OZの女子旅EXPO2019イベントレポート

今年で7回目を迎える恒例イベント「OZの女子旅EXPO」が、2019年9月25日(水)~29日(日)、表参道のスパイラルにて開催された。イベント初の5日間開催となった今年は、「日本の銘探し」をテーマに全国の銘品や銘物が勢揃い。延べ7836人が来場し、日本の“銘”を再発見した、大盛況の5日間になりました。

更新日:2019/10/17

日本の“銘”が集結!OZの女子旅EXPO2019トピックス

MY HOME TOWN ~ローカルスタンダード展~

【TOPIC_01】47名のクリエイターが、47都道府県の魅力をアートで表現

会場1階を彩ったのは、写真家やイラストレーターなど47名のクリエイターによるアート展「MY HOME TOWN ~日本のローカルスタンダード展~」。クリエイターは、自身とゆかりのある都道府県への愛情を、写真やイラスト、絵画や書道など、さまざまな形で表現。何気ない日常を切り取った一枚や、地域の絶景を収めた一枚など、個性あふれる作品に来場者たちは釘付け。中でも注目を浴びたのは、和歌山県在住のネイチャーフォトグラファー、内山りゅう氏が撮影した「水の国、わかやま。」の作品。特別に公開された作品の美しさに、目を奪われていた。クリエイターの視点を通して、その土地ならではの魅力を感じ取れたみたい!

銘品デパート

【TOPIC_02】ローカルの銘品を集めた、いいとこどりのデパートが登場

9月25日~29日の5日間限定でスパイラルガーデンにオープンしたのは、日本全国から選りすぐった工芸品や雑貨、おやつがずらりと並ぶ「日本の銘品デパート」。鳴子こけしの銘店「桜井こけし店」や、金沢桐工芸の老舗「岩本清商店」、京都で木版画の紙雑貨を制作・販売する職人工房「竹笹堂」など、個性的な14店舗が出店した。モダンなデザインに生まれ変わった工芸品や、食べるのがもったいないほどかわいいおやつなど、ステキなローカル商品に思わずテンションアップ。旅のお土産選びのように、胸を高鳴らせながらお気に入りのアイテム探しを楽しんだ。

ローカルおやつ

【TOPIC_03】毎日でも食べたい!和のローカルおやつを発見

ローカルおやつのコーナーには、その地域では定番の、銘店のおやつが勢揃い。「三軒茶屋おかき あられの大黒屋」からは、明日葉や岩のりなど、創業者の出身地である八丈島の素材を使った「浅沼煎餅」が登場。懐かしくも新しい斬新な味わいは、手が止まらなくなるおいしさ。地元の事業者とのコラボ商品を取り扱う秋田県の「casane tsumugu」のイチオシは、秋田県の老舗つくだに屋が作る「カクチョウ佃煮」。朝獲れのワカサギを甘じょっぱく仕上げた一品で、お茶請けやおつまみにもぴったり。秋田県のあんこ屋さん「かどや食品工業」は、12種類の手作り甘納豆を用意。赤紫蘇や山椒など、幅広いフレーバーで魅了した。各店試食が充実。普段はなかなか食べられないおやつとの出会いに、舌も心も大満足!

銘菓東西番付

【TOPIC_04】旅先のお土産はこれで決まり!リアルな口コミで東西の銘菓を番付

「銘菓東西番付」では、「地元で愛されていてかつおいしい。」そんな正真正銘の“銘菓”を、東日本、西日本に分けて紹介&販売。ランキングは、OZmallの読者2000人以上を対象に「推薦率」「昔から食べていたか」「好きかどうか」の3つの項目で独自のアンケート調査を行い、そのポイントを集計して選出。東日本の横綱に輝いたのは544ポイントを獲得した山梨の信玄餅。対する東日本の横綱は、569ポイントを獲得した三重県の赤福が選ばれた。会場では前頭から横綱まで東西各ベスト8の銘菓が張り出され、結果を見た女子たちは「私もこれ好き!」「これ食べてみたい」と銘菓トークに花を咲かせていた。

次の旅先が見つかった、体験ブースをレポート

ローカルのいいものと触れ合うことで、旅気分が盛り上がる!

