【川越のカフェ】小江戸・川越で発見!レトロ空間が心地よい、リノベカフェ&レストラン

電車旅

西武新宿駅から特急で約45分、まるでタイムスリップしたかのような町が広がる埼玉県・川越市。町には江戸~大正時代に建てられた蔵や建物が多く残っていて、まさに小江戸にふさわしい雰囲気が漂う。そんな川越で最近注目を集めている、古い建物をリノベーションしたレトロな空間がかわいいカフェ&レストランをピックアップ!

更新日:2019/03/12

電車旅・川越/glin coffee 大工町店
上/昭和30年代築の「旧大工町長屋」に、2017年にオープンした。1階には「すずのや」が入っている 左下/昭和レトロ感を残した「glin coffee大工町店」の店内 右下/あんバタホイップ380円などコーヒーに合うコッペパンと、新メニューglin coffeeフローズン580円

glin coffee 大工町店

川越発祥のコーヒーショップで、豆の買い付けから焙煎までを自社で行う。大工町店では、客が豆を選んでから挽きたてをハンドドリップで提供。コーヒーフローズンや自家製コーヒーゼリーなどが入ったオリジナルドリンク・パーズン500円~や、地元パン店の無添加パンを使ったコッペパン280円~もぜひ。

SHOP DATA

glin coffee 大工町店(グリン コーヒーだいくまちてん)
TEL.049-298-4344
住所/埼玉県川越市連雀町27-1 
営業時間/10:00~18:00(LO)
定休日/無休(不定休あり)
予約/応相談
カード/不可
アクセス/西武新宿線本川越駅より徒歩8分

電車旅・川越/すずのや おやさいとくだものとお酒と
上/「すずのや」のカウンター席 下/旬の川越野菜5~6種類がいただける「ボリッと野菜盛り!!秋田みそDE!!」580円は味の濃さに感動

すずのや おやさいとくだものとお酒と

「glin coffee 大工町店」が入る、昭和30年代築の「旧大工町長屋」の2階。梁を活かした吹き抜けの天井や古い柱など、長屋の味を残した店内はどこか懐かしい雰囲気。川越野菜をたっぷり使った料理をアテに、フレッシュフルーツの自家製サワーや全国から厳選した珍しい日本酒が飲める。居心地のよいカウンターで地元の人たちに交ざって、ゆっくり流れる川越時間に浸ろう。

SHOP DATA

すずのや おやさいとくだものとお酒と
TEL.049-298-4344
住所/埼玉県川越市連雀町27-1
営業時間/15:00~23:00(22:00LO)
定休日/月定休(ほか不定休あり)
予約/可
カード/不可
アクセス/西武新宿線本川越駅より徒歩8分

電車旅・川越/ちゃぶだい
上/「ちゃぶだい」は広い土間と小上がりがカフェスペースに 左下/本日の焼き菓子250円~はすべて手作り 右下/本日のサンドイッチ600円。この日は川越ほうれん草、自家製鮭の燻製、ポテトサラダなどが入った春らしい1品。白菜の甘みが凝縮された本日のポタージュ350円とともに

ちゃぶだい

築約100年の元肥料問屋兼住居を利用した川越初のゲストハウスの1階にある、誰でも立ち寄れるカフェ。当時の棚や古い電話ボックスが残る土間は、時空を超えたような懐かしい空間。地元野菜や川越のきんぴらごぼう専門店のきんぴらなど、地産地消を大切にしたサンドイッチやスープでほっとひと息。

SHOP DATA

ちゃぶだい
TEL.049-214-1617
住所/埼玉県川越市三久保町1-14
営業時間/11:00~16:00(LO)
定休日/水
予約/応相談
カード/不可
アクセス/西武新宿線本川越駅より徒歩12分

電車旅・川越/PIZZERIA ROCCO
上・右下/時計店兼住居だったという奥行きのある店内 右上/マルゲリータのランチ900円。川越・忍田農園の野菜を使ったサラダとドリンク付き

PIZZERIA ROCCO

時計店だった古い建物を改装し、2018年6月にオープン。都内のレストランやホテルで腕を磨いたオーナーが、粉からこだわったナポリピッツァを提供している。注文後に400~500℃の薪窯で一気に焼きあげるピッツァは、サクサクもちもちで、薪ならではの香りも食欲をそそる。サラダ・ドリンク付きランチ900円~とコスパもいい。

SHOP DATA

PIZZERIA ROCCO(ピッツェリア ロッコ)
TEL.049-299-6960
住所/埼玉県川越市連雀町10-3
営業時間/11:30~16:00(15:00LO) 17:00~23:00(22:00LO) 
定休日/木(祝の場合営業、ほか不定休あり)
予約/可
カード/可(VISA、masterのみ)
アクセス/西武新宿線本川越駅より徒歩7分

OZmagazine TRIPの最新号「春のひとり旅特集」

この記事をもっと詳しく!OZmagazine TRIPの最新号「春のひとり旅特集」をチェック

オズマガジントリップ「春のひとり旅」に掲載中。東京から電車に乗って、ひとりで週末にふらりと行けるレトロでかわいい町をたっぷり紹介。古い建物をリノベーションした最新のカフェや、ローカルに長年愛されるショップなど、時間を忘れてマイペースで過ごせるスポット情報が満載。雑誌も合わせてチェックしよう!

OZmagazine TRIP「春のひとり旅」特集
発売日/2019年3月7日(木)
価格/680円
販売場所/全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売
ホームページ
最新号を見る
OZmallの京都特集

随時更新中!旅マエも旅ナカもお役立ちのOZmallの電車旅特集

温かい陽気につられて、旅に出かけたくなる春の季節。そんなときは、のんびりトコトコ電車の旅はいかが? OZmallの電車旅特集では、東京から週末にふらりと行ける、金沢・名古屋・松本・川越・箱根のエリア情報をピックアップしてご紹介。観光地など定番スポットから、喫茶店やカフェ、雑貨店、宿泊やレストランの予約まで、実用情報も完備で、旅マエのプランニングにも旅ナカのスポット探しにもお役立ち!

ホームページ
特集を見る

PHOTO/NAOKI SHIMODA WRITING/AI FUNABASHI(able-fool)

※OZmagazine TRIP(2019年3月7日発売)の情報を転用して掲載しています。掲載情報は、2019年3月12日現在のものです。その後、変更が生じる場合があります。また各店の営業時間や定休日などは時期によって変わる場合もありますのでご了承ください

  • LINEで送る