女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


  • Index
  • おいしいグルメイイトコドリ
  • ほめられ土産イイトコドリ
  • OZの女子旅TV

ほめられ土産イイトコドリ

東京女子におすすめしたい、褒められるお土産をOZが抽出。会社への配りモノに、彼や家族への“みやげ話”のおともに、旅を思い出せる、自分へのご褒美に。日本全国のおいしい・かわいいお土産をイイトコドリ!

※こちらは、2016年9月現在の情報となります。

vol.30海中道路

写真

(写真1)シェルクラフト作家・川初真さんのアクセサリー。夜光貝のリング32400円、ブレスレット24840円など、天然の貝を使うため、柄や色彩もそれぞれ。世界でたったひとつのアクセサリーを/kainowa(TEL.098-977-7860) (写真2)左から、パウダー状の塩が入ったぬちまーすクッキングボトル150g1080円、オリジナルのコスメ「ryumine」のフェイスパックなどに使えるシルクソルト125g2160円、石けん80g2592円/ぬちまーす観光製塩ファクトリー(TEL.098-983-1140) (写真3)ここでしか買えないおみやげをと、店主が考案した黄金芋のラスク1000円。伊計島産の黄金芋を使用/BOULANGERIE CAFE Yamashita(TEL.098-977-8250)

※こちらは、2016年8月現在の情報となります。

vol.29函館

写真

(写真1)函館熊みくじ432円など好みの商品を函缶(大)194円に詰め、自分らしいおみやげ缶が作れる/函と館(TEL0138-57-8884) (写真2)鞄作家・永嶺康紀さんのアニマル柄がかわいい二つ折り財布27000円、ミニバケツ19440円※参考商品。同型・同柄・別革でのオーダーは可能/OZIO(TEL0138-23-1773)

※こちらは、2016年7月現在の情報となります。

vol.28小倉

写真

(写真1)小倉の伝統工芸・小倉織を現代的なスタイルで提案する「縞縞」のがま口ポーチ各2160円/縞縞(TEL093-561-8152) (写真2)魚のすり身を薄い食パンで巻いて油で揚げた、老舗かまぼこ店の名物・カナッペ1個130円/小倉かまぼこ 本店(TEL093-521-1559) (写真3)製鉄の町・北九州市にちなんで作られたボルトとナット形のネジチョコ。27個864円、1個54円/小倉井筒屋(TEL093-522-3111) (写真4)名前通り、とにかく硬いくろがね堅パン。地元では保存食として常備する家庭も。スティックタイプ各5枚入り173円/小倉井筒屋(TEL093-522-3111)

※こちらは、2016年6月現在の情報となります。

vol.27日向

写真

(写真1)無農薬・減農薬の旬のフルーツで作る手作りジャム950円~。深い味わい/nakashima-tei(TEL090-5654-9733) (写真2)日向灘の満ち潮を窯で煮詰めて作る満潮の塩各320円。まろやかな味/馬ヶ背茶屋(TEL0982-54-6177) (写真3)日向市の隣町・都農町にあるワイナリーで造られているワイン1296円~/都農ワイン(TEL0983-25-5501) (写真4)神武天皇が食べたと伝えられているお船出だんご550円。素朴な味わい/美々津まちなみセンター(TEL0982-58-0661) (写真5)日向を代表する果実・へべすを使った爽やかな調味料、へべぽん700円/まちの駅 とみたか(TEL0982-54-4228)

※こちらは、2016年5月現在の情報となります。

vol.26川越

写真

(写真1)川越発祥のクラフトブルーワリーより生まれた、紅赤333mℓ381円は川越産のサツマイモを原料にしたオリジナルのエール。深みある濃潤なテイストは穀物や肉料理と相性抜群。/コエドブルワリー(TEL049-259-7735) (写真2)創業約70年の芋せんべい専門店が、紅赤、紅あずまなどのサツマイモをスライスし、焼き、乾燥させた芋せんべい各540円。パリパリとした食感と甘味、香ばしさを楽しめる。/隆清堂(TEL049-224-6265) (写真3)削り節などの乾物の専門店が鶏肉の削り節25g300円を開発。カツオ節と同じ手順でうす削りした鶏肉は、旨みがあり、香ばしい。おにぎりやサラダなどさまざまな用途に使って。/轟屋(TEL049-222-0774) (写真4)川越氷川神社の神職により御祈願された赤縁筆300円。使うほどに鉛筆に描かれた男女の赤い糸が近づいていく。「運命の人と出会えますように」という想いを込めて使おう。/川越氷川神社(TEL049-224-0589)

