【京都×スイーツ】かわいくておいしい!烏丸御池~河原町エリアで話題のスイーツショップ

京都

碁盤の目の中にレストランやカフェ、ショップなどが集まり、京都の中心部とも言える烏丸御池~河原町エリア。歩ける範囲に魅力的なスポットが点在するから、いろいろなお店をハシゴするのも楽しい。この記事では、手織り菓子が愛らしい甘味処、工房が見えるドーナツ店、和洋折衷が楽しめる町家カフェまで、話題のスイーツショップ3店をご紹介

更新日:2020/05/27

上/見た目も愛らしい手織り菓子1944円。一保堂茶舗のいり番茶付き 下/ガラスごしに坪庭を望む1階席。2階にも席がある 右下/町家の通り庭部分では、お茶や雑貨などを販売

小さなお菓子を組み合わせて自分だけの味を作ろう

オリジナル寿司で人気の「AWOMB」が甘味処をオープン。こちらの看板メニューが手織り果子。約40種類もの素材で作る寒天や餡、くず餅などが整然と並ぶ。そのまま食べるほか、添えられた白味噌のソフトクリームをつけたり、クレープ生地で包んだりと楽しみ方は自由。何通りにも変化する味わいを試して。

AWOMB こころみ

アウーム こころみ
TEL.075-203-6811
住所/京都府京都市中京区蛸薬師通新町東入ル姥柳町189
営業時間/11:00~18:00(17:00LO) 土・日・祝~20:00(19:00LO)※短縮営業の場合あり
定休日/無休
予約/不可
カード/可
アクセス/地下鉄烏丸線四条駅または阪急京都線烏丸駅より徒歩7分

上/イートイン限定のドーナツメルト・ストロベリー918円 は生地が驚くほどしっとり 左下/店内は隈研吾氏が設計 右下/ピスタチオ302円、金ごまオールドファッション302円などドーナツは約20種類

工房を眺めつつできたてを味わう ライブ感たっぷりのドーナツ店

ライフスタイルブランド「koe」が初めて手がけたドーナツショップ。体にも環境にもやさしい"エシカル"をテーマに厳選した食材を使い、小麦粉の製粉から配合、揚げ・焼きあげまで店内で行う。赤シソのアイシングや五色豆のトッピングなど、ポップな見た目のドーナツは、香りや甘みといった素材の持ち味もしっかり感じられる。

koe donuts kyoto

コエ ドーナツ キョウト
TEL.075-748-1162
住所/京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町557
営業時間/8:00~20:00(19:30LO)
定休日/無休 
予約/不可
カード/可
アクセス/阪急京都線河原町駅より徒歩3分

上/ほうじ茶×きな粉÷ダークチョコのパフェ1940円はブラウニーや黒蜜ゼリーがたっぷり。1日10食限定 左下/町家の構えとモダンな店内のギャップも楽しい 右下/抹茶KYOTO店オリジナルパンケーキ1560円

築100年以上の町家カフェで和洋折衷のもてなしを楽しむ

ふわふわ生地のパンケーキで知られる大阪発のカフェ。築100年余りの町家を利用した店内は、意外にもピンク色の壁とデザイン家具を配したモダンなダイニング空間。抹茶生地のパンケーキ、ほうじ茶や抹茶のパフェといった京都限定のスイーツも、和洋が絶妙にミックスしている。和ランチプレートほかフードも充実し、使い勝手抜群。

MICASADECO&CAFE KYOTO

ミカサデコ&カフェ キョウト
TEL.075-606-5307
住所/京都府京都市中京区麩屋町通蛸薬師下ル梅屋町480
営業時間/9:00~19:00(18:00LO)
定休日/無休
予約/可
カード/可
アクセス/阪急京都線河原町駅より徒歩8分

新しい旅が見つかる!OZmallの京都特集

この記事をもっと詳しく!OZmagazineTRIPの「秋の京都へ」をチェック

オズマガジントリップ「秋の京都へ」に掲載中。秋の京都旅で参考にしたい、混雑を避けてスムーズに楽しむための話題スポットの狙いめタイムや、エリア別のめぐり方アドバイスを紹介しています。紅葉名所や注目の新店まで、秋の京都を思う存分満喫できる情報がいっぱいなので、雑誌も合わせてチェックしよう!

OZmagazineTRIP「秋の京都へ」特集
発売日/2019年9月7日(土)
価格/700円
販売場所/全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売
ホームページ
京都特集号を見る
OZmallの京都特集

随時更新中!旅マエも旅ナカもお役立ちのOZmallの京都特集

京都は何度行っても新鮮な出会いがある町。まだあなたの知らない京都の魅力が満載の京都特集では、新しいもの・おいしいもの・かわいいものをたくさんご紹介しています。観光地など定番スポットから、喫茶店やカフェ、パン屋さん、宿泊やレストランの予約まで、実用情報も完備で、旅マエのプランニングにも旅ナカのスポット探しにもお役立ち!

ホームページ
特集を見る

PHOTO/TAKUYA OSHIMA, ERI SUGISAWA, KANAKO TAKIMOTO, TAMAMI TSUKUI WRITING/EIKO HIRATA

※OZmagazineTRIP(2019年9月7日発売)の情報を転用して掲載しています。掲載情報は、2019年9月10日現在のものです。その後、変更が生じる場合があります。また各店の営業時間や定休日などは時期によって変わる場合もありますのでご了承ください

  • LINEで送る