女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


このページの記事は、2014/08/05に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。
  • バックナンバー
  • おいしいグルメイイトコドリ
  • ほめられ土産イイトコドリ
  • OZの女子旅TV
日本のイイトコドリップ

和歌山・熊野 神々トリップ 再生の地で新しい私に出会う旅

和歌山・熊野 神々トリップ
和歌山・熊野 神々トリップ
和歌山・熊野 神々トリップ
前の写真
次の写真

だから行く和歌山・熊野 神々トリップ

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録されたのが2004年7月。
この参詣道というのが、あの「熊野古道」。簡単にいうと、
神社やお寺にお参りするために、昔の人が一歩一歩、祈りを胸に歩いた道のこと。
熊野本宮大社、熊野那智大社など、3社1寺にこの道は続いていて、今もなお、そこにある。
ちょっとだけ歩いてみる。 私の先には延々と続く石畳。包み込むように茂る木々。
足に伝わる石畳の感触や萌えたつ草花の香りを、たどるように感じている。
歩くほどに無になる感覚…。からっぽになるのもたまにはいい。
熊野は今も、人々を癒す力に満ちている。

東京女子のココロが動く、まだまだ知らない日本各地の“イイトコロ”をOZの女子旅プロデューサーが抽出。そこでの楽しみ方、東京女子が“めざして行くべき”モノコトスポットの新定番をご提案。
めざして行くべき【食】おいしいモノ 【体】体験モノ【買】褒められ土産・ご褒美【癒】癒されスポット 【見】見るモノ&女子的フォトスポット【泊】こだわり宿
OZの女子旅TV

Let's イイトコドリップ

  • 【体】古の人々になり切ってみる
  • 【体】護摩木にお願いごとを綴ります
  • 【体】巡礼の道・熊野古道を語り部さんと歩こう

古の人々になり切ってみる

立ち止まってみると、豊かな自然のパワーを感じる

写真左
写真上
【食】Groumet

大門坂茶屋だいもんさかちゃや

熊野詣でが最も盛んだった平安時代。古の人々の神々への思いを追体験しながら巡るなら、大門坂入口にある「大門坂茶屋」で平安衣装をレンタルしてみて。衣装を着たまま大門坂、熊野那智大社、那智の滝を巡ることができる。着付けは店主・宮本照代さんたちがしてくれるので、初心者でも安心。

TEL 0735-55-0244 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山392 営業時間/9:00~16:00 料金/夫婦杉付近散策コース2000円、那智山散策コース(那智大社、青岸渡寺、那智の滝)3000円 カード不可 アクセス/JR紀伊勝浦駅より那智山行きバスで大門坂駐車場下車、徒歩10分

祈りを通じて、自分と向き合おう

護摩木にお願いごとを綴ります

写真左
写真上
【体】Experience

熊野那智大社・樟霊社くまのなちたいしゃ・くすのきれいしゃ

熊野那智大社の拝殿横に植えられた樹齢850年余りの楠の大木は、古来樟の精にあやかった樟霊社である。護摩木に願いごとと名前を書いてから、根元にある空洞を通り抜ける「胎内くぐり」をすると、無病息災や長寿を祈願できる。初穂料は300円。護摩木は護摩舎に納めると焚き上げ祈願をしてくれる。

TEL 0735-55-0321 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 拝観時間/5:30~16:30(宝物殿は8:30~16:00) 拝観料/無料(宝物殿は入館料300円) アクセス/JR紀伊勝浦駅より那智山行きバスにて、終点下車徒歩15分

巡礼の道・熊野古道を語り部さんと歩こう

気付かなかった発見がいっぱい!

写真左
写真上
【体】Experience

熊野・那智ガイドの会くまの・なちがいどのかい

全国各地から熊野三山へと向かう参詣道の総称である熊野古道。霊場巡りは語り部さんと歩くこともできる。世界遺産に登録された史跡や歴史、文化だけでなく各地に伝わる神話や伝説、動植物まで教えてくれる。熊野を学ぶことで、神々が生まれた自然のありがたさをより深く感じられそう。

TEL 0735-52-5311(那智勝浦町観光協会) 料金/大門坂コース(約40分)3000円※個人料金2000円 カード不可
  • SceneNaviStart.png
  • SceneNaviIcon01.jpg
  • SceneNaviIcon02.jpg
  • SceneNaviIcon03.jpg
  • SceneNaviIcon04.jpg
  • SceneNaviIcon05.jpg
  • SceneNaviIcon06.jpg
  • SceneNaviIcon07.jpg
  • SceneNaviIcon08.jpg
  • SceneNaviIcon08.jpg
  • SceneNaviIconTV.png

元気になれる体験「Meguru」

祈りの回数の記憶である、ご朱印集めをしてみる!