※こちらは、2016年4月現在の情報となります。

vol.25河口湖

写真

(写真1)生チョコ感覚の口どけと濃厚な味わいを追求した、ブラウニーの専門店。保存料などは使用せず、厳選した食材で作るため、安心。クルミ味やラズベリー味が入った6個セット1960円/こいのぼり (写真2)老舗和菓子店が毎月22日(富士の日)に223本を限定発売している、富士の錦2230円。春は桜、夏は抹茶&小豆、秋は柿、冬は栗と、1本の中で、四季折々の富士の風景を表現/金多留満 本店 (写真3)店の工房で丁寧に焼き上げる、富士山型のクッキーはほろほろとした食感。富士山麓で作られるチーズや地元産はちみつなどで深い味わいを出している。全15種類、1枚130円~/FUJIYAMA COOKIE

※こちらは、2016年3月現在の情報となります。

vol.24福岡

写真

(写真1)上品なキャラメル最中に小豆入りのお餅をサンド。豆たん(5個入り)1100円/ぶどうのたね (写真2)もちもちの皮で大ぶりのあまおう苺やあんこを包んだ、どらきんぐ生410円/伊都きんぐ (写真3)アーモンドの香り豊かで、サクサク。発祥の店のダックワーズ(2個)399円/フランス菓子 16区 (写真4)出汁を吸い込んだお揚げで白米を包んだ、海木だしいなり(5個)1350円/日本料理 海木 (写真5)博多めんたい味とぴり辛味噌の2種類。ごはんに合うさばのコンフィ各1080円/旬彩 じぱんぐ

※こちらは、2016年2月現在の情報となります。

vol.23箱根

写真

(写真1)5~6倍に薄めて飲む、ユズの風味豊かな柚子みつ2700円。店では食前酒、ソーダ割りなどで提供/懐石料理 花壇 (写真2)展示作品などをデザインしたオリジナルマスキングテープ各335円。全4種/彫刻の森美術館 (写真3)ホテル本館を模した缶にバニラ風味のビスケットを詰めた富士屋ホテル ビスケット缶1296円/富士屋ホテル (写真4)箱根寄木細工職人・金指勝悦さんの小物入れりんご(小)各7500円。色合いの違う木を組み合わせて作る、立体的でモダンなフォルムが独特/金指ウッドクラフト(TEL0460-85-8477) (写真5)ひょうたん形の皮にこしあんを詰めて味わう、ひょうたん最中4個入り850円/ならやあん(TEL0460-82-1259 ※2/25まで休業)

※こちらは、2016年1月現在の情報となります。

vol.22那須

那須に行ったらチーズに注目!
どうして那須のチーズはおいしいの?

「那須のチーズが魅力的なのは、やはり新鮮な牛乳が手に入るから。実は栃木県は牛乳の生産率が全国第2位。戦後、乳牛の飼育が盛んに始まり、那須の高原地帯に牧場が増えました。でもただ数が多いだけではなく、牛の健康をしっかり管理した研究熱心な牧場主さんが多いのも、味の濃い牛乳が手に入る理由です。さらに、チーズ造りの技術が高いこともポイント。ユニークなチーズを造る『あまたにチーズ工房』さん、ブラウンスイスという牛のミルクを使ったチーズを造る『チーズ工房那須の森』さん、王道の熟成チーズを研究し続ける『今牧場チーズ工房』さんなど。タイプが違うけれど、どこも本当に味わい深いチーズを造っています。食べ比べてみてください」(Chus·宮本吾一さん)

(写真1)ウォッシュタイプのチーズ、しののめ740円。クセがなくワインとよく合う (写真2)ミルクの味わいがする2ヵ月熟成のセミハードチーズ、みのり670円 (写真3)「Chus」でいちばん人気。さけるチーズたまり漬け660円。醤油とチーズのうまみが凝縮された味わい (写真4)コクがあり、クリーミーな、フレッシュチーズ澄白590円 (写真5)カチョカバロ980円。トロリと焼いて食べるとクセになる (写真6)最低3カ月熟成させたセミハードタイプのナチュラルチーズ780円。熟成期間によって変わる味の変化も楽しんで

