【京都×グルメ】ジャンル多彩!名店ひしめく祇園四条エリアのおすすめ夜ごはんスポット

京都

京都旅の楽しみのひとつが、夜ごはん。観光スポットが立ち並び、風情ある町並みが残る祇園には、名店と呼ばれるグルメスポットもあちこちに。この記事では数ある飲食店中から、おいしいのはもちろん、女性同士でも居心地がよくてアクセス便利なお店を編集部がセレクト! お見せ選びの参考になる予算も合わせてご紹介します

更新日:2020/06/26

上/黒毛和牛ひつまぶし・上3024円。宇治産米ごはん、京野菜の酢漬けとともに味わって 下/調理風景が見られるカウンター席が中心

京都産の黒毛和牛を使用した新感覚のひつまぶしの店が2018年11月にオープン。やわらかく適度に脂がのった赤身肉を堪能できる。まずはお肉と自家製ダレで、次にネギやワサビなど薬味で味わい、最後は魚介だしでお茶漬け風にさっぱりと。

肉まぶし専門店 稀

にくまぶしせんもんてん まれ
TEL.075-531-0777
住所/京都府京都市東山区祇園町北側338-1 川長ビル1F
営業時間/11:00~15:00、17:00~21:00(20:30LO) 土・祝前日11:00~21:00(20:30LO) 日・祝11:00~18:00(17:30LO)
定休日/不定休
予約/可
カード/可
予算/2000円~
アクセス/京阪本線祇園四条駅より徒歩5分

上/おてがる膳3240円。醤油漬けの卵黄を汲み上げゆばと合わせ、ごはんにのせるゆばめしなど6品が付く 下/テーブル席や座敷席がある

京都産の厳選大豆と美山の水を使ったゆばが満喫できる「美山ゆばゆう豆」の直営店。おてがる膳は、トロッと甘みのある汲み上げゆばを使ったゆばめしをはじめ、揚げ物や蒸し物などゆば尽くしの料理がずらり。ヘルシーなのも嬉しい。

ゆば料理 東山 ゆう豆

ゆばりょうり ひがしやま ゆうず
TEL.075-532-1019
住所/京都府京都市東山区祇園町南側570-218
営業時間/11:00~15:00(14:00LO)、17:30~21:30(20:30LO)
定休日/木
予約/可
カード/可
予算/3300円~
アクセス/京阪本線祇園四条駅より徒歩7分

おかる
上/牛肉と九条ネギの食感も楽しい肉カレーうどん960円など全9種。ほどよいスパイシーさが◎ 下/舞妓さんたちも足しげく通う人気店

カレーうどんで知られる創業90余年の老舗。フランス産のカレー粉と葛あんで作るカレーうどんは、利尻昆布やサバなど4種の削り節のだしを使用することで風味豊かな味わいに。箸で持ち上げると切れてしまうほどやわらかいうどんも特徴。

おかる

TEL.075-541-1001
住所/京都府京都市東山区八坂新地富永町132
営業時間/11:00~15:00、17:00~翌2:30 金・土17:00~翌3:00 日11:00~15:00
定休日/無休
予約/不可
カード/不可
予算/800円~
アクセス/京阪本線祇園四条駅より徒歩5分

上/パクチー、ネギ、ニラ入りの鶏肉フォー950円は、お好みで卓上の唐辛子をプラスしても 下/路地裏に佇むアジアンテイストの店

女性店主が、ベトナム、タイ、台湾などアジア各地のローカルフードをアレンジ。人気の鶏肉フォーなど、やさしい味わいの料理に癒される。夜はワンドリンクオーダー制で、蒸し魚のライスペーパー手巻きなどお酒にぴったりのメニューも。

アジアの料理 たけふさ

アジアのりょうり たけふさ
TEL.075-561-0170
住所/京都府京都市東山区祇園町北側323祇園会館南側1F
営業時間/11:30~14:30(LO)、18:00~22:00(LO)
定休日/不定休
予約/可
カード/不可
予算/1500円~
アクセス/京阪本線祇園四条駅より徒歩10分

シャンパンとBistro Gyoza KuRuMu
上/カモネギ529円、ラム茄子594円、フォアグラオマール745円の焼餃子と、水餃子・海老セロ486円 下/写楽の絵が印象的な空間

フレンチの1皿を餃子に仕立てたビストロ餃子のお店が2019年2月に登場。豚肉とエビのテリーヌをモチモチの皮で包んだ焼餃子、海老とセロリをビスクスープで味わう水餃子など、多彩な餃子が10種類。日本酒スパークリング810円で乾杯を。

シャンパンとBistro Gyoza KuRuMu

シャンパンとビストロ ぎょうざ クルム
TEL.075-533-0385
住所/京都府京都市東山区富永町111-2 第2フェニックスビル1F
営業時間/18:00~翌2:00(LO)
定休日/日
予約/可
カード/可
予算/3500円~
アクセス/京阪本線祇園四条駅より徒歩3分

小鍋屋いさきち
上/プリプリとした食感の京赤地鶏を使用した、九条ねぎととり1800円。黄金色の特製だしがクセになる 下/祇園の風情ある路地に佇む

名物は1人前仕立ての鍋で、昆布とカツオのやさしいだしが体に染みわたる。白才菜とぶたや、生姜の利いた特製だしで味わうゆばなべなど季節を感じる小鍋が約15種類。生麩の揚出しやあんかけなど、京都ならではの一品料理も豊富に揃う。

小鍋屋いさきち

こなべやいさきち
TEL.075-531-8803
住所/京都府京都市東山区新門前通大和大路東入西之町232-5
営業時間/18:00~翌3:00(翌2:30LO)
定休日/日・祝
予約/可
カード/不可
予算/5000円~
アクセス/京阪本線祇園四条駅より徒歩6分

新しい旅が見つかる!OZmallの京都特集

この記事をもっと詳しく!OZmagazineTRIPの「秋の京都へ」をチェック

オズマガジントリップ「秋の京都へ」に掲載中。秋の京都旅で参考にしたい、混雑を避けてスムーズに楽しむための話題スポットの狙いめタイムや、エリア別のめぐり方アドバイスを紹介しています。紅葉名所や注目の新店まで、秋の京都を思う存分満喫できる情報がいっぱいなので、雑誌も合わせてチェックしよう!

OZmagazineTRIP「秋の京都へ」特集
発売日/2019年9月7日(土)
価格/700円
販売場所/全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店などで発売
ホームページ
京都特集号を見る
OZmallの京都特集

随時更新中!旅マエも旅ナカもお役立ちのOZmallの京都特集

京都は何度行っても新鮮な出会いがある町。まだあなたの知らない京都の魅力が満載の京都特集では、新しいもの・おいしいもの・かわいいものをたくさんご紹介しています。観光地など定番スポットから、喫茶店やカフェ、パン屋さん、宿泊やレストランの予約まで、実用情報も完備で、旅マエのプランニングにも旅ナカのスポット探しにもお役立ち!

ホームページ
特集を見る

PHOTO/AYUMI OSAKI, YOKUKE TANAKA, RYUJI MISAWA WRITING/NARUMI AKIBA, NAOMI TERAKAWA, MAYUMI AKAGI

※OZmagazineTRIP(2019年9月7日発売)の情報を転用して掲載しています。掲載情報は、2019年9月10日現在のものです。その後、変更が生じる場合があります。また各店の営業時間や定休日などは時期によって変わる場合もありますのでご了承ください

  • LINEで送る