鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」(新橋)

東京アンテナショップ案内、とっとり・おかやま新橋館01

地方のアンテナショップを巡って東京で旅気分! 鳥取のいいものが見つかるのが、東京の新橋にある鳥取県と岡山県の共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」。鳥取独特の練り物などの特産品が買えるほか、鳥取食材が味わえるレストランも。ショップの売れ筋ベスト3や、レアなアイテムをご紹介。2019年4月26日にリニューアルオープンして、さらに充実したので要チェックです。

更新日:2019/07/05

アンテナショップのスタッフに聞く、「とっとり・おかやま新橋館」のここがスゴイ

東西で異なる鳥取の文化をまるごと体感

東京アンテナショップ案内、とっとり・おかやま新橋館03
写真上/スタッフの龍野哲樹さん 写真左下/野菜や果物は両県からほぼ毎日入荷。梨をはじめ、季節に応じてらっきょうやメロン、スイカなども人気 写真右下/「打吹公園だんご」(5個入り540円)

「『とっとり・おかやま新橋館』は、鳥取県と岡山県の共同アンテナショップ。1階は特産品が置いてあります。鳥取県は横に長い地形なので東西で文化が異なるんですよ。例えば練り物。東側では真っ白な豆腐ちくわ、西側ではあごちくわ(飛魚のちくわ)がメジャーです。ここではどちらも揃います。食感や味わいが全然違うので、ぜひ食べ比べを楽しんでください。

梨やスイカなど季節のフルーツや野菜もおすすめですが、鳥取土産の定番も揃います。地元でも有名な銘菓は5種類ぐらい用意しており、中でも、創業130余年の石谷精華堂の「打吹(うつぶき)公園だんご」は、地元民おすすめのお土産でいつも上位にあがります。無添加で賞味期限が短いため、都内の店頭ではなかなか出会えない一品です。蜜入りのお餅をあんで包んだ団子で、抹茶あん、こしあん、白あんの三種類の味が楽しめます。都内在住の地元の皆さんに、鳥取で食べた味を思い出してもらいたいです。

ご存じの方も多いかもしれませんが、漫画家・水木しげるさんは境港出身なんです。工芸品のコーナーにある、マグカップやレジャーバッグなどの『ゲゲゲの鬼太郎』グッズは人気ですよ」(スタッフの龍野哲樹さん)。

アンテナショップに行くべき3つの魅力

東京アンテナショップ案内、とっとり・おかやま新橋館04
5〜6月頃には名産の生らっきょうフェアも。らっきょう酢も一緒に買えて便利

【1】イベント続々! いつも新しい発見がありそう

1階入口横と2階の催事スペースでは多くのイベントが開かれている。鳥取名産の梨やスイカの試食販売に、ワインやオーガニックティーの試飲販売、鳥取の窯元の陶磁器を集めたフェアなど、食から工芸まで幅広い内容。鳥取のゆるキャラ“トリピー”がやってくることも。イベントだけで販売される商品も多いので開催されていたらぜひチェックを。

東京アンテナショップ案内、とっとり・おかやま新橋館05
ランチメニュー限定の鳥取和牛のローストビーフプレート(1480円)。あっさり赤身ながらオレイン酸55%以上でうまみがぎっしり詰まった上質のビーフは赤ワインにも合う

【2】レストランでは旬に合わせた限定メニューを

「ビストロカフェ ももてなし家」では、季節によってメニューの食材を変えるのはもちろん、ユニークなフェアを開催することも。2017年(平成29年)に鳥取和牛が肉質日本1になったことを記念したローストビーフ丼のフェアでは、ライスをサイコロステーキに変更できる「肉×肉スペシャル」を実施したり、鳥取名産のスイカを使ったパフェやカクテルが楽しめたり。最新のフェア内容はサイトでチェックを。

東京アンテナショップ案内、とっとり・おかやま新橋館06
お湯を注ぐだけの「すなば珈琲」ドリップバッグ(3袋入り540円)が手軽で便利

【3】都内では入手困難なレアアイテムを手に入れよう

地元以外ではあまり販売されていないアイテムに要注目。「スタバはないが鳥取県には日本一のスナバはある」という鳥取県知事のひと言がきっかけになり、2014年に誕生した「すなば珈琲」。砂丘の砂を混ぜてブラジル産の豆をローストしたという、深煎りの香ばしい味わいが楽しめる。都内で店頭に置いているのはここだけなので、コーヒー好きの人への手土産にもおすすめ。

人気ランキング

鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の物販コーナーの売れ筋商品ベスト3をピックアップしてご紹介!

とっとり・おかやま新橋館人気ランキング07
1
大山乳業農業協同組合の「大山 白バラソフトクリーム」

1階ショップ奥で販売しているソフトクリーム。大山のふもとの牧場のおいしい牛乳を使用。ミルク感たっぷりであと味爽やか。「大山 白バラソフトクリーム」(380円)

2
大山乳業農業協同組合の「白バラコーヒー」

生乳を70%使ったコーヒー牛乳。ミルクとコーヒー本来の香りを大切にするため、カラメルや香料は不使用。「白バラコーヒー」(200ml 124円)

3
かろや商店の「とうふ竹輪」

豆腐と魚のすりみで作られた柔らかなちくわは鳥取県のローカルフード。これは焼き色のない白いタイプ。魚のうまみと豆腐の甘みが広がる。「とうふ竹輪」(205円)

東京に住む地元民のご指名NO.1、ご当地LOVEグルメ

【鳥取県・境港市】伯雲軒の「ブドーパン」

鳥取、ブドーパン
ブドーパン190円

レトロなパッケージが印象的なご当地パン。ふんわりしたレーズン入りのパンで、ラム酒の風味が効いたバタークリームをサンド。シナモンの香りも漂う大人な味。

とっとり・おかやま新橋館

SHOP DATA_とっとり・おかやま新橋館(新橋)

TEL. 03-6280-6474(1Fショップ) TEL.03-6280-6475(2Fビストロカフェももてなし家)
住所/東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1F・2F
営業時間/1F 10:00〜21:00 2F11:00~22:00(21:00LO)
定休日/無休(年末年始を除く)
アクセス/東京メトロ銀座線新橋駅3番出口よりすぐ

鳥取県ってどんなところ?

鳥取県
(C)鳥取県

鳥取砂丘や中国地方最高峰の大山など、豊かな自然に恵まれた鳥取県。皆生温泉や三朝温泉などの温泉も多い。全市町村から天の川が見え、流れ星が見えやすいことから「星取県」という別名も。断崖絶壁に建つ投入堂が国宝に指定されている三徳山三佛寺にもぜひ訪れたい。

PHOTO/AYA MORIMOTO TEXT/MIYO YOSHINAGA

  • LINEで送る

TOP