社寺を参拝した証として、初穂料(300円程度)をお納めするといただけるご朱印。熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を巡礼して、神々のパワーを感じたら、ぜひ、いただいてみて。ご朱印は専用のご朱印帳を購入して記入してもらうのが正しい作法。3大社ごとにイラストが違う美しいご朱印帳は、それぞれのシンボルが描かれたオリジナル。旅の思い出を刻もう!

写真
写真

熊野三山とは?

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智山 青岸渡寺の総称。和歌山県南東部に集まり、熊野古道 中辺路で結ばれている。熊野詣でとは、この3社と1寺を巡礼することで、日本人の旅の始まりと言われている。

写真

熊野本宮大社くまのほんぐうたいしゃ

熊野三山の中で、京の都から中辺路をたどると最初に出合う社。注連縄がかけられた神門を潜ると、向かって左から夫須美大神、速玉大神、中央に主神の家津美御子大神、右に天照大神が。古式ゆかしい佇まいは身が引き締まる思いに。

TEL 0735-42-0009 和歌山県田辺市本宮町本宮1110 拝観時間/8:00~17:00(宝物殿は9:00~16:00) 拝観料/無料(宝物殿は入館料300円) アクセス/JR新宮駅より本宮大社方面、八木行きバスで、本宮大社前下車すぐ

写真

熊野速玉大社くまのはやたまたいしゃ

熊野川河口に鎮座する熊野速玉大社は、鮮やかな朱塗の鳥居や社殿が美しい社。主祭神の熊野速玉大神と熊野夫須美大神が夫婦神として祀られているため、縁結びのご利益もあるそう。神宝館に収蔵されている国宝もチェックしたい。

TEL 0735-22-2533 和歌山県新宮市新宮1 拝観時間/5:30~18:00(神宝館は9:00~16:00) 拝観料/無料(神宝館は入館料500円) アクセス/JR新宮駅より徒歩17分

写真

熊野那智大社くまのなちたいしゃ

那智山の中腹に立つ。主祭神の熊野夫須美大神、自然崇拝の起源とされる別宮・飛瀧神社のご神体で133mの落差を誇る那智の瀧を加えた十三所権現を祀る。境内には神武天皇を道案内した八咫烏が姿を変えたと言われる烏石なども。

TEL 0735-55-0321 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 拝観時間/5:30~16:30(宝物殿は8:30~16:00) 拝観料/無料(宝物殿は入館料300円) アクセス/JR紀伊勝浦駅より那智山行きバスで、終点下車徒歩15分

写真

那智山 青岸渡寺なちさん せいがんとじ

熊野那智大社の朱塗りの拝殿横に立つ那智山 青岸渡寺は、岐阜県・華厳寺まで33寺を巡る西国三十三カ所の第1番札所。豊臣秀吉が再建した本堂後方にある朱色の三重の塔は、那智の滝との調和が美しい、人気スポットになっている。

TEL 0735-55-0001 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8 拝観時間/5:00~16:30(三重塔は8:30~16:00) 拝観料/無料(三重塔は拝観料300円) アクセス/JR紀伊勝浦駅より那智山行きバスで、終点下車徒歩15分

和歌山・熊野グルメイイトコドリ

名水で作る、軽やかな口どけのかき氷

名水百選に選ばれた古座川の名水を72時間かけて凍らせた、純氷で作るかき氷は、口に含むとふわりとなくなる軽やかな食感。12種類のシロップやあずき餡など、カキ氷に使うものはすべて手作り。全国からファンが訪れる絶品かき氷を味わって。

仲氷店なかこおりてん
TEL 0735-21-5300 和歌山県新宮市新宮551-12 営業時間6~10月7:00~20:00、11~5月8:00~18:00 無休 カード不可 アクセス/JR新宮駅より徒歩14分
写真写真

見た目もかわいい棒付きのすいか氷200円(左下)。シロップは2色選べる。和歌山の名産・ジャバラをシロップにしたジャバラ金時400円(上段右から3番目)

ほっこり和む空間で手作りスイーツを

祖父の店を改装してオープンしたカフェ。気分が晴れない雨の合間に楽しめる遊び場になってほしいという意味を店名に込めたそう。内装も家具の一部もスイーツも、店主・鳥羽山恭兵さんのお手製。温かみのある店内で楽しいひとときを過ごして。

cafe アマアイカフェ アマアイ
TEL 0735-52-0181 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地5-2-10 営業時間11:30~深夜0:00(23:30LO) 水・第1木定休 席数24 カード不可 アクセス/JR紀伊勝浦駅より徒歩5分
写真写真

