青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」(飯田橋)

あおもり北彩館01

地方のアンテナショップを巡って東京で旅気分! 東京の飯田橋にある青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」は、りんごや黒ニンニクをはじとする青森の特選品や、通常は青森県内にしか出回らないお酒や調味料など、青森の魅力が盛りだくさん。人気ランキングも紹介するので、買い物の参考にしてみて!

更新日:2018/06/26

News & Topics

アンテナショップのスタッフに聞く、「あおもり北彩館」のここがスゴイ

リンゴだけじゃない! おいしい青森が満載

あおもり北彩館03
写真上/店内には約1000点の特産品や工芸品が並ぶ。奥には観光案内コーナーも 写真左下/大和しじみ汁は8食入りで1080円。ホタテバージョンも用意 写真右下/入口すぐにある黒ニンニクコーナー

「青森県と言えばリンゴをイメージされる方が多いと思いますが、青森の魅力はほかにもたくさんあるんです。県内の北側の下北地方では芋やニンニクなどの農作物、沿岸地帯はホタテやウニなどの海産物、西側の津軽地方ではお米など、それぞれの環境に合わせたおいしいものが目白押し。

あまり知られていませんが、しじみの名産地でもあります。青森のしじみは、水がキレイなこともあり小さくても味が濃いんです。お味噌汁に入れるとシジミのエキスが染み出ておいしさが格別です。

ほかにもぜひ試してもらいたいのが「黒にんにく」。私も疲れたときに食べていますが、本当に元気が湧いてくるんです! にんにく特有のにおいもほとんどないので、女性にもおすすめですよ」(スタッフ・鈴木さん)。

アンテナショップに行くべき3つの魅力

あおもり北彩館04
「ねぶた」のラベルが印象的な「あおもりねぶた」(1000ml・486円)は、しっかりした甘さが特徴的

【1】味の違いにびっくり! リンゴジュースが充実

特産物のリンゴにはたくさんの品種があり、その違いはジュースで飲むとわかりやすいのだそう。「あおもり北彩館」で扱うリンゴジュースは、ひとつの品種から作ったストレートタイプ、複数の品種を使ったブレンドタイプなど、常時15種類以上。甘いものからすっきりしたものまであるので、悩んだときはスタッフに相談を。少量サイズの缶やペットボトルもあるので、味わいや飲み口の違いを比べてみるのも楽しい。

あおもり北彩館05
50種類以上揃うお酒は、地元の人に好まれているものを中心にピックアップ

【2】地元でも手に入りにくい希少なお酒が手に入る

県土の6割以上が森林という自然豊かな青森県。白神山地や八甲田などキレイな水が流れているので、青森のお酒は口当たりがよくおいしいと評判。「あおもり北彩館」には、「亀吉」や「如空」など普段は県外に出回らないという希少なお酒が勢揃い。特に、弘前市の三浦酒造で造られている「豊盃」は、店頭に並んだら数日で完売してしまうほど人気。毎月第2週の月または火曜日に入荷されるので、気になる人はそこを狙ってみて!

あおもり北彩館06
ほどよい辛さとにんにくの香りが絶妙な「七味にんにく」(540円)。料理にコクが出ると評判

【3】手軽に使えるニンニク調味料でスタミナアップ!

青森県は、国内のにんにく生産量の約7割を占めている日本一のにんにくの産地。都内ではあまり見られないにんにくを使った調味料もあり、地元の人は日ごろからにんにくを食べているそう。ガーリックパウダーやスライス、塩や胡椒のほか、味噌やふりかけなどごはんに乗せるだけでOKのものもあるので、手軽ににんにくを取り入れて、これからの暑い季節を乗り切ろう!

人気ランキング

青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」で売れ筋商品ベスト3をピックアップしてご紹介!

あおもり北彩館07
1
エイトの「黒の極」

にんにくを約1ケ月熟成させた「黒にんにく」は、一欠片食べると元気になれると話題の健康食品。「黒の極」(1188円)はやわらかくて食べやすく黒にんにく初心者におすすめ。

2
ラグノオの「パティシエのリンゴスティック」

青森県産のリンゴとスポンジをパイで包んで焼き上げた「パティシエのリンゴスティック」(155円)。地元ではスーパーなどでも購入でき、おやつの定番として親しまれている。

3
JAアオレンの「希望の雫」

ジョナふじと王林の2種類のリンゴをブレンドした「希望の雫」(410円)は、雑味のない甘さと高い香りを堪能できる一品。まるでリンゴを丸かじりしているようなフレッシュさ!

東京に住む地元民のご指名NO.1、ご当地LOVEグルメ

【青森県・十和田】 ラビアンローズの「ベルサイユの薔華ったれ」

あおもり北彩館11 青森のベルサイユの薔華ったれ
ベルサイユの薔華ったれ(360mℓ454円)

豚バラ肉を焼いた青森県民のソウルフード「バラ焼き」を作る際に欠かせない調味タレ。十和田のにんにくを使った甘辛い味付けで、青森の家庭には一家に一本あるというほどメジャー。野菜やごはんにかけてもOK。

あおもり北彩館12

SHOP DATA_あおもり北彩館(飯田橋)

TEL.03-3237-8371
住所/東京都千代田区富士見2-3-11 青森県会館1階
営業時間/10:00~19:30(月末~18:00)
定休日/無休(12月31日は休業)
アクセス/JR総武線ほか飯田橋西口より徒歩3分

青森県ってどんなとこ?

本州の最北端に位置し、世界遺産の白神山地をはじめ、奥入瀬渓流や八甲田など豊かな自然が楽しめる観光スポットが多い。毎年8月2~7日までの6日間、青森市内の目抜き通りで開催される「ねぶた祭り」は、全国から200万人が訪れる東北三大祭りのひとつ。「せんべい汁」や「いちご煮」など、素朴な郷土料理も魅力。

PHOTO/AYA MORIMOTO TEXT/CHIAKI ISHIBE

  • LINEで送る

TOP