(写真7)「森林ノ牧場」のチューブタイプの搾るヨーグルト(砂糖不使用)700円。濃厚でありながら、後味スッキリ (写真8)南ヶ丘牧場で育てる希少なガーンジィ種の乳牛のミルクから作るガーンジィゴールデンミルクジャム500円 (写真9)味の濃い牛乳と生クリームをシンプルに使った、「Chus」オリジナルの朝いちのプリン380円。なめらかな食感 (写真10)登山やスポーツにぴったりなトレイルバー280円。クランベリーやレーズンなどドライフルーツがたっぷり (写真11)那須産のトマトの味をダイレクトに感じられる、味の濃いトマトケチャップ870円。「UNICO」オリジナル商品 (写真12)マスタードシードから作る「UNICO」の自家製マスタード、NASUTARD810円。りんご酢で発酵させ、まろやかに

上記のお土産が買えるのはココ

那須のおいしいものを一堂に集めた、メイドイン那須を発信するショップ&カフェ。倉庫をリノベーションした広い店内では、“食卓”にまつわるものをテーマに、那須産の野菜や乳製品をはじめ、調味料やお菓子、キッチン小物などを販売。その日に採れたばかりの新鮮野菜や牧場が造るチーズなども手に入る。年に2回開催する“那須の朝市”では約70店舗が集い、多くの人が集まる。今年の春には、2階にゲストハウスもオープン予定。

Chusチャウス
TEL0287-74-5156 栃木県那須郡那須塩原市高砂町6-3 ショップ10:00~23:00 食堂12:00~14:30(LO) 18:00 ~ 23:00(22:00LO) 無休※1/12~15休み アクセス/JR 黒磯駅より徒歩10分
※こちらは、2015年12月現在の情報となります。

vol.21越後妻有

写真

(写真1)水引をモチーフにしたボトルは、アジアデザイン賞にも入賞したことのあるデザイン。中身は、創業1873(明治6)年の魚沼酒造が作る地酒、天神囃子。新潟では数少ない甘口の天神囃子 特別本醸造酒(300mℓ)1007円は飲みやすく、贈り物に◎。(写真2)「脱皮する家」を見た記念に買って帰りたいのが、オリジナル手ぬぐい1300円。彫刻刀で彫った跡を全面に描いた、シュールなデザイン。シンプルな模様とモノトーンの色合いで、日常使いができそう。アートに触れた旅の思い出を身近に!(写真3)ロングセラー商品「ツマリ・コメ」(2合)500円。米粒のフォルムをした容器の中には、松代滝沢集落で収穫されたコシヒカリが。雪融け水の湧き水によって育まれた天水米で、香り高く透明感があるのが特徴。優しい甘味を楽しめる。(写真4)越後妻有で収穫されたスイカを、東下組生産組合の人々が煮詰めて作った、すいか糖2160円。保存料・添加物不使用で、天然の甘さのみ。スプーンで1日1~2杯いただけば、疲労回復に効果的だそう。開くとスイカに見える包みが秀逸。/まつだい「農舞台」ミュージアムショップ(TEL025-595-6180)

※こちらは、2015年11月現在の情報となります。

vol.20氷見

写真

(写真1)白いご飯がどんどん進む、醸熟ぶり焼きほぐし(塩味)80g530円/魚蔵 ゑびす屋(マルカサフーズTEL.0120-132-312) (写真2)添加物を使わない海の保存食、片口いわしオイル漬け14尾1080円/つりや ひみ番屋街店(TEL. 0766-54-0809) (写真3)富山県産の「ふじ」を100%使用した辛口微発泡性のお酒、セイズファームシードル750ml 1800円(TEL. 0766-72-8288) (写真4)魚料理によく合う切れ味の良い日本酒、「有礒 曙 大漁旗 純米酒」は720ml 1404円/髙澤酒造場(TEL. 0766-72-0006)