グレープフルーツのレアチーズ600円は、地元茶園の無添加茶葉を使う色川ほうじのチャイ600円と好相性。セットは200円引きに

新鮮な魚介を贅沢に使う創作料理が人気

親子2代で営むこちらの食事処では、毎朝、使う分だけ仕入れる新鮮魚介や直接農家から届けられる地場産野菜を使った創作和食をいただける。腕を振るうのは、父親の谷諭さん。生マグロを揚げた中とろカツなど、ユニークなメニューが評判。

bodaiボダイ
TEL 0735-52-0039 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地5-1-3 営業時間/ランチ11:00~14:00(13:30LO) ディナー17:00~23:00(22:30LO) 火定休 席数24 要予約 アクセス/JR紀伊勝浦駅 よりすぐ
写真写真

勝浦漁港で獲れる生マグロを使う鮪中とろカツ定食1500円は看板メニュー。外はさっくり中はとろり。新食感のマグロ料理を楽しめる

和歌山・熊野みやげイイトコドリ

写真

新宮の鉄板みやげと言えば鈴焼。上品な甘さとふんわり感がたまらない/鈴焼※値段は要問い合わせ※ご贈答用あり 香梅堂TEL 0735-22-3132にて販売

写真

パティシエ・辻口博啓さんが手がけた熊野三山の詣菓子。パッケージに熊野三山の注連縄をイメージした第2弾のガトーショコラは和歌山産みかんが隠し味に/詣菓子 熊野の絆(5個入り)1080円 熊野本宮大社TEL 0735-42-0009ほか熊野三山周辺のみやげ物店などで販売

写真

熊野の森で育った木から抽出した「熊野の香り」。天然のアロマオイルに癒されて。クロモジの枝ディフューザー付き/熊野の香りシリーズ熊野杉 Shibaharaアロマオイル5㎖(杉木箱入り・クロモジ枝付き)2600円 エムアファブリースーパーセンターオークワ南紀店TEL0735-31-8905、または、HPにて販売

和歌山・熊野ステイイイトコドリ

写真

緑豊かな吉野熊野国立公園内の狼煙山半島を宿泊施設にした大型ホテル。敷地内には6カ所の源泉が湧き、ホテル内で温泉巡りを楽しめる。おすすめは、岩窟の源泉を引いた「洞窟温泉 忘帰洞」。ほおに潮風を感じながら雄大な太平洋を望める。

ホテル浦島ホテルうらしま
TEL 0735-52-1011 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2 料金/2名1室1人10800円~※別途入湯税150円必要 アクセス/JR紀伊勝浦駅より桟橋まで徒歩7分、桟橋から専用船で約5分
写真

勝浦港より専用船で渡る、一島一館の天然温泉宿。エメラルドグリーンや紺碧に変わる海を望める露天風呂など、源泉掛け流しの温泉が評判。施設内で海釣りができるのも島ならでは。釣った魚は夕食時に調理してくれる嬉しいサービスも。

ホテル中の島ホテルなかのしま
TEL 0735-52-1111 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1179-9 料金/2名1室1名11110円~※別途入湯税150円必要 アクセス/JR紀伊勝浦駅より桟橋まで徒歩7分、桟橋から専用船で約3分
写真

那智湾の海岸沿いに立つ温泉宿。自慢は、庭園露天風呂「滝見の湯」。目の前に広がる大海を望めるだけでなく、世界遺産に登録された神々しい那智の山々を一望できる。天気がよい日には那智の滝を楽しめる、絶好のロケーションが魅力。

かつうら御苑かつうらぎょえん
TEL 0735-52-0333 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦216-19 料金/朝夕バイキングプラン2名1室1人14040円~※別途入湯税150円必要(1泊2食付き※8/11~15除く) アクセス/JR紀伊勝浦駅より徒歩8分

OZの女子旅プロデューサーが見つけた褒められ“イイね”

熊野旅行の計画を立てるときは、那智勝浦町で9/14~12/13に開催する「那智勝浦バル」(問/那智勝浦町観光地魅力アップ推進委員会TEL 0735-52-0555)など、イベントと絡めるのもおすすめ♪(女子旅プロデューサー/アヤヤ)

熊野詣で神々のパワーを感じたらおみくじを引いて運試しを♪ 熊野那智大社には、神さまの使いであるかわいい八咫烏のおみくじなどが。縁結び祈願なら「結宮 えん結びの糸」をいただいて!(女子旅プロデューサー/ナオコ)

