鉄子に連れられて。四万温泉やまどりに乗ってゆったり温泉旅

HIGH RAIL1375

日本全国にじわじわと増えている鉄道好き女子「鉄子」。木枯らし吹く線路の脇で何時間も列車を待ったり、鈍行で何時間もかけて聖地と呼ばれる場所を訪れたり。彼女たちを突き動かす鉄道の魅力とは? 鉄道ビギナーの編集部が鉄子(kamopan)と一緒に旅へ出て検証します。
今回も初級編。特急料金がいらないのにグリーン車なみのリッチな座席というレア列車で四万温泉を目指します。

更新日:2019/10/10

1日目

やまどりの

8:52
大宮駅から四万温泉やまどりに乗って出発

大宮駅でサンドイッチとコーヒーを買い、初めて乗った「やまどり」は、3列のシートで広々していて窓も大きいし、展望室やキッズルームがあって車内探検も楽しい!さらに高崎駅の手前あたりからは車掌さんの車窓ガイドも始まります。まるで観光列車さながらのスペックなのに特急料金ナシで乗れるのはお得かも。
「途中駅でSLを見られるはず。停車時間中に撮影できるかな!」と言っていた鉄子kamopan。渋川駅でSLを見るなりカメラ片手にホームに飛び出しました。ダッシュでホームの端に走り、向かいのホームのSLをパシャリ。そしてダッシュで戻って再びやまどりに乗り込もうとしたそのとき、無情にもドアがしまり・・・ああ、さようならkamopan?

乗車したのは「四万温泉やまどり」

運転席のすぐ後ろに設けられた「展望室」はまるで自分も運転席にいるような気分になれます。
※大宮駅-中之条駅・乗車券1944円+指定券520円/10月以降乗車券1980円+指定券530円(約2時間30分)

11:22
終点の中之条駅で町長さんの出迎えを受ける

晩夏の空は高く、突然の一人旅に動揺しながらのどかな田園地帯を走ります。「後続のローカル電車に乗れました」というkamopanからの連絡でちょっと安心。ほどなくして終点中之条駅が見えてきました。
駅では太鼓の演奏とともに町長さんや駅長さん、温泉街のおかみさん、ご当地キャラ「なかのん」が出迎えてくれました。心細くなっていた私の気持ちもほっこり。町長さんと一緒に写真を撮っているうちに、20分ほど遅れてkamopanと合流できました。

停車したのは「中之条駅」

四万温泉やまどりの到着時刻にあわせて中之条の方々がお出迎えをしてくれます。町長さんや「なかのん」に出会えたらラッキー。

13:00
四万温泉のシンボル的宿で釜揚げうどんランチ

中之条駅前から出ている路線バス「四万温泉行」に乗ること約40分。四万温泉に到着したのはちょうどお昼を回るころで、にわかにおなかがすいてきました。宮崎アニメの舞台で有名な積善館の赤い橋を足早に渡り、積善カフェで釜揚げうどん(1350円)をいただきます。香り高い出汁とつるりとしたのど越しのおうどんは絶品! あまりにも有名な大浴場での日帰り入浴と、釜揚げうどんランチがセットになったチケット(2200円)がおすすめです。

乗車したのは「関越交通」

四万温泉行きは、1時間に1~2本ほど走っています。SuicaやPASMOなどの交通系ICカードが使えないので注意が必要です。
※中之条駅-四万温泉・930円(約40分)11:54発

ハイレール1375

16:00
四万温泉 豊島屋にチェックイン


湯治場として栄えた時代を思わせるレトロな温泉街をそぞろ歩き、焼きまんじゅうを食べたりスマートボールを楽しんだ後は、本日の宿「四万温泉 豊島屋」にチェックイン。古くからある宿のひとつで、昔は長期滞在の湯治客でにぎわったのだそう。宿の中には飲泉処があり、「四万の病に効く」と言われた名湯を体の内側からも取り込むことができます。渓流に面した露天風呂で美肌の湯に浸かり、山菜やジビエを使ったここでしか食べられない夕食を食べ・・・ああ、幸せ。

