期間限定! 年明けまで開催中の、チームラボによる幻想的な光の祭を見に行く高知の旅

チームラボ 高知城 光の祭

呼応する、たちつづけるものたちと木々(C)チームラボ

日々ロケハンに出かけたり、個人的に旅をしているOZ編集部にとっては、毎日が新しい発見や出会いに満ちた小さな旅。ページには載らない裏話やエピソードをお届け。今回は城が大好きな編集Fがあの人気アート集団の2019年1月6日(日)までの期間限定の光のアート展を見に高知県まで行ってきました

更新日:2018/12/12

チームラボ 高知城 光の祭
呼応する、たちつづけるものたちと木々(C)チームラボ

日本3大夜城の高知城が、幻想的な空間に

高知県のシンボルともいえる高知城が、2019年の年明け6日(日)まで「すごいこと」になっていると聞いて旅をしてきました。そのすごいことというのは、あの「チームラボ」が、昨年から高知県全域で開催されている「志国高知 幕末維新博」の2年間のフィナーレを飾る特別企画として、お城を使ったアートプロジェクトを開催しているのです。

高知城は、日本で唯一、天守閣だけでなく本丸全体の建物がほぼ完全に現存する貴重な城として知られています。その貴重な空間を、いま日本のアートシーンを席巻しているといってもいいチームラボが表現の空間として使うのです。期間限定とはいえ、これは見逃すわけにはいきません。

タイトルは「チームラボ 高知城 光の祭」。非物質的であるデジタルテクノロジーによって、街を物質的に変えることなく「街が街のままアートになる」というチームラボの「Digitized City」というアートプロジェクトの一環であるこの展示は、開催初日から想像以上に多くの人で賑わっているそうです。会期は2019年1月6日(日)まで。美味しいものも、歴史も、自然も、楽しみ満載の高知県。まだ行ったことのない人は、ぜひこの期間中の訪問がおすすめです。

チームラボ 高知城 光の祭
高知城の石垣に住まう花と共に生きる動物達(C)チームラボ

あたりが暗くなったら、歴史と光の祭典に出発

高知城の敷地内に入ってまず目に入るのは、無数のタマゴ型をしたボールたちが、さまざまな色に発光する姿。「呼応する、たちつづけるものたちと木々」と呼ばれるこの作品。呼応するという言葉の通り、目の前のボールを手で押すとそのボールの色が変わり、その周りのボールたちや木々がその色の変化に呼応して次々に色を変えていくのです。そしてその変化は水が流れるように最後は城の天守閣まで届き、天守閣も呼応して強く光るそうです。逆を言えば、目の前で変わったその発光色は、あなた以外の誰かの動きによって呼応したもの。城のあちこちにいる、あなたと、あなた以外の誰かが、この無数のたちつづけるものたちを媒介にして会話をするようなインスタレーションになっています。見逃しがちですが、おすすめは人の少ない三ノ丸北側にある並木道の幻想的な風景。天守閣にまっすぐに向かう前に、並木道への階段を下ってチェックするのを忘れずに。

わたしたちはつい自分たちの世界を自分たちの知っているものだけで完結させてしまいがちですが、こうして知らない誰かと「呼応」することを体験してみると、わたしたちはほんとうはどこかでつながっているのかもしれない。そんなことを思います。それがチームラボの意図なのか、それとも考えすぎなのか、その正解は別に重要ではないのかもしれません。

チームラボ 高知城 光の祭
Waves of Light of Kochi Castle(C)チームラボ

チームラボの真骨頂。光と音のコラボにも注目

このイベントをさらに幻想的にしているのが、間違いなくそこに流れている音楽。光はもちろん、その音のセンスに、チームラボの凄みを感じます。

この音の素晴らしさを最大限に感じられるのは、手で積み上げられた圧倒的な石垣に現れる、野生の動物たちのインスタレーション「高知城の石垣に住まう花と共に生きる動物達」。

目を凝らしてみると、石垣を歩いていく動物たちは、すべてサクラや向日葵などの花びらでできています。荘厳な音楽に混じって聞こえてくるのは、花びらの動物たちが嘶く声。近くに寄って立ち止まると、動物は花を散らせながら消えてしまったり、小さく鳴いてみたり。それらはまるでその江戸時代の石垣の中に命を吹き込まれたようなリアルな生命力を感じさせてくれます。

このインスタレーションは、近くで見るのもすてきですが(繊細な花びらたちがほんとうに幻想的!)、もうひとつおすすめなのが、天守閣に登って遠くから眺めること。アフリカのサバンナの大草原の動物たちを遠くから眺めるように、夜の城の天守閣から動物たちを眺める体験は、まぎれもなくここでしかできない体験です。ときどき響く法螺貝の音が、時空が歪んだような感覚を呼び起こします。

チームラボ 高知城 光の祭

開催場所
高知城・高知公園(高知県高知市丸ノ内1丁目2−1)
開催日程
開催中~2019年1月6日(日)
開催時間
17:30~21:30(最終入場21:00)
入場料
大人1500円、中高生900円、小学生500円
※2名セット券大人2900円、3名セット券大人4200円もあり ※高知城の夜間特別入館料も含む
※購入は、会場(高知城)、各種コンビニエンスストア、各種プレイガイドのウェブサイトほか
アクセス
とさでん交通路面電車「高知城前」より徒歩3分
注意事項
・高知城及び高知公園内には階段や段差があります。また、文化財を可能な限り当時の姿のままご覧いただくことを前提に整備を行っているため、公園内には未舗装道路が多く、建造物内のスロープ等はございません
・悪天候等の場合は開催を中止する場合があります
電話番号
0120156507 0120156507 (チームラボ 高知城 光の祭 インフォメーション 平日9:00~17:00)
ホームページ
チームラボ 高知城 光の祭
  • LINEで送る