※こちらは、2015年10月現在の情報となります。

vol.19高野山

写真

(写真1)1200年前に弘法大師が伝えたという胃腸薬。食あたりや下痢などに。大師陀羅尼錠(だいしだらにじょう)60錠648円/西利 (写真2)高野山でお供え用の仏花として使われてきた高野槙がお線香に。上品ですっきりとした香り。仏壇のほか、部屋の浄化にも使いたい。高野槙の香り5寸(13.5cm)約180本入り1080円/香老舗 高野山大師堂 (写真3)読経や写経の前のお清めのほか、リラックスしたいときや気分転換にも。適量を手にすり込んで。極上塗香15g1620円/香老舗 高野山大師堂 (写真4)精進懐石料理が評判の総持院特製の胡麻豆腐。白胡麻豆腐と黒胡麻豆腐が各3つ入った6個セット。胡麻豆腐6個入り1620円/総持院

※こちらは、2015年9月現在の情報となります。

vol.18十津川

写真

(写真左)きのこの栽培が盛んな十津川。袋にたっぷり入ってお買い得。ひらきなめこ600円。 (写真中)生地が細やかで味がしみやすい手作り玉こんにゃく500g 541円/道の駅「十津川郷」(TEL. 0746-63-0003) (写真右)レトロなイラストがかわいい瀞峡のポストカードは、旅の想い出にピッタリ。各1枚150円/瀞ホテル(TEL. 0746-69-0003)

※こちらは、2015年8月現在の情報となります。

vol.17北軽井沢

写真

(写真左から)北軽井沢にある石田農園が手作りしているブルーベリージャム300g 1404円、140g767円も。石田農園のパンプキンジャムは300g616円、140g443円。自然な甘さとなめらかな食感がクセになりそう(ストウリ)嬬恋の野菜がたっぷり。シャキシャキとした旬のキャベツを使ったキャベツのピクルス 100g600円、ビネガーをはじめ香草や胡椒でほんのりスパイシーに味付けしたニンジンのピクルス 100g600円(きゃべつの丘工房)牧場直営のカフェで販売している、松本さんちの手作りバター。無農薬・無化学肥料の牧草で育った牛の生乳から作られるバターは、さっぱりとした味わい 100g540円(牛乳屋)フレッシュな牛乳を素材に使い、熟成した食べごろの状態で密封したカマンベールチーズ 100g750円(東毛酪農協同組合 TEL.0276-57-0111)添加物を一切使わず、丁寧に手作り。甘みやきめ細やかさが絶妙なやまと豚を使い、24時間かけて桜チップでゆっくりと燻製している、やまと豚ベーコン 100g650円(ベーコン

※こちらは、2015年7月現在の情報となります。

vol.16大島

写真

(写真左から)甘酸っぱくて爽やかな味わいの大島桜さくらんぼジャム100g950円。大島産のコクのある牛乳とほろ苦い明日葉の風味が絶妙な明日葉牛乳ジャム100g 950円/マシオリゾート(TEL.04992-2-7317) 、肌や髪をしっとり、なめらかに! 大島産ヤブツバキの種を使った天然椿油、三原椿油のポンプ50ml 1296円/高田製油所(TEL.04992-2-1125)、満月の日に取水した深層海水100%で作った、甘くまろやかな天然の塩。満月のシホ100g864円/OHSHIMA OCEAN SALT(TEL.04992-2-2815)、牛乳煎餅16枚650円。創業以来、100年以上、手焼きで作り続けている銘菓。搾りたての大島牛乳と卵、砂糖、バター、小麦粉で作る懐かしい甘さの焼き菓子。牛乳煎餅16枚650円/善菓子屋(TEL.04992-2-1220)

※こちらは、2015年6月現在の情報となります。

vol.15高千穂

写真

がまだせ市場
(左から)ごはんに混ぜて炊くと甘みが出る、高千穂産とうきびを細かく砕いたとうもろこし小実210円、優しい甘さのとうもろこし茶をはじめ、「高千穂TEA」はバラエティ豊か(ティーバッグ4包入り)320円~

写真

トンネルの駅
(左から)濃厚な栗で作った栗きんとん。深い味わいとなめらかな舌触りがおいしい栗九里893円、コクがあるふくよかな味わいの高千穂産麦焼酎(300ml)490円