3階のスパイラルホールには、全国から厳選した地域や企業による体験ブースを用意。各ブース、名産の試食やワークショップなど、その地に行ってみたくなるような魅力的なコンテンツが目白押し! 日本全国の“銘”に触れ、旅気分が高まった、体験ブースの様子を詳しくレポートします。

愛知県/名古屋市

【体験_01】名古屋おもてなし武将隊(R)が愛知県・名古屋市のグルメや文化を案内

岡崎の八丁味噌グルメが並ぶミニマルシェや、有松・鳴海絞りのワークショップで常ににぎわいを見せた愛知県・名古屋市ブース。実際に食べたり体験することで、その独自の文化にはまる人が続出。さらに、「名古屋おもてなし武将隊(R)」と「グレート家康公「葵」武将隊」がコラボしたトークショーでは、カメラを構えた女性ファンが集まり大盛り上がり。愛知県・名古屋市の魅力を紹介した軽快なトークに、みんな笑顔で耳を傾けていた。

愛知県
名古屋市

茨城県

【体験_02】干し芋にメロン、梅酒も。茨城の味に顔がほころぶ

毎年人気の茨城県ブースには、「いばらきメロン」や「梅酒」の試食・試飲で今年も行列が。その味わいに、「ジューシー」「飲みやすい!」と参加者から笑顔がこぼれた。ほか、名物の干し芋12種類が揃うマルシェコーナーや、ミニミニ提灯作り体験、“美肌×温泉”と“絶景”をそれぞれテーマに茨城旅を提案するワークショップも実施。さまざまな角度から茨城県のよさを実感できたみたい。

観光いばらき

KIRIN

【体験_03】名産品を使ったご当地カレーと相性抜群のドリンクを紹介

キリンビバレッジのブースには、47都道府県のご当地カレーが集合。栃木県のいちごカレーや静岡県のわさびカレー、山口県のふくカレーなどバラエティ豊かなカレーの数々にみんな興味津々。スパイラルカフェでは、イベント限定カレーの提供も。いずれもカレーを購入すると「午後の紅茶 おいしい無糖」が付いてきて、カレーのうまみが引き立つ絶妙なマリアージュを堪能した。

キリンビバレッジ

大分県

【体験_04】地域のよさを熟知したスタッフが旅のヒントをご提案

温泉地「由布院」と、歴史が香る「日田」の魅力を案内した由布市・日田市・JR九州ブース。日田の老舗の虹色ラムネや、由布院の有名旅館が手がけるチョコレートを味わったり、スタッフに旅のヒントを教えてもらったりと、現地の深い魅力を堪能。特急「ゆふいんの森」のフォトスポットでは、乗務員の制服を着て写真をぱちり。「実際に乗ってみたい!」という声が寄せられた。

由布市
日田市
JR九州

東京諸島

【体験_05】自然たっぷりの景色が広がる東京諸島の魅力に興奮

東京諸島11島のブースには、各島のパンフレットが充実。みんな気になる島のパンフレットを手に、現地のスタッフに質問したり、名産の明日葉グルメをチェックして、島旅に思いをはせた。好評だったのが、御蔵島のイルカウォッチング、三宅島の景色から選択できるVR体験。そのリアルな光景に、「わぁ~!」と歓声が漏れた。島の魅力を身近に感じられ、より一層島への思いが強まったよう。

東京諸島観光連携推進協議会

星野リゾート

【体験_06】見て、食べて、感じて。憧れの宿を体感

全国展開の憧れのホテル「星野リゾート リゾナーレ」のブースは、トマム直送の牧草ソファのフォトスポットや、ワインと各地施設からセレクトしたおつまみを提供。リゾナーレで人気のワークショップでは、熱海で採れる“だいだい”で香りづけした火を使わないキャンドル・アロマワックスバー作り体験など、リゾナーレを体感できるコンテンツが盛りだくさん。プチトリップ気分に、みんな満足顔!

