【城崎の温泉旅】外湯めぐりの発祥地・城崎温泉で、趣の異なる7つの外湯めぐり_OZ TRIP温泉

城崎

兵庫県の城崎温泉には、外湯めぐり発祥の地といわれ、趣の異なる外湯が点在します。宿に着いたらまずは浴衣に着替えて外湯めぐりへ。1日ぐるっと入り放題・外湯めぐり券1200円がお得。営業時間や定休日が異なるので、全部入りたいならしっかり計画を立ててめぐってみよう。

更新日:2018/12/11

7つの外湯はどれも個性的!

京都

【01】さとの湯

城崎駅の隣に立つ。3階に円山川を一望できる露天風呂とサウナがあり、入口には足湯も。

営業時間:13:00~21:00
定休日:月
料金:800円

【02】地蔵湯

江戸時代から続く歴史ある外湯。外湯には珍しく貸し切り風呂がある。2Fに広々とした休憩所が。

営業時間:7:00~23:00
定休日:金
料金:600円

京都

【03】柳湯

木造平屋の前に柳が揺れる、趣ある佇まい。浴槽が深く、湯も熱めで、芯から温まれる。

営業時間:15:00~23:00
定休日:木
料金:600円

【04】一の湯

重厚な桃山様式の建物で、城崎温泉のシンボル的存在。岩盤を削った洞窟風呂も印象的。

営業時間:7:00~23:00 
定休日:水
料金:600円

【05】御所の湯

京都御所をイメージしたという建物が豪華。寝湯やミストサウナなど温浴施設も充実。

営業時間:7:00~23:00
定休日:第1・3木
料金:600円

【06】まんだら湯

山裾の緑に包まれた静かな外湯。石造りの内湯は湯船が2段で、浅い方は半身浴にいい。

営業時間:15:00~23:00
定休日:水
料金:600円

【07】鴻の湯(こうのゆ)

城崎温泉で最も古い歴史があるとされる。温泉街の外れに立ち、野趣あふれる露天風呂も。

営業時間:7:00~23:00
定休日:火
料金:600円

城崎の7つの外湯の泉質や効能DATA

効能:神経痛・筋肉痛・うちみ・慢性・消化器病・痔病・疲労回復 他
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉
温度:42℃

PHOTO/YOSHIKO WATANABE WRITING/JUNKO AMANO

※OZmagazine TRIP1月号(2018年12月7日発売)の情報を転用して掲載しています。掲載情報は、2018年11月20日現在のものです。その後、変更が生じる場合があります。また各店の営業時間や定休日などは時期によって変わる場合もありますのでご了承ください

OZmagazine TRIP 最新号「冬の温泉旅へ」発売中

OZmagazine TRIP 最新号「冬の温泉旅へ」発売中

「オズマガジントリップ」の最新号は温泉大特集! 東京・大阪から行きやすいエリアを中心に、温泉宿だけでなく地元のおいしいものや素敵なお店などの情報も満載。「行きたいけど、予算が・・・」という人もご安心を。10000円台で泊まれる宿の情報ほか、交通費を抑えるポイントやお得に泊まるヒントもご紹介。さらに、取り外して使える「箱根おさんぽブック」も付いているから、この冬の温泉旅にきっと役に立つはず!

OZmagazine TRIP「冬の温泉旅へ」特集
発売日:2018年12月7日(金)
価格:630円+税
販売場所:全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売
ホームページ
オズマガジントリップ最新号
  • LINEで送る