これを持って旅に出よう! 東急ハンズ編(1)旅の思い出を逃さず残す! 1本で3役をこなすユニークな傘

東急ハンズ

旅好き女子必見! さまざまな旅のシーンで役立つアイテムや気分を盛り上げるグッズを紹介する本企画。今回は生活雑貨を中心とした、豊富な品ぞろえが自慢の東急ハンズの佐藤宏樹さんが登場。旅の必需品である折りたたみ傘に、自撮り棒の役割をプラスしたアイディア商品を教えてくれました!

更新日:2018/10/12

東急ハンズ
Waterfront 撮れる傘 instabrella 折りたたみ (右)濃ピンク、(中)水色、(左)紺色 各1620円

雨傘・日傘・写真撮影の3役!多機能な傘が旅の相棒に

一見ごく普通の折りたたみ傘に見えるこちらのアイテム。実は旅先で大いに役立つ嬉しい仕掛けがあるそう。

「これは自撮りができる雨晴兼用の折りたたみ傘なんです。日中日差しが強いときは日傘として、突然の雨には雨傘に、そして写真を撮りたいときは自撮り棒に・・・と、いろんな旅のシーンで頼りになる商品です」(佐藤さん)。

旅の思い出をたくさん写真に残したいけど、わざわざ自撮り棒を持って行くのは荷物がかさばるし、ちょっと恥ずかしい・・・という大人女子にもぴったり!

東急ハンズ

スマホを簡単にセットできて自撮りもラクラク

旅に持って行くなら機能性はもちろん、使い勝手のよさも重視したい。そんなニーズにきちんと応えてくれるのがこの傘のすごいところ。

「自撮りをするときは、傘の持ち手部分のホルダーを起こし、バネ式のホルダーを伸ばしてスマートフォンを挟むだけでOK。撮影タイマー機能を使って自撮りするので、キメ顔をしっかり作れます(笑)。また、国内で高いシェア率を誇る傘メーカーが手がけた商品なので、傘そのものの機能性もGOOD。女性でも負担なく持ち運べる重さやサイズ感に加え、傘の骨をポキポキ折らずに開閉できる手軽さも魅力です」(佐藤さん)。

雨晴兼用傘としても、自撮り棒としても大いに力を発揮してくれるこの1本があれば、旅の思い出も逃さず残せる。女子旅で友達とワイワイはしゃぎながら撮るのもよし、ひとり旅の相棒にするのもよし。全5色展開なので、旅気分を盛り上げるお気に入りの1本を見つけて。

【EDITOR’S PICK UP】東急ハンズ渋谷店が9月にリニューアル

東急ハンズ

開業40周年を機に、東急ハンズ渋谷店が2018年9月22日(土)にリニューアル! それに伴い「アガる!STUDIO」化プロジェクトを始動し、ガラス加工体験やオリジナルのインクの調合など、館内8カ所にこれまでにない手作り体験ができる「アガる!STUDIO」を新設。新しい「手づくり」の楽しさを体験できる渋谷店に、ぜひ足を運んでみて。

東急ハンズ渋谷店

TEL.03-5489-5111
住所/東京都渋谷区宇田川町12-18
営業時間/10:00~21:00

旅アイテムを紹介してくれたのは

東急ハンズ バイヤー 佐藤宏樹さん

東急ハンズ

トラベル用品のバイヤーを務めながら、“スーツケースの伝道師”として旅行雑誌の記事監修や講演会でも活躍している佐藤さん。そんな旅のプロが気軽に行けるスポットとしておすすめするのは、東京から数時間で行ける千葉の鋸山。「ロープウェーで山頂近くまで行ったら、断崖絶壁から見下ろすスリルが味わえる“地獄のぞき”や、岩を彫刻して作られた“日本寺大仏”などのインスタ映えする絶景スポットへぜひ。遺跡っぽい雰囲気を楽しめるので、一見の価値がありますよ」

東急ハンズ

紹介した商品が買えるのはこちら

東急ハンズ新宿店
TEL.03-5361-3111
住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タイムズスクエアビル2~8F
営業時間/10:00~21:00
ホームページ
東急ハンズ新宿店

PHOTO/MANABU SANO KAZUHITO MIURA TEXT/NAOKO KIBAYASHI

  • LINEで送る