星野リゾート リゾナーレ

ゆずとりんてつ

【体験_07】搾りたてゆずのフレッシュな香りと風味でリラックス

柑橘の爽やかな香りで多くの女性が惹きつけたのが、ゆずの名産地と知られる高知県の「ゆずバー」。ゆずは香りに癒されたり、美容効果が期待できたりと、女性に嬉しいポイントがたくさん。ゆず果汁を炭酸水で割ったジュースや、土佐酒で割ったお酒が振る舞われ、「香りが格別」「癒される」と喜びの声が聞こえてきた。専用の道具を使ったゆずしぼり体験もでき、ゆずの魅力を再発見できたようだった。

ゆずとりんてつ

OZの温泉街

【体験_08】銘湯の知識も身につく!OZ厳選の温泉街

温泉好き女子の心をキャッチしたのが、OZセレクトの“銘湯”が集結した温泉街。四万温泉、水上温泉、昼神温泉、下諏訪温泉の4つのブースが並び、リンゴジュースや甘酒のサービス、キャラクターのフォトスポットなどでおもてなし。各温泉地に関するクイズラリーでは、全問正解者にOZオリジナル手ぬぐいのプレゼントも。温泉地のことも学べ、「次の旅先は温泉に決めた」という参加者も見られた。

ご当地コスメ

【体験_09】日本生まれのコスメでツルツル美肌をゲット

ご当地コスメのブースには、石川、京都、奈良、兵庫、福岡から、地元の名産を使ったコスメや、地元の名店が手掛けたコスメがラインナップ。集まった人たちは、貴重な純国産の生糸から作ったスキンケア用品や、奈良の織物の技術を生かしたタオルなど、上質な日本コスメの数々に目を輝かせた。デモンストレーションもあり、肌を通して日本の“銘”を実感できた様子。

ラキャルプ

会場を飛び出して、OZの女子旅EXPOコラボツアーを開催

食×観光の新体験バスツアー!青山・表参道・渋谷をめぐるプチツアーに出発

9月27日(金)・28日(土)、女子旅EXPOの開催を記念して、“女子のための快適なバス旅”を実現している「WILLER」とコラボしたレストランバスツアーを実施。2階建てのオープントップバスで、青山通りや渋谷、表参道をめぐる1時間の都心クルーズは特別感満載! スイーツに癒された昼便と、オードブル&スパークリングワインで乾杯をした夜便、それぞれ優雅なひとときを満喫した。最後はスパイラルホールに移動して、そのまま女子旅EXPOに参加。旅気分を楽しめた、充実の時間になった。

来場者に聞きました!日本の“銘”に出会えた?次の旅先は見つかった?

会場には毎年参加しているという旅好き女性から、当日通りかかって立ち寄ってみたという女性まで、たくさんの人が来場し終日大盛況。当日予約できるワークショップに参加したり、工芸品や名産品などのショッピングを楽しんだり、各々思い思いの時間を過ごしていました。ここで、参加者の感想をお届け。名古屋の武将隊に会いに遊びに来てくれたN.Sさん(左)とM.Sさん(右)は、「有松絞り体験がおもしろかったです。新たな文化を知れて、ますます愛知県が好きになりました!」とにっこり。お友達同士で来てくれたR.Kさん(右)とE.Kさん(左)は、「茨城は梅酒も有名だと知ってびっくり!初めての発見がありました」と話してくれました。初参加のN.Kさん(左)と常連のY.Kさん(右)は「いろいろ体験したりパンフレットをもらって、次の旅先を決めたいです」と、EXPOを次の旅の参考に。茨城のワークショップに参加したY.Oさん(左)とM.Yさん(右)は「知識も身について、旅の質がワンランク上がりそう! 旅に行きたくなりました」と、次の旅が楽しみになったようでした。

OZの女子旅EXPO2019

■メインイベント_2日間限定
開催日時/2019年9月27日(金)15:00~21:00、28日(土)12:00~19:00
開催場所/スパイラルホール(スパイラル 3F)

■アート展&ショップ_5日間
開催日時/2019年9月25日(水)~29日(日)11:00~20:00 ※27日のみ~21:00
開催場所/スパイラルガーデン(スパイラル 1F)

■コラボカフェ_5日間
開催日時/2019年9月25日(水)~29日(日)11:00~なくなり次第終了
開催場所/スパイラルカフェ(スパイラル1F)

・入場無料、予約不要 ※レストランバスは有料・要予約
・主催/スターツ出版株式会社
・協賛・協力/愛知県・名古屋市、茨城県、阿智☆昼神観光局、WILLER、キリンビバレッジ、JR九州、四万温泉協会、東京諸島観光連携推進協議会、星野リゾート リゾナーレ、松乃井リゾート、ゆずとりんてつ(高知県)、由布市・日田市(大分県)、和歌山県観光連盟

  • LINEで送る

TOP