【ホテルクルーズ(夜遊び編)】これが大人女子のはしご酒!?ウェスティンのバーで夜遊び

更新日:2016/08/20

【土曜日 21:00更新】
日々企画を出しあって、シティホテルの特集やニュース記事を作っているプレミアム予約のホテル編集部。私たちがいつも思うのは、ホテルには「敷居が高い」とか「宿泊者じゃないと利用できない」イメージがあるということ。でも実は気軽に利用できる方法があるんです。このコーナーでは、そんなホテルの楽しみ方を知ってもらうべく、編集Nが朝食レポート、編集Mがホテルでの夜遊びレポートをお届けします。

今回の担当は、お酒好きのミーハー女子・新米ホテル編集M。私が少し背伸びして訪れた、 “ホテルで夜遊び”レポートをご紹介。
話題のカフェやレストランを巡るのも好きですが、居酒屋&横丁巡りも大好きでよく新宿の‟思い出横丁“に出没している私。汗だくでビールをあおったり、時には4軒はしごしていたり・・・時々‟おじさん化”すると言われていますが、たまにはホテルのバーとかでおしゃれに飲んでみたいと思っていました。
ただ「ホテルだと、予算が読めない」となかなか足を運べてなかったんです。でも、編集部の先輩によると「雰囲気もいいしおいしいお酒が楽しめるから、意外とコスパがいいんだよ~」とのこと。そんな言葉に影響され、今回勇気を出して行ってみました。

ウェスティンホテル東京

恵比寿ガーデンプレイスに位置するラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル東京」

せっかくなら憧れのホテルに行ってみたい! ということで編集部の同僚(以下編集R)を誘って、恵比寿にある「ウェスティンホテル東京」へ。いつもよりちょっとだけおめかしをして訪れましたよ。佇まいから感じる格式の高さにドキドキしながら、ホテルの中へ。

ロビー

重厚で華やかなヨーロピアンスタイルのロビー

さすがのラグジュアリーホテル。エントランスからロビーへと続く黒御影石のフロア、ゴールドの装飾がされたゴージャスならせん階段、随所にある絵画や石像などのオブジェ・・・。重厚で華やかなヨーロピアンスタイルに統一され、このエントランスだけでもなんとも美しい限り。

ザ・バー

エグゼクティブバー「ザ・バー」(1F)

事前リサーチによると、バーは1階と最上階22階に。ということで、まずは大人の渋さを感じる1階の「ザ・バー」へ。案内されたのは、奥にある大きめのソファ。高級感漂う雰囲気だけどゆったりした空間が、不思議と心地よい気分にしてくれます。驚いたのはメニューの豊富さ。ギネスや白穂乃香など各種ビールから、女子注目のスーパーフードカクテル、夏限定のフローズンカクテルなどドリンクは約300種以上、ブレッド系やパスタなどフード類もかなり充実。とにかく選ぶのが楽しい!

夏限定カクテル

8月末までの夏限定カクテル。左から「オーチャードフラワー」「シルバーモヒート」「トロピカルビター」「バナナ アイスバーグ」各1700円(別途消費税・サービス料13%)

迷いながらも、夏限定の「オーチャードフラワー」をオーダー。シャリシャリとした食感とともに、マンゴーとオレンジの甘酸っぱさが口いっぱいに。編集Rが選んだのは、スーパーフードのカクテル「スノーホワイト」。少し味見させてもらうと、ヨーグルトの酸味と蜂蜜の甘みがマッチ。この組み合わせは、美容効果も引き立て合うんだって。スーパーフードを使ったカクテルだなんて、女子にはたまりませんよね。ムーディな雰囲気とともに一杯をじっくり味わっていただいていたら、あっという間に時間が経っていました。

コンパスローズ

スカイラウンジ「コンパスローズ」(最上階)

お酒も入ってすっかりいい気分になった私たちは、最上階にある「コンパスローズ」へ。エレベーターを降りお店に入ると、そこはジャズの演奏が流れる大人の社交場。「ザ・バー」とはまた雰囲気ががらりと変わって、ちょっぴり賑やかな雰囲気。ほろ酔い気分の私たちにぴったりです(笑)。そして驚いたのは、目の前にきらめく東京タワー。宝石のような東京の絶景を独占できるなんて、贅沢すぎます・・・。

夏限定カクテル

8月末までの夏限定カクテル。左から「リアメンテ ボニータ」「バッチーダ デ ココ」「ピュア ブラジリアン」「リオカイピリーニャ」各1800円(別途消費税・サービス料13%)

海外ドラマで見たようなバブリーな世界に酔いしれながら、またお酒をオーダー。わたしの一杯は、ブラジルオリンピック開催記念の夏限定カクテル「バッチーダ デ ココ」。ココナッツとサトウキビ由来のリキュールが、深い甘みを表現していました。かなり私好みの味! 編集Rはスイカのフローズンカクテルをセレクト。がぶりとスイカをほおばっているかのようなシャリシャリ感と爽やかな甘味が夏っぽさを引き立てていました。
生演奏×夜景×おいしいお酒・・・。一度にこんな贅沢がかなうなんて、ホテルって楽しい(笑)。これはデートで連れてこられたら一発です。ちなみに、「ザ・バー」から「コンパスローズ」へのコースで、お酒を楽しんでいるカップルも結構いましたよ。うらやましい限り。

今回使ったお金は、2軒行って1人6000円弱。ホテルだからちょっとお高めではあるけど、「非日常の雰囲気とホテルクオリティのおいしいお酒が飲める」と考えると確かに結構お得。たまにはこういう飲み方、アリです。(内訳:「ザ・バー」にてカクテル1杯、アラカルト2人で1つ、「コンパスローズ」にてカクテル1杯、アラカルト2人で1つ ※ミュージックチャージや席代も含む)

早速夜遊びリストに追加。ホテルのバーは敷居が高いと思っていたけど、意外とハマりそう。今度恵比寿で飲んだ後に来てみたり、たまの贅沢にも利用してみようと思います。
皆さんも、ぜひホテルのバーを楽しんでみてください。

instagram

おまけに私のinstagramショット
ホテルで贅沢はしご酒
#いい1日を作ろう #ホテルのバー巡り #ウェスティンホテル東京 #ホテルで夜遊び

ウェスティンホテル東京

恵比寿ガーデンプレイス内にある、重厚で華やかなヨーロピアンスタイルのホテル。魅惑的なウェスティンオリジナルの香り「ホワイトティー」の香りに迎えられ、42m2以上の客室では極上の「ヘブンリーベッド」を全室に完備。雲の上の寝心地と都内夜景で、上質の東京ステイがかなう。

WRITING/MARIKO NAGANO(OZmall)

TOP