Vol.3 「ホテル雅叙園東京」が一流ホテルと呼ばれる理由

Vol.3 「ホテル雅叙園東京」が一流ホテルと呼ばれる理由

一度は泊まってみたいラグジュアリーホテルの魅力を、OZmall編集部が徹底解剖。第3回目は、日本文化の贅を尽くしたラグジュアリーホテル「ホテル雅叙園東京」の伝説を大特集。東京都指定有形文化財の「百段階段」や、一見の価値がある“再現化粧室”、現存する最古の回転テーブルのある中華レストランなど、まるで美術館のようにきらびかやかなホテルの魅力をご紹介。OZ限定のスペシャルプランも見逃さないで

更新日:2018/04/26

「ホテル雅叙園東京」の5つの魅力

魅力1
昭和の竜宮城

まるで美術館に迷い込んだよう
日本美のミュージアムホテル

石川県出身の創業者・細川力蔵氏が1928年(昭和3)年、庶民が気軽に利用できる料亭として創業。名前の由来は「教養人・趣味人が一日中いても飽きない場所」を意味する“文雅叙情(ぶんがじょじょう)”で、「誰もがお大尽気分を味わえる空間」がコンセプト。華やかな美人画、花鳥画、浮き彫り彫刻や、キラキラとした蝶貝が黒塗に映える螺鈿(らでん)細工などで装飾された館内は「昭和の竜宮城」と呼ばれて人々の憧れの場所に。現在でも館内には700点以上もの芸術作品が配され、まるで美術館に迷い込んだよう。華族の令嬢気分に浸れること間違いなしの空間で、ゴージャス&クラシカルな世界におぼれてみたい。

魅力2
お部屋

ホテル通をも魅了する贅沢な空間
全室が80㎡以上のスイートルーム

広大なエントランスから、螺鈿細工で美しく装飾された美術品のような専用エレベーターで行き着く先は、静寂さに包まれたゲストルームフロア。すべて80㎡以上のスイートで構成される全60部屋のラグジュアリー空間は、ホテル通をも魅了する贅を尽くした空間。魅力のひとつであるバスルームには、全客室にジェットバス、スチームサウナ、テレビを完備し、和洋室には大理石、和室には檜のバスタブが。ゆったりとジェットバスに浸かれば、まるで東京から遠く離れたリゾートでくつろいでいるかのよう。施設から一歩も外に出たくなくなる「おこもり」滞在を楽しんで。レディースプランも用意。

魅力3
百段階段

専任ガイドの解説付きツアーも
一度は体験したい、昭和初期の文化遺産

ホテル雅叙園東京でぜひ訪れたいのが「百段階段」。旧3号館として昭和10年に建築された館内唯一の木造建築で、ケヤキで作られた99段もの階段廊下をもつことからこの名前が。階段廊下の南側には7つの部屋があり、絵や彫刻で装飾された極彩色の世界は、訪れた人を感動の極みに。東京都の有形文化財(建造物)に指定されており、「百段階段」とコラボレートした展覧会などのイベント時以外は非公開。宿泊ゲストには、展覧会ご優待などの嬉しい特典も。また、ランチやディナーとセットになった見学ツアーが定期的に開催され「どんな質問にも答えられる」と評判の、当時を知る「専任ガイド」による情感たっぷりな解説も人気。

魅力4
レストラン

現存する最古の回転テーブルも
歴史を感じる人気の中国料理店

ホテル雅叙園東京のメインダイニングのひとつ「中国料理 旬遊紀」。アイデアマンだった創業者・細川力蔵氏は、着物姿で大皿の中国料理を取り分ける不便さを見て、今では中国料理店でお馴染みの円形のターンテーブルを取り入れた。太宰治の短編小説『佳日』に「目黒の支那料理屋で結婚式が・・・」と描写された料理店も目黒雅叙園といわれ、昭和18(1943)年には同作品の映画の撮影も行われた。そのシーンにも回転テーブルが登場している。現存する最古の回転テーブルはその後修復され、豪華絢爛な個室「玉城(ぎょくじょう)の間」で今も活躍中。食べることで健康でいてほしいという「食医同源」の思いがこもった料理を、華々しい歴史に思いを馳せながら味わってみたい。

魅力5
その他

カメラ持参で行列ができる「再現化粧室」。華麗な漆芸、有名作家による天井画や鮮やかな朱塗りの橋など贅を極めたプライベートな空間は、必見。

出雲大社の流れをくむ本格神殿。昭和13年頃には衣装や美装、写真室までを備える日本初の総合結婚式場に。

全室スイートのゲストルーム「和室」のバスルームは檜風呂のジェットバス。かぐわしい檜の香りに癒され、湯船に身を横たえながら心と体を回復する真のリラックスを。

7mの滝はパワーに満ちた風水スポットとしても人気。庭園から滝の裏側を回る“胎内巡り”もおすすめ。水縁には茅葺屋根が風情にあふれる日本料理「渡風亭」も。

滞在の朝は「エグゼクティブラウンジ」で朝食ブッフェ。和洋ブッフェのほか、揚げワンタン、千切りレタスなどがトッピングされた自慢の中華粥はぜひ賞味を。

ホテル雅叙園東京(東京都/目黒)

ホテル雅叙園東京(東京都/目黒)

1928(昭和3年)料亭として創業。絵画や螺鈿細工を配した豪華絢爛な内装は「昭和の竜宮城」と呼ばれ、東京都の指定有形文化財「百段階段」からも豪奢な色彩空間が忍ばれる。館内には全60室のゲストルームが設けられ、すべてが80㎡以上のスイート。檜や大理石のジェットバスをも備えた空間は、静寂とともにゲストを癒しの世界へ。「百段階段」の見学など芸術文化も楽しむ、非日常の滞在が約束される。

住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
電話番号:03-5434-3837
アクセス:【電車】JRほか「目黒駅」より徒歩3分 【車】首都高速2号線「目黒ランプ」より約3分

▼おすすめプランPICKUP
【OZ限定☆女子会プラン】贅沢なラグジュアリーステイを満喫♪女子に嬉しい朝食&ゆったり13時レイトアウト付プラン
2名1室利用時 1名24956円~

※記事内の値段は消費税込み、サービス料別、また2018年4月12日現在のものです

  • LINEで送る

TOP