和歌山・熊野 トリップMAP

OZの女子旅プロデューサーが、東京女子に向けて抽出した新定番の女子旅“イイトコドリップ”。
和歌山・熊野のイイトコロをイイトコドリする女子旅に、出かけてみよう。

Kumano kodo Data

紀伊半島の西南部に位置する和歌山県。変化に富んだ美しい山々や豊かな海岸線に恵まれ、古来より自然信仰が生まれた地として有名。和歌山県は、3つのエリアに分かれており、紀南エリアには、世界遺産に登録された熊野古道や熊野三山がある。平安時代より現代に至るまで、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智山 青岸渡寺)を巡礼する熊野詣が盛ん。その参詣路である熊野古道には全国から観光客が訪れている。

Trip Plan

2泊3日で和歌山 熊野へ
日常にちょっと疲れたな…と思ったら、飛行機に飛び乗って、神々が待つ地、和歌山・熊野へ。大自然に抱かれて、心も体もリセットしよう!

1日目
7:30
羽田空港から出発
8:50
南紀白浜空港に到着
9:00
レンタカーを借りて移動
10:30
熊野本宮大社に参拝
12:30
勝浦到着
紀伊勝浦駅そばのカフェでランチ
14:00
海を眺めてのんびり
15:30
ホテルで温泉三昧
2日目
9:00
那智山に向けて出発
9:30
熊野那智大社と那智山青岸渡寺に参拝
11:00
那智の滝に感動
12:00
熊野那智大社周辺でランチ
13:30
大門坂茶屋で平安衣装にお着替え
14:00
写真を撮って熊野古道大門坂を歩く
17:00
疲れた体を温泉で癒す
3日目
9:00
宿出発
10:00
熊野速玉大社に参拝
11:00
新宮の町をぶらぶら、ランチ
13:30
神倉神社の石段にチャレンジ
14:30
仲氷店でかき氷
15:30
銘菓を買って帰路へ
18:00
レンタカーを返して東京へ

Access

東京から熊野本宮大社まで、飛行機なら羽田空港より南紀白浜空港まで約1時間20分、空港より新宮行きバス「快速 熊野古道号」で熊野本宮大社まで約2時間25分、本宮大社前下車すぐ。新幹線ならJR東京駅より東海道新幹線でJR名古屋駅まで約1時間40分、JR名古屋駅よりJR新宮駅まで約3時間25分、JR新宮駅より白浜空港方面バスで約50分、本宮大社前下車すぐ

スマホを持って旅に出よう

ここに行きたい、これ食べたい!
旅のきっかけはPCで、旅に出るときはスマホを持って。
女子旅のお約束、スマホを持って旅に出よう。
友達への共有やお誘いも、イイトコドリップ スマートフォンページで。

closingPhoto01.jpg

和歌山デスティネーションキャンペーンスタート!
さぁ今こそ和歌山へ!

今年は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」登録10周年! そこで「和み、和らぐ。和歌山からはじまる旅。」をキャッチフレーズに、和歌山デスティネーションキャンペーンを実施します。世界遺産、高野・熊野はもちろん、食、温泉など、和歌山には日本人の心を和ませる楽しみがたくさん! キャンペ―ン中は、各エリアでさまざまなイベントも実施中。ぜひこの機会に和歌山へ!

詳細はコチラ

「日本のイイトコドリップ」×エースJTB

「日本のイイトコドリップ」で旅した場所に気軽に行けるコラボプランがスタート。 「紹介された宿やスポットに行ってみたい!」なんて声をかなえる、嬉しいプラン♪ 旅行日数をカスタマイズできるプランや、滞在中のレンタカー利用の有無や観光場所を選べる自由度が高いプランがたくさん! 都合に合わせてお気に入りの女子旅プランを作っちゃおう。日本の魅力を再発見する“イイトコドリップ”にぜひ出かけてみて!

和歌山トリッププランの詳細はコチラ
撮影/佐野学 モデル/吉田友理、斎藤有沙 ヘアメイク/中島由起子 スタイリング/武者こずえ 取材・文/小竹あき(Pea Green)

ジャケット19440円、シャツ11880円、キュロットパンツ12960円、リュック9504円/以上、ヘリーハンセン(ヘリーハンセン原宿店TEL 03-6418-9669) 帽子6048円/カンゴール(Kurihara Corporation TEL 03-3499-3047) シューズ、ソックス、バンダナはスタイリスト私物
パーカ11800円、シャツ12960円、パンツ9504円、リュック7560円、帽子3024円/以上、ヘリーハンセン(ヘリーハンセン原宿店TEL 03-6418-9669) シューズ、スパッツ、ソックスはスタイリスト私物


TOP