宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)01

地方のアンテナショップを巡って東京で旅気分! 東京の新宿サザンテラス内にある宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」は、開館から20年となり2018年4月に全面リニューアルオープン。以前にも増して充実した物販コーナーやテイクアウトコーナー、新たに誕生したレストランなど、注目ポイントをお届け

更新日:2018/10/02

アンテナショップのスタッフに聞く、「新宿みやざき館KONNE」のここがスゴイ

宮崎の魅力を発信する拠点としてパワーアップ!

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)03
写真上/スタッフの中原洋一さんは宮崎県の米どころ、えびの市出身。手に持つのは近年人気が高まる都農(つの)ワイン 写真左下/土々呂漁港で水揚げされたちりめんを使った「ちりめんアヒージョ」は、ごはんにもパスタにも合う 写真右下/ガラス製品をはじめ、焼物や漆器などの工芸品も揃う

2018年春に20年ぶりの全面リニューアルを経て、新たに生まれ変わった「新宿みやざき館KONNE」。
「日向夏やマンゴーなど、特産のフルーツを使ったスイーツを販売するテイクアウトコーナーはリニューアルの目玉のひとつで、果実そのものの味を楽しめると好評です。入口近くの催事・イベントスペースでは、県内企業や市町村などが直接出展する多彩な催しを展開。旬の味覚や話題の新商品、未来のヒットアイテムの卵にいち早く出合うチャンスです。

2階のレストランでは、チキン南蛮や冷や汁などの宮崎の郷土料理をはじめ、『宮崎牛』や地鶏『みやざき地頭鶏(じとっこ)』といったブランド食材を使用した料理や、季節の山海の幸を楽しんでいただけます。内装やテーブルには宮崎県の県木『飫肥(おび)杉』が使われ、都会の喧騒を忘れるくつろぎの空間。新宿ショッピングの合間にホッとひと息つける穴場スポットですよ」(副所長の中原洋一さん)

アンテナショップに行くべき3つの魅力

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)04
左/牛乳を濃縮して作る宮崎のご当地乳製品「甘乳蘇(かんにゅうそ)」を使ったソフトクリーム(500円)は通年メニュー。これに季節のフルーツを使った1種が加わる(500円~) 右/果実そのものの風味が際立つスムージーは500円~

【1】人気パティシエ監修のスイーツを味わえる

テイクアウトコーナーでは、宮崎県産の旬の果実を使ったソフトクリームやスムージーが好評。監修するのは神奈川の人気パティスリー「メゾン ジブレー」の江森宏之シェフ。同店で日頃から宮崎産の食材を多く使っている縁で、強力タッグが実現した。日向夏やマンゴーなど、季節替わりのフルーツ1種をクローズアップし、ソフトクリームとスムージーの両方で展開。今後は野菜のスイーツも登場予定。

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)05
ディナーコースの前菜「野菜のテリーヌ」には宮崎の旬の野菜が満載。特製の京桜味噌パウダーがアクセントに

【2】宮崎の旬の郷土食材を使った和食レストラン

2階のレストラン「くわんね」では郷土料理を中心に、宮崎の豊かな食の魅力を体感できるメニューが揃う。ランチではカツオ飯定食(1404円)や郷土料理の冷や汁も堪能できるご当地メニューが人気。夜はコース(4860円~)のほかアラカルトもあるので、宮崎の地酒とともに気軽に食事を楽しめる。県の木である飫肥杉をふんだんに使った空間も居心地満点!

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)06
芋、麦、米、そばなどバラエティに富んだ原料からできる各種焼酎がずらり

【3】宮崎ならではのアルコール度数20度の焼酎も充実

宮崎県は本格焼酎の出荷量が3年連続日本一。米国アカデミー賞授賞式後の公式パーティでも提供されるなど、国際的な評価も高い。焼酎のアルコール度数は一般的に25度が多いのに対し、宮崎県では20度が主流。こちらのお酒コーナーにも20度の焼酎が豊富に並び、例えば最近全国的に人気が上昇中の本格芋焼酎「木挽BLUE」も、首都圏ではまず見かけない20度タイプが手に入る。

人気ランキング

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」の物販コーナーの売れ筋商品ベスト3をピックアップしてご紹介!(2018年5月末時点)

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)07
1
南日本酪農協同の「ヨーグルッペ」

県民の“ソウルドリンク”とも言える定番飲料。甘酸っぱくてコクのあるヨーグルト風味が世代を超え愛されている。りんごフレーバーも。「ヨーグルッペ」(97円)

2
宮崎県農協果汁の「日向夏果実100%」

宮崎県特産の日向夏を使った果汁100%ジュース。ナチュラルな甘さと酸味のバランスが良く、日向夏の爽やかな風味を堪能できる。「日向夏果実100%」(150円)

3
宮崎経済連直販の「つぼ漬きざみ」

寒干しでうまみを凝縮させた大根で作る、南九州の伝統的なたくあん漬け。甘みのある醤油味はごはんのお供やお茶請けにぴったり。「つぼ漬きざみ」(191円)

東京に住む地元民のご指名NO.1、ご当地LOVEグルメ

【宮崎県・日南市】戸村フーズの「焼肉のたれ」

宮崎県のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(新宿)11
焼肉のたれ特選(400g)528円

宮崎県で焼肉のたれと言えばこちら。リンゴとバナナがたっぷり入った濃厚でフルーティな味わいが特徴で、焼肉だけでなく、野菜炒めや焼きそば、チャーハンなど、いろいろな料理の調味料や隠し味に使えて万能。地元ではサラダのドレッシング代わりにかける人もいるそう。

編集部が見つけてきた宮崎の逸品、お買い物図鑑

「新宿みやざき館KONNE」(新宿)12

SHOP DATA_新宿みやざき館KONNE(新宿)

TEL. 03-5333-7764(1F) 03-5308-5200(2Fレストラン)
住所/東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内
営業時間/1F10:00~20:00 2Fレストラン11:00~15:00(14:00LO)、17:00~23:00(22:00LO)
定休日/無休(年末年始を除く)
アクセス/JR線ほか「新宿駅」南口より徒歩3分

宮崎県ってどんなところ?

南国ならではの風光明媚で壮大な景色が魅力の宮崎県。北部に位置する高千穂エリアは日本最古のスピリチュアルスポット。西部には景勝地が連なるえびの高原が、南部には南国の青い海が美しい日南海岸が広がる。1932年に建設された宮崎県庁舎は全国で4番目に古い庁舎で、風格漂うゴシック様式は一見の価値あり。郷土料理の冷や汁は、各家庭や店ごとに味が少しずつ違うので食べ比べてみるのも楽しい。

WEB予約OK! OZのレストラン予約

新宿駅から徒歩2分の新宿サザンテラス内に店を構える「宮崎風土 くわんね」。宮崎牛をはじめ、地頭鶏、産直の野菜などご当地食材を使ったメニューが美味。茜霧島・雲海など地焼酎も豊富に揃うから、飲み比べも楽しい。

PHOTO/AYUMI OSAKI TEXT/AYA ITO

  • LINEで送る

TOP