで、稀に入っている4Lサイズが出たら大当たり。この斬新なガチャガチャがあるのは都内ではもちろんここだけ。童心にかえった気分でやってみよう。

人気ランキング

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」で売れ筋商品ベスト3をピックアップしてご紹介!

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)07
1
小南農園の「フルーツまるごとゼリー」

「フルーツまるごとゼリー」(411円)は、外皮を剥いた小粒のみかんがまるっと3つも入った贅沢なゼリー。みかんは甘みが強く濃厚で、爽やかなゼリーとのバランスが絶妙。見た目のインパクトもあり手みやげにも最適。

2
玉林園の「グリーンソフト」

昭和感漂うパッケージがかわいらしい「グリーンソフト」(216円)は、昭和33年から続くロングセラー商品。地元の茶舗が手掛けるあっさり味の抹茶アイスで、現在も若者を中心に人気。

3
北山村じゃばら村センターの「じゃばら100%果汁(100ml)」

北山村原産の柑橘系果物の“じゃばら”を絞った「じゃばら100%果汁(100ml)」(648円)は、野性味のある独特な風味が特徴。地元の人はお酢代わりに使ったり、ソーダで割って飲んだりするそう。

東京に住む地元民のご指名NO.1、ご当地LOVEグルメ

【和歌山県・田辺市】 マルサの「うつぼ小明煮」と「うつぼぽりぽり揚」

和歌山県のアンテナショップ「わかやま紀州館」(有楽町)11
写真左/うつぼ小明石煮378円 写真右/うつぼぽりぽり揚378円

和歌山県の南部には、「うつぼ」を食べる文化が。刺身や鍋など食べ方は多彩で、見た目のグロテスクさに似合わずさっぱりとした上品な味わいを楽しめる。カリカリに揚げたうつぼは、お酒のおつまみにぴったり!

わかやま紀州館(有楽町)

SHOP DATA_わかやま紀州館(有楽町)

TEL.03-6269-9434(物産) TEL.03-3216-8000(観光)
住所/東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階
営業時間/10:00~19:00 日祝~18:00
定休日/無休(年末年始を除く)
アクセス/JR有楽町駅京橋口より徒歩すぐ、地下鉄東京メトロ有楽町駅D8出口直結

和歌山県ってどんなとこ?

近畿地方の中で最も南にあり。温暖な気候から、梅やみかん、桃、いちごなどの栽培が盛ん。白浜温泉や勝浦温泉などの温泉地から、高野山や熊野古道などの世界遺産まで、大人旅におすすめの観光スポットがたくさん。白浜町にあるアドベンチャーワールドでは、5匹のジャイアントパンダに会える。

PHOTO/AYUMI OOSAKI TEXT/CHIAKI ISHIBE

  • LINEで送る

TOP