OZの熱川温泉ガイド

オズモール温泉チームでは、小さな温泉街を応援する企画が始まりました。たとえば伊豆半島の東側、伊東や伊豆高原、下田などの大きな温泉街に隠れていますが、ここ熱川温泉は、古き良き温泉情緒を感じられる海辺の小さな温泉街。往時の賑わいを思いながら、静かに時を重ねた街を歩くのは、大人の旅の楽しみ方かもしれません。

更新日:2019/04/02

熱海とよく間違えられますが、海じゃなくて川です。熱川。伊豆半島の東部。伊東、伊豆高原、下田と東~南伊豆には名湯が並びますが、熱川は伊豆高原と下田のあいだくらい。電車でのアクセスも良く、静かでおすすめの温泉街です。

東京からのアクセス

東京駅から伊豆熱川駅まで直通のJR特急「踊り子」を使えば約2時間15分。熱海まで新幹線を使えば、最短で約1時間45分で到着できます。車だと東京から約3時間。渋滞には気をつけて

熱川温泉は昭和レトロな温泉地

見どころ01/約100℃の温泉が噴出!

温泉街のあちこちで目にするのが「温泉櫓」。地中深くから噴出する源泉は白い湯気をあげて迫力満点です。源泉の温度は約100℃と高温で、あちこちから煙がもうもうと上がる風景が見られるのは、伊豆半島でもここだけだとか。町を歩けばいくつもこの櫓が見られるので、全部探してみるのも楽しい。最初の櫓は駅前にあるので、電車を降りた瞬間から旅気分はマックスです。

見どころ02/平成ひとっ飛び! 昭和レトロな温泉街

平成の30年を空白にするかのような、タイムスリップ感満載の景色があちこちで見られます。往時の賑わいが偲ばれるようなレトロな建物が点在していますが、それを古いと考えるか、栄枯盛衰で時間の流れの必然の帰結と考えるか。歩いていると、そんなことを考えます。宿にチェックインしたら、ぜひあてもなく温泉街を散歩してみて。平成というこの時代の終わりに、もう少し長いスパンで日本という国を思う時間もいいものです。

見どころ03/海がすぐ近くに

温泉街のすぐ目の前が真っ青な海。そしてその海の目の前になんと足湯が用意されています。個人的に自分が知る限りではここまでロケーションのいい足湯はほかに知りません。晴れた日には遠くに伊豆大島がキレイに見えて、時間を忘れてぼんやりできそう。本とコーヒーを持ってのんびりするのもよし。海辺を散歩してから疲れを癒すもよし。温泉街と海が近いと、なんだか得した気分になりますね。

熱川で見つけた「よりみちスポット」

スポット

温泉玉子が作れるよ!

源泉があちこちで湧いているので、こんなことも出来ちゃいます。玉子は駅前の観光協会で売っていますよ。日によって、そして源泉の場所によってお湯の温度が違うので、そちらも観光協会でチェック。とろっとろのオリジナル温泉玉子がおやつなんてなんて贅沢なんでしょう。ここで出会ったおじさんは「熱海じゃこれはできねーぞ」と言っていました…。

熱川温泉観光協会:伊豆熱川駅前

スポット

七福神に温泉をかけて巡ろう

現在熱川温泉には「お湯掛け七福神」4神。弁財天、恵比寿天、大黒天、毘沙門天が鎮座しています。この神様にお湯をかけると福があると言われているので、ぜひ4神とも巡ってお湯をかけてあげてください。

グルメ

錦の海鮮丼はマストだね

こちらは地元の人気店。写真の海の幸丼3025円は近海で獲れた10種類の新鮮な海の幸がどっさり乗って、伊豆に来たことを感じさせてくれる。壁一面に貼られた夜のメニューはどれも魅力的。次は必ず夜に来て潮ラーメンを食べなくちゃ。

伊豆の味処 錦
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本971-35
営業時間:11:30~14:30、17:30~20:30(L.O)
定休日:水曜・夜の部(昼は営業)、木曜
TEL:0557-23-3279

歴史

熱川温泉を見つけたのはこの人!

