【熱海の温泉旅】ゲストハウスやシェア店舗で、地元の人とつながる温泉旅_OZ TRIP温泉

京都

週末など1泊2日で気軽に温泉旅を楽しむなら、首都圏からのアクセスもよい静岡県の熱海温泉へ。今、町の中心にある老舗商店街・熱海銀座がとっても元気。かわいいスイーツ店や古いビルをリノベしたゲストハウスなど、新スポットが次々に誕生し、若い人を中心に観光客が増加中です。活気を取り戻した温泉街に生まれた新名所で地元の人ととつながる、カジュアルな温泉旅を

更新日:2018/12/11

老舗温泉街・熱海銀座に登場したゲストハウスやシェア店舗がおもしろい

京都
(上)気さくなスタッフに囲まれ、旅行者もすぐ打ち解けられる (左下)2015年にオープン (右下)地産地消のメニューが多く、名物のサバサンド750円は網代の「〆竹商店」の干物と熱海「パン樹久遠」のバゲットを使用。函南ビール800円

【2015 OPEN】
宿泊者と地元の人をつなぐ熱海銀座の基地

あき店舗を改装したゲストハウスで、客室はカプセルとロフトの2タイプ。近所には日帰り温泉施設「日航亭 大湯」があり、名湯も楽しめる。宿泊者以外も立ち寄れるカフェでは、熱海銀座で購入した干物をセルフで炙って味わえるサービス(焼き代別途)が好評。

guest house MARUYA(ゲスト ハウス マルヤ)

TEL.0557-82-0389 
住所:静岡県熱海市銀座町7-8
客室数:21
宿泊料金:1泊素泊まり3888円~、土・祝前日4428円~
アクセス:JR熱海駅より徒歩15分
■カフェ「MARUYA Terrace」 
営業時間:13:00~22:00(21:30LO)
定休日:火不定休 
予約:可
カード:可

京都

【2017.08 OPEN】
古いビルをリノベした 「シェア店舗RoCA」に2軒の新店がオープン

熱海銀座の再生と情報発信の拠点として生まれた「CAFE RoCA」(現在の「MARUYA Terrace」の前身)の跡地に、2017年8月、「シェア店舗RoCA」が開業。県外のオーナーによる2店舗が誕生し、今後もお店が増える予定。

京都
(左)店の工房で作るジェラートは常時18種類。写真はトリプル600円 (右)南伊豆町出身の秋元太樹選手のお気に入りは、濃厚な地元牛乳を使った「丹那ミルク」

東京・武蔵小山のイタリアン「La TRIPLETTA」がオープンした本格ジェラート店。店を切り盛りしているのは、社会人サッカーチーム「SS伊豆」の現役選手。上多賀産ダイダイの「橙チョコレート」や、来宮神社の神様が大好物という香ばしい「麦こがし」など、メイド・イン・熱海の味が揃う。

La DOPPIETTA(ラ ドッピエッタ)

TEL0557-81-3330
住所:静岡県熱海市銀座町10-19
営業時間:10:00~18:00
定休日:木不定休 
予約:不可
カード:不可
アクセス:JR熱海駅より徒歩15分

(左)店主は熱海市と市来さんの会社による創業支援プログラムを経て開業 (右)パンチとコクが利いた南伊風エスプレッソ250円~

オーナーの加藤麻衣さんは、バリスタやコーヒー豆焙煎会社での勤務を経て、大好きな熱海にイタリアンバールを開店。カウンター席を中心としたお店には、こだわりのエスプレッソや加藤さんとのおしゃべりを楽しみに、地元の人が集まる。丹那牛乳のカフェラテ450円、地元産ダイダイジャム入りのパニーニ600円もぜひ。

カフェ バール クアルト

TEL.0557-81-2585
住所:静岡県熱海市銀座町10-19
営業時間:10:00~19:30
定休日:木(臨時休業あり)
予約:不可
カード:不可
アクセス:JR熱海駅より徒歩15分

老舗商店街・熱海銀座のかわいくて、おいしいニューフェイスたち

(右)ザクッと香ばしい食感のマグロカツバーガー 1200円 (右)マグロバーガー 1000円はふっくらとジューシーなマグロのソテーが絶品。バーガーはテイクアウトもできる

【2018.05 OPEN】
マグロを使った名物フィッシュバーガー

海沿いに2018年5月に開店したハンバーガーのお店。栄養価が高いマグロと新鮮野菜、熱海「パン樹久遠」のオリジナルバンズで作ったバーガーは、ボリュームも満点。

Selfish DINER(セルフィッシュ ダイナー)

TEL.0557-52-6681
住所:静岡県熱海市渚町15-11
営業時間:11:00~20:00(19:00LO)
定休日:不定休
予約:可(花火大会開催日は不可)
カード:不可
アクセス:JR熱海駅より徒歩16分

(左)1日20皿限定の皿シフォン450円 (右)熱海の温泉をイメージしたほんのりしょっぱいサイダー 500円。4色のゼリーは熱海の花火がモチーフ

【2018.07 OPEN】
カバマークでおなじみのプリン店の新店登場

手作りプリンの専門店で、2018年7月に2号店が熱海銀座に誕生。お風呂をイメージしたかわいい店内で、シフォンケーキやカラフルソーダなど2号店限定のスイーツを。

熱海プリン カフェ 2nd(あたみプリン カフェセカンド)

0557-85-1112 静岡県熱海市銀座町10-22沢口ビル
1F 010:00~18:00 無休 予約不可 カード不可 
アクセス/JR熱海駅より徒歩15分

パン、ドリンク付きで1944円のランチセットより。この日の前菜は魚介のマリネとクスクスサラダ、メインはローストチキンのキャベツ包み

【2017 OPEN】
旬の地魚がおいしい、老舗の3代目が手がけるビストロ

昭和21(1946)年から約50年間熱海で営業した「洋食福本亭」の3代目が2017年にオープン。富士宮市「オトワファーム」の無農薬野菜や旬の地魚を盛り込んだ本格フレンチがカジュアルにいただける。

カフェ ビストロ ソレイアード

TEL.0557-85-5878
住所:静岡県熱海市清水町4-16SJビル2F 
営業時間:11:30~14:30(14:00LO)、17:30~20:30(20:00LO) 
定休日:水
予約:可
カード:可
アクセス:JR熱海駅より上の山行きほかバスで約10分、清水町下車すぐ

PHOTO/MASANORI WADA WRITING/AYAKO GOTO

※OZmagazine TRIP1月号(2018年12月7日発売)の情報を転用して掲載しています。掲載情報は、2018年11月20日現在のものです。その後、変更が生じる場合があります。また各店の営業時間や定休日などは時期によって変わる場合もありますのでご了承ください

OZmagazine TRIP 最新号「冬の温泉旅へ」発売中

OZmagazine TRIP 最新号「冬の温泉旅へ」発売中

「オズマガジントリップ」の最新号は温泉大特集! 東京・大阪から行きやすいエリアを中心に、温泉宿だけでなく地元のおいしいものや素敵なお店などの情報も満載。「行きたいけど、予算が・・・」という人もご安心を。10000円台で泊まれる宿の情報ほか、交通費を抑えるポイントやお得に泊まるヒントもご紹介。さらに、取り外して使える「箱根おさんぽブック」も付いているから、この冬の温泉旅にきっと役に立つはず!

OZmagazine TRIP「冬の温泉旅へ」特集
発売日:2018年12月7日(金)
価格:630円+税
販売場所:全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売
ホームページ
オズマガジントリップ最新号
  • LINEで送る