箱根でのんびり、読書をして過ごす休日がかなうブックホテルがオープン

2018年8月1日(水)、国内外の良書を1万冊以上集めたブックホテル「箱根本箱」が箱根・強羅に誕生した。各界の著名人が選んだ作品が並ぶオリジナル本箱をはじめ、「本との出会い」をテーマにした仕掛けがいっぱい。ブックホテルのほかにもブックストアやレストラン&カフェ、ラウンジ、シアタールームなどが備わる。温泉やおいしい食事を堪能し、本に囲まれてゆったりと過ごせる空間へ出かけよう。

更新日:2018/08/06

1万冊以上が集結。本に囲まれて暮らすように滞在する、大人の秘密基地

「箱根本箱」がオープンするのは、文化人や財界人の別荘地として栄え、箱根の中でも静かで落ち着いた雰囲気が特徴的な強羅エリア。都心から約2時間とアクセスがよく、気軽な週末のプチトリップにぴったり。
「本箱」とは「本」と「箱根」を掛け合わせた名前で、本離れが進む中で“本との距離がぐっと縮まる”“本と一緒に暮らしたくなる”ような、さまざまな仕掛けを「箱」に散りばめているのだそう。なかでも注目は、本を愛する著名人が選んだ作品が並ぶスペシャル企画「あの人の本箱」。2018年本屋大賞を受賞した作家・辻村深月さんや女優の中谷美紀さん、写真家の蜷川実花さん、俳優の山田孝之さん、美術家の横尾忠則さんなど、各界で活躍する人たちがおすすめする本を知ることができる。「あの人の本箱」は客室を中心に館内のさまざまな場所に置かれ、どの本箱がどこに置かれるかは日々変わるのだとか。普段本を読む人はもちろん、読まない人でも、“本に出会う楽しみ”を体感できるはず。

書斎をイメージした全18室の客室内が、リビングでもバスルームでもトイレでも、いつでもどこでも本を手に取れるよう工夫されているのは、「本のある暮らし」を提案するホテルならでは。「あの人の本箱」から一冊を手に取り読書にふけるのはもちろん、自分の思考を整理したり、企画書を書いたり、なにもしないでぼーっと過ごしたり。自宅のリビングルームでくつろぐように思い思いの時間を過ごせる。さらに全室に温泉露天風呂が付いているので、滞在中に何度でも天然温泉を堪能できるのが嬉しい。
また、大浴場に行けば、乳白色の硫黄泉と無色透明の美肌の湯、2つの泉質を源泉掛け流しで楽しめるのもポイント。読書に疲れたらのんびりと温泉に浸かって。

滞在に欠かせない食事は、館内のレストラン&カフェにて。ミラノの二ツ星レストランで経験を重ねた佐々木祐治シェフによる自然派イタリアンを味わえる。相模湾や駿河湾の魚介、神奈川や静岡の有機野菜や柑橘など、“生産者の想いが詰まった力のある食材”を主役に箱根の食文化を表現。食事メニューだけでなく、自然派ワインやコーヒー、ハーブティー、オーガニックジュース、ケーキやクッキーなどのスイーツ類も数多くラインナップし、オーガニック志向に応えるのはもちろんヴィーガンにも完全対応する。
山並みを眺めながらゆったり食事できるオープンキッチンスタイルのカウンター、またはプライベート感あふれる個室からお好みの席を選び、心ゆくまで料理をいただこう。

本箱ラウンジのイメージ

また、開放的な吹き抜けが印象的なブックラウンジでのんびりお茶を飲みながら読書をするのもおすすめ。ラウンジのドリンクはすべて無料、WiFiも完備されている。
さらに、新刊と古書、洋書あわせて約1万冊が取りそろう箱根最大規模の書店も見逃せない。「衣・食・住・遊・休・知」を中心に、暮らしに彩りを与えるジャンルの本が並ぶ。ブックストア内だけでなくラウンジやレストランにも置かれており、そのすべてが購入可能に。
そのほか、シアタールームでは短編映画を鑑賞OK。上映される映画を、宿泊者は無料で見ることができる。

観光スポットをめぐる旅もいいけれど、今年の夏は、ゆったりと涼しい強羅で読書を楽しむ休日をすごしてみては。

DATA

スポット名
箱根本箱
電話番号
0460838025 0460838025
住所
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
交通アクセス
箱根登山鉄道 中強羅駅から徒歩4分
オープン日
2018年8月1日(水)
予約方法
予約サイトはこちら
宿泊料金
1泊2食18321円~(2名利用時の1名料金)
設備
客室18室、大浴場、露天風呂、レストラン&カフェ、ブックストア、ライフスタイル&アルチザンショップ、本箱ラウンジ、本箱シアター
ホームページ
箱根本箱

WRITING/NOZOMI SUZUKI

  • LINEで送る