熱川温泉の名付け親は、江戸城築城での功労で知られる武将、太田道灌。狩りに訪れた伊豆で、猿が湯に浸かり傷を癒すのを見つけた場所がここ熱川温泉だったそう。熱い温泉が近くの川を湯気をあげて流れているのを見て、この場所を熱川温泉と名付けたのだとか。

スポット

疲れたら足湯でひとやすみ

豊富な湯量を誇る熱川温泉は、お湯が太っ腹に湧いているので足湯もあります。駅前の観光協会の「湯の華ぱぁーく」の前と、海辺の「ほっとぱぁーく」前の2箇所。特にほっとぱぁーくの足湯からは遮るもののない海が一望。最高の時間を約束してくれます。

湯の華ぱぁーく:伊豆熱川駅前
ほっとぱぁーく:伊豆熱川駅より徒歩5分

スポット

熱川バナナワニ園

熱川温泉のシンボル的なスポットがバナナワニ園。ワニは迫力満点。温室のバナナも植物もなかなか見られないものですが、、、いちばん可愛かったのはレッサーパンダ! しかも距離が近いから彼らの愛らしい動きが手に取るように至近距離で見られるんです。これはマストです。それからフルーツパーラーのメニューも内観も、ずばり映えます。

熱川バナナワニ園
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
営業時間:8:30~17:00 最終入園 16:30
定休日:年中無休
入園料:大人1500円、子供750円、4歳未満は無料
TEL:0557-23-1105

グルメ

バナナソフト美味!

バナナワニ園に来たら必ずいただきたいのが売店で販売しているバナナソフト。ほのかにヨーグルトっぽい酸味があって、酸味と甘みがみごとにベストマッチです。

スポット

かわいいおみやげはバナナワニ園で

バナナワニ園には、こちらのキャラクター「熱川ばにおくん」モチーフのアイテムがたくさん。ばにおくんはワニですが、手に皮を剥いたバナナを持っていてとってもキュート。ほかにもアーティストとコラボしたワニグッズなどもあるので、かわいいおみやげ探しに迷ったらバナナワニ園へ。

グルメ

温泉街で本場の韓国料理!?

まさかの名店が熱川駅前に。こちらの「韓国家庭料理 オモニ」は韓国の家庭の味をそのまま再現。サムギョプサルセットは、豚肉はもちろんサンチュやキムチ、にんにく、特製味噌に、ねぎのサラダまでついてきて驚きの大ボリューム。チーズ海鮮チヂミもおすすめです。ビールが進む!

韓国家庭料理 オモニ
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-71
営業時間:11:00~14:30、17:00~23:00
定休日:不定休
TEL:0557-22-6007

スポット

海沿いの絶景の露天風呂

波打ち際ギリギリにある公共露天風呂「高磯の湯」は、まさに熱川温泉の立地を活かした解放感バツグンのスポット。駅前の観光協会で「熱川温泉 湯めぐりチケット」を手に入れれば、温泉宿の日帰り温泉2回とこの高磯の湯1回が1200円でめぐれてちょっとお得です。

高磯の湯
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町熱川
営業時間:9:30~17:00
定休日:荒天時休業
利用料金:大人(中学生以上)600円、小人(4才~小学生)300円 ※夏季は隣接するプールも利用できて大人700円、小人350円
※タオル・バスタオルなし(要持参)、石鹸・シャンプーの使用は禁止

街歩きを120%楽しむための「熱川よりみちガイド」配布中

よりみちガイド

熱川温泉では、OZの統括編集長が実際に現地を訪れて作ったおさんぽMAP「熱川よりみちガイド」を配布中。このページで紹介したスポットやグルメ情報も載っているから、熱川に着いたらまず手に入れよう。

≪よりみちガイドがもらえる場所≫
・熱川温泉観光協会(伊豆熱川駅前)

OZは小さな温泉街を応援しています

伊豆半島は、言わずと知れた温泉どころ。熱海、伊東、下田、修善寺…。でも、そういう大きな温泉街はもちろん楽しいのですが、熱川のようないつもは通り過ぎてしまうくらいの「小さな温泉街」も、歩いてみると楽しいものです。オズモールはそういった「小さくて見過ごしてしまいそうな、でも確かに豊かなもの」、たとえばこういう「小さな温泉街」の情報を、これからも発信していきたいと思います。ご期待ください。



ILLUSTRATION/sekiyumi、MAP/DAISUKE KOMIYAMA、PHOTO/MANABU SANO、WRITING/MAKOTO FURUKAWA

  • LINEで送る

TOP