利用したのは「四万温泉 豊島屋」

おすすめは、お試しプラン。かなりリーズナブルに宿泊できます。
https://www.ozmall.co.jp/travel/stay/296/plan/28644/
1泊の予算:1泊2食付き11800円~/1人
アクセス:JR吾妻線「中之条駅」より四万温泉行きバスで40分、「山口」下車徒歩1分

2日目

10:00
自転車で奥四万湖を見に行く

翌朝は電動自転車を借りて奥四万湖へ。季節や天気で変わる神秘的な湖の色は「四万ブルー」と呼ばれていて、絶対見たいと思っていたんです。山道を20分ほど上ると、そこに待っていたのはティファニーブルーの湖! 陽の光を反射してキラキラと輝く様子はまさに絶景でした。 夏の晴れた日はこの色が見られることが多いらしく、冬や春にみられる鮮やかなコバルトブルーも美しいそうです。

自転車を借りたのは四万温泉協会

観光情報を教えてくれるだけでなく、レンタル自転車や音声ガイドの貸し出しサービスも。

四万温泉協会
群馬県吾妻軍中之条町四万4379
TEL:0279-64-2321(8:30〜17:15)
定休日:年中無休 ※時短営業:年末年始は9:30~16:00(12/29~1/5前後まで)
レンタル自転車利用料金:1,000円/2時間(延長は500円/1時間)
台数:4台
※レンタサイクルの貸し出しは11月30日まで

12:00
柏屋カフェでランチ&デザート

絶景を堪能したあとは温泉街屈指の人気カフェへ。噂通りこの日も大盛況で、少し並んでから2階のカウンター席に案内されました。kamopanはフォカッチャ、私はカレーを平らげ、さらにデザートに手作りバナナケーキと看板メニューの温泉マークカプチーノをいただいてまったり。雰囲気もよくて居心地バツグンの柏屋カフェ、人気なのもうなずけます。

訪れたのは「柏屋カフェ」

四万温泉柏屋旅館が手掛けるカフェ。昭和初期の建物を改装したというレトロな佇まいにきゅん。

中之条駅で買った地元のジュースと、四万温泉で買った温泉ミスト

15:20
お土産をたずさえてふたたびやまどりへ

温泉街でお土産を買って中之条駅へ戻り、復路の四万温泉やまどりに乗り込みます。ホームでは今日も地元の子供たちが太鼓をたたき、観光協会の方々がクッキーを配り、駅長さんや町長さんが手を振ってお見送りをしてくれました。「さようなら!また来るよ~」と帰省中の故郷から東京に戻るときのような、なんだかセンチメンタルな気分で手を振り返すと、やまどりがゆっくりと発車。帰りも快適な2時間の旅でした。

乗車したのは「四万温泉やまどり」

帰りに予約した2号車は、座席シートがさらにゆったりとした作りになっていてびっくり。
※大宮駅-中之条駅・乗車券1944円+指定券520円/10月以降乗車券1980円+指定券530円(約2時間30分)
※2019年秋の運転スケジュール
10月12日(土)大宮→中之条、13日(日)中之条→大宮
10月19日(土)大宮→中之条、20日(日)中之条→大宮
10月26日(土)大宮→中之条、27日(日)中之条→大宮
11月2日(土)大宮→中之条、3日(日)中之条→大宮

鉄子「kamopan」のプロフィール

基本スペック:静岡県出身 webデザイナー
乗り鉄歴:8年
好きな列車:キハ40
好きな路線:函館本線
好きな駅:青森駅
好きな駅弁:大井川ふるさと弁当

PHOTO/ASUMI KAMO WRITING/AYAKO NAMBA

  • LINEで送る

TOP