旅の記事

旅の記事をまとめました。OZmallでは「私の好きと出会う場所」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
  • あのCMで見たポニーに会える和みスポットへ

    旅|2017/05/26

    日々ロケハンに出かけたり、個人的に旅をしたりしているOZの編集部にとっては、毎日が新しい発見や出会いに満ちた小さな旅。ページには載らない裏話やエピソードをお届け。今回は、「オズマガジントリップ」編集部Hが、北海道・苫小牧市にある“馬のテーマパーク”を訪ねるプレスツアーに参加してきました。

  • もうるchan!?カゲキな格好をして歌いだす

    旅|2017/05/25

    インスタグラムをはじめ、大人気のクリエーターPantovisco(パントビスコ)さんが贈る、旅の1コマイラスト。もうるchanとナタマメさんの自由気ままな旅のワンシーン。このふたり(2匹?それとも1匹と1豆?)が見られるのはオズモールだけ!

  • 京都への旅は初夏がベストシーズンな理由

    旅|2017/05/23

    京都へは何度か足を運んでいますが、実はこの季節に訪れるのは初めて。秋の紅葉も素敵ですが、青もみじも負けないくらいの絶景! 若葉の青もみじを堪能できるのは5~6月だけの期間限定。新緑の香りと相まって、歩いているだけですがすがしい気持ちになれます。

  • 今だけ!京都で新緑の絶景と特別な御朱印

    旅|2017/05/19

    春の桜、秋の紅葉はあまりにも有名な京都だけど、その時期に行ったことのある人はご存じのとおり、観光客の多さに辟易したこともあるはず。桜のピークもGWもひと段落して、ゆったりと観光できるのはまさに今。そして、初夏の京都に欠かせない見どころが「青もみじ」。特にお寺や神社にはあふれる緑のシャワーが心地よく、新しい京都の魅力をまたひとつ発見することができそう。

  • もうるchanのカバンはどこまで長くなる?

    旅|2017/05/18

    インスタグラムをはじめ、大人気のクリエーターPantovisco(パントビスコ)さんが贈る、旅の1コマイラスト。もうるchanとナタマメさんの自由気ままな旅のワンシーン。このふたり(2匹?それとも1匹と1豆?)が見られるのはオズモールだけ!

  • 医師が解説。妊娠中の旅行はアリ?ナシ?

    旅|2017/05/15

    「赤ちゃんが生まれたら、夫婦2人きりで過ごす時間なんて当分つくれない。だったら、今のうちに旅行にも行っておきたい」と考えている妊婦さんもいるのでは? しかし、妊娠中の旅行にはさまざまなリスクが伴うもの。そこで、これだけは知っておきたいポイントを婦人科のドクターが解説。正しい知識を身につけ、守るべき注意点を理解し、妊婦であることを自覚した良識ある行動を心がけながら、ママになる前の貴重な時間を楽しんで

  • 少し遠くの日帰りさんぽ。オズマガジン発売

    旅|2017/05/12

    ぽかぽか陽気の日が続く、お出かけにぴったりの季節です。そんな今日5月12日発売のオズマガジン6月号は「日帰りさんぽ」特集。誌面では1時間くらいで気軽に行ける熱海や葉山あたりから、もう少し遠くまで、東京近郊の12の町をご紹介しています。

  • もうるchan、フェリーの上で想像力を発揮

    旅|2017/05/11

    インスタグラムをはじめ、大人気のクリエーターPantovisco(パントビスコ)さんが贈る、旅の1コマイラスト。もうるchanとナタマメさんの自由気ままな旅のワンシーン。このふたり(2匹?それとも1匹と1豆?)が見られるのはオズモールだけ!

  • 子連れ旅行の宿選び何に気を付ければいい?

    旅|2017/05/11

    子育てをしているママにとって、非日常の場所へ行くことは、毎日がんばるパワーをチャージするうえで必要なこと。だけれど、子供と一緒の旅行は不安や疑問ばかりで、なかなか計画を立てられないママも多いはず。今回ご紹介する260人のママの旅行事情や、旅好きママライターが教える宿選びのアドバイスを参考にして、ママも子供も楽しめる子連れ旅行にでかけてみては?

