<OZmagazine TRIP掲載>丸太町~河原町で見つけた京都の老舗の新しいカタチ

京都

錦市場や新京極などの商店街やホテルも多い、京都の中心地ともいえるこのエリア。ここには伝統を守りつつ新しい文化をうまく取り入れるのが、長く続く老舗がある。老舗の専門店が提案する、新しいスタイルのショップを訪ねてみて

更新日:2018/09/11

京都
(左)電子香炉を使うので、特別な作法もなく香りを楽しめる (右)聞香メニュー伽羅1728円は、一保堂の煎茶とフランス料理店MOTOI製のマカロン付き

【2018.03 OPEN】
老舗・鳩居堂が和モダンな町家で香りを聞く“聞香喫茶”をオープン

お香や書画用品の老舗・鳩居堂が開いた聞香喫茶。「その道に詳しくなくても、お茶を飲み、花を生けるのと同じように、気軽に香木にふれてほしい」と、貴重な伽羅や沈香の香木を聞く体験と、日本茶&小菓子がセットになったメニューを用意。静かな町家の空間で、雅な時間が過ごせる。

聞香処

TEL.075-231-0510(鳩居堂) 
住所/京都府京都市中京区寺町通二条下ル妙満寺前町464 
営業時間/11:00~17:00(16:00LO) 
定休日/水・日・祝(ほか不定休あり) 
予約/不可 
カード/可 
アクセス/地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩5分

京都
パン生地にカカオを練り込んだ黒色540円は1日50個限定。金色270円はさっくりしたパンがクリームを引き立てる。1個から購入でき、食べ歩きにも最適 

【2018.04 OPEN】
はちみつ製造の老舗・金市商店の絶品はちみつたっぷりクリームパン

1930年創業のはちみつ店がクリームパン専門店をオープン。自家製パンを使った品は2種あり、「金色」はカナダ産はちみつを使ったカスタードクリームがぎっしり。「黒色」ははちみつのクリームと“蘭王卵”使用の濃厚なクリームが2層になっている。どちらもスイーツのような贅沢な味わい。

クリームパン専門店 キンイロ

TEL.075-221-7739 
住所/京都府京都市中京区三条通富小路西入ル中之町21 
営業時間/11:00~19:00 
定休日/無休 
カード/可 
アクセス/地下鉄東西線京都市役所前駅より徒歩8分 

京都
(右)最初に数種類のシロップを飲み比べて好みを選ぶ (左)3杯分の梅酒が作れるMサイズ2700円~。砂糖は見た目もかわいい金平糖が人気。持ち帰ったら2週間ほどは1日1回よく混ぜ、約1カ月で完成

【2018.04 OPEN】
人気の老舗梅酒メーカー直伝の梅酒作り体験ができる

おなじみの梅酒メーカーが、日本ではぐくまれた梅文化を次世代に伝える専門店をオープン。材料となる梅や砂糖、アルコールの有無と種類を選び、自分好みの梅シロップや梅酒作りが体験できる。1杯分から作れるうえ、作業は驚くほど簡単。HPから早めの予約を忘れずに。

梅体験専門店 蝶矢

TEL.なし 
住所/京都府京都市中京区六角通堺町東入堀之上町108 CASA ALA MODE ROKKAKU 1F
営業時間/11:00~19:00 
定休日/無休 
予約/可 
カード/不可 
アクセス/地下鉄烏丸線ほか烏丸御池駅より徒歩7分

進化する老舗を体感したら京都の今が感じられるカフェへ

京都
宮崎マンゴーココナッツクリームのサンドイッチ360円、オリジナルパンナコッタタピオカスムージー・ストロベリーアマレット780円。白木台でサーブされるのもユニーク

ROCCA&FRIENDS PAPIER KYOTO

京都、大阪で人気店を輩出するカフェの新ブランド。細い路地に立つ町家を利用したショップでは、季節のフルーツサンドと、和素材を取り入れた玉子サンド、パンナコッタをベースにしたデザート感覚のスムージーが楽しめる。オーナーの本職がデザイナーというだけあって、写真映えするビジュアルも魅力のひとつ。

DATA

TEL.075-744-6688 
住所/京都府京都市下京区新釜座町735-2 
営業時間/10:00~18:00 
定休日/月(祝の場合翌休) 
予約/不可 
カード/不可 
アクセス/地下鉄烏丸線四条駅または阪急京都線烏丸駅より徒歩5分 

PHOTO/MICHI MURAKAMI EDY OOMURA WRITING/EIKO HIRATA

OZmagazine TRIP 最新号「秋の京都へ」

オズトリップ、京都

オズマガジントリップ「秋の京都へ」に掲載中。きままに徒歩や自転車で巡る京都旅をエリア別に紹介。最新の京都情報が満載なので誌面でチェックしてみよう。

OZmagazine TRIP「秋の京都へ」特集
発売日/2018年9月7日(金)
価格/630円+税
販売場所/全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売

  • LINEで送る