  • 写真家・村上未知さんの愛する山口のお話2

    旅|2017/05/04

    古くヨーロッパには、「靴は行きたいところに連れて行ってくれる」ということわざがあります。オズモールを作るクリエイターの原点となる、地元の大切な場所を、お気に入りの靴とともに教えてもらいました。地元で暮らし、大切にする原点。その土地への思い――。読者のみなさんと、シェアしていきます。写真家・村上未知さんの故郷「山口県」のお話、後編です。

  • 趣ある洋館とカフェで過ごす、盛岡さんぽ

    旅|2017/05/01

    古くヨーロッパには、「靴は行きたいところに連れて行ってくれる」ということわざがあります。オズモールを作るクリエイターの原点となる、地元の大切な場所を、お気に入りの靴とともに教えてもらいました。地元で暮らし、大切にする原点。その土地への思い――。読者のみなさんとシェアしていきます。今回は、シューズブランド「トートーニー」デザイナー・神田沙耶香さんの好きな町「盛岡」のお話です

  • 写真家・村上未知さんの愛する山口のお話

    旅|2017/04/30

    古くヨーロッパには、「靴は行きたいところに連れて行ってくれる」ということわざがあります。オズモールを作るクリエイターの原点となる、地元の大切な場所を、お気に入りの靴とともに教えてもらいました。地元で暮らし、大切にする原点。その土地への思い――。読者のみなさんと、シェアしていきます。今回は、写真家・村上未知さんの故郷「山口県」のお話です。

  • 箱根で体験。絶景と露天風呂にうっとりの宿

    旅|2017/04/29

    日々ロケハンに出かけたり、個人的に旅をしたりしているOZの編集部にとっては、毎日が新しい発見や出会いに満ちた小さな旅。ページには載らない裏話やエピソードをお届け。今回「オズマガジントリップ」編集部のHとKが訪れたのは、箱根に新しくオープンした温泉旅館「箱根小涌園 天悠」。ひと足先に試泊させてもらいました!

  • もうるchan、ギネスブックに載っちゃうかも

    旅|2017/04/27

    インスタグラムをはじめ、大人気のクリエーターPantovisco(パントビスコ)さんが贈る、旅の1コマイラスト。もうるchanとナタマメさんの自由気ままな旅のワンシーン。このふたり(2匹?それとも1匹と1豆?)が見られるのはオズモールだけ!

  • まさかの!?ナタマメさんに3つ子疑惑が浮上

    旅|2017/04/20

    インスタグラムをはじめ、大人気のクリエーターPantovisco(パントビスコ)さんが贈る、旅の1コマイラスト。もうるchanとナタマメさんの自由気ままな旅のワンシーン。このふたり(2匹?それとも1匹と1豆?)が見られるのはオズモールだけ!

  • もうるchan考案の乙女なファッションとは?

    旅|2017/04/13

    インスタグラムをはじめ、大人気のクリエーターPantovisco(パントビスコ)さんが贈る、旅の1コマイラスト。もうるchanとナタマメさんの自由気ままな旅のワンシーン。このふたり(2匹?それとも1匹と1豆?)が見られるのはオズモールだけ!

  • 4月15日(土)は鎌倉でお会いしましょう。

    旅|2017/04/13

    「会いに行きたい鎌倉の味」を、じっくり味わう歌ができました。2015、2016年と2年連続で鎌倉を舞台にオズマガジンとのコラボソングを生み出してきた、小川コータ&とまそん。今年はアンケートで集まった「鎌倉の味」をテーマに、じんわりと心に沁みて、ごはんがもっとおいしくなる、美味な1曲が生まれました!その名も「ふらっと」。思わず口ずさみたくなるような親しみのある歌詞はオズマガジンP83に掲載中

  • パン好き注目の鎌倉・三浦半島を自転車で

    旅|2017/04/12

    素敵なパン屋さんは案外駅から離れた場所にあったりするもの。いいパンを求めて西へ東へ、真のパン好きは今自転車に乗り始めています。しかも最近、三浦半島、それも鎌倉近辺を巡るのが面白いのだとか。その理由と巡ったお店・三浦半島の豊かな景色を、自転車好きの集まるサイト・FRAME編集長の山祥ショウコさんが体験レポート。さらにこれを踏まえ、4月と5月には特別な体験ワークショップが控えているそう。ぜひ参加してみて。

  • 思い立ったが鎌倉日和。オズマガジン最新号

    旅|2017/04/12

    毎年恒例の春の鎌倉特集です。オズマガジンは今年で創刊30周年、そして鎌倉を毎年特集するようになって10年以上が経ちました。観光地としての側面と、地元の人の日々の暮らしのゆったりとした空気。どちらもを味わえるこの町は、何度訪れても飽きない人を惹きつける力があるなあと思います。海も山も、お寺もお花も。もちろんおいしいごはんにおやつも欠かさずに。今年もじっくり大特集した鎌倉特集の誌面を、今日は編集部員クリヤマがダイジェストでお届けします。ぜひのぞいてみてください。

  • 大人も夢中。絵本に浸れる岡山の本屋さん

    旅|2017/04/08

    知らない町に迷い込むのと、本屋さんで心を遊ばせるのは、どこか似ている気がする。そして、旅先で出会った本の一節はなぜか、いつも以上に心に残ったりもする――。全国の町の味わい深い本屋さんが、旅のお供におすすめの1冊を教えてくれる不定期連載。大阪府大阪市の「FOLK old book store」の吉村さんがご紹介くださったのは、岡山県玉野市のこちらです。

関連カテゴリ一覧

TOP