※こちらは、2015年5月現在の情報となります。

vol.14勝浦

写真

「勝浦朝市」で旬の味覚を楽しくお買い物♪(左上)アジの丸干し1皿300円。七輪で焼いて味見をさせてくれるサービスも(左下)いい出汁がとれる、煮干しは1皿100円 (右上)新鮮な葉付きニンジン1束100円 (右下)春の味覚・ふきのとうは1皿200円 ※価格は日により異なる

写真

お燗瓶なら見た目もレトロでかわいく&かさばらないので、お土産にピッタリ(写真左)地元で愛され続ける定番酒。どこかホッとする懐かしい味わい。腰古井 推奨180mlお燗瓶232円(写真右)料理を引き立てる、引き締まった辛口。東灘 180ml お燗瓶221円

※こちらは、2015年4月現在の情報となります。

vol.13伊豆高原

写真

「伊豆クラフトハウス」には、オリジナルから作家ものまでたくさんの美しいガラス製品が並ぶ。手頃な価格帯のものも多いので、お土産にもピッタリ(左)エメラルドのような輝くグリーンにひとめぼれ。ひょうたん型がキュートなはしおき 540円(右)いつもの器やコップが花瓶に早変わり! ちょっとしたお花を飾るときに重宝する、花を固定できるガラスでできた花どめ 1296円 /伊豆クラフトハウス

写真

(左)玄武石で自然に濾過された深層海水から作られる伊豆の海塩がたっぷりのオリジナルコスメ。伊豆の名産みかんを使用した「伊豆海塩バスソルト みかん」302円、天然ミネラル×保湿成分たっぷりの蜂蜜でできた石鹸「伊豆海塩エステ石鹸」597円 (中)熱処理や濾過をしておらず、生きた酵母がそのまま豊かに楽しめる伊豆高原の地ビール「天城」 495円 (右)桜のアロマが心地よく香る、5月上旬迄の季節限定ビール「さくら吹雪」495円/伊豆高原ビール 本店

※こちらは、2015年3月現在の情報となります。

vol.12佐賀

写真

28種類のスパイス、有田の水や佐賀県産米など素材にこだわったカレーは、器に有田焼を使用。第7回「九州の駅弁」ランキング1位に輝いた、有田焼カレーSサイズ1500円(右)、器に有田焼を用いた、とろけるような食感がたまらない、幸せのチーズケーキSサイズ1890円(左)/創ギャラリーおおた TEL0955-42-4275

写真

手描き絵柄がかわいらしい篠原渓山窯で焼き上げた有田焼のミニ蕎麦猪口に、あんぼじゅーる自慢のカップケーキを入れて焼き上げた、有田器菓。栗740円、チョコ740円、抹茶780円、焼酎餡960円の4種類/杏慕樹あんぼじゅーる TEL0955-41-1122

写真

有田焼形成時に器の下に敷く、粘土製の丸い敷物=羽間(ハマ)。それをモチーフにしたクッキー、羽間右衛門。アーモンド・カルダモン・シナモン・ココナッツ・黒胡麻黄粉の5種各162円/手づくりのお菓子 よしながTEL0955-42-3521

※こちらは、2015年2月現在の情報となります。

vol.11群馬

写真

(写真左)四万温泉の成分を模した「四万温泉の入浴剤」はレトロなパッケージがキュート! 702円(写真右)お肌に潤いを与えてくれる保湿成分を含む、四万温泉石鹸(温泉水配合)はコラーゲン入りと、炭入りの2種類から。各880円/四万温泉 柏屋カフェ TEL 0279-64-2414

写真

四万温泉の地ビールである四万温泉エールは、ふくよかなホップの香りで控えめな苦みとコクのある「おう穴」、ロースした麦芽由来の濃い色と味わいの「夜の訪れ(黒)」、フルーティなポップと香り、マイルドなコクを持ち、後味フレッシュな「摩耶姫」の3種類。各400円(330㎖)/わしの屋酒店 TEL0279-64-2608

※こちらは、2015年1月現在の情報となります。

vol.10札幌

写真

甘酸っぱいラズベリーの香りが広がるチョコレートに、ピスタチオとドライストロベリーをトッピング。フレーバースティックチョコ(ラズベリー&ピスタチオ)292円(左)。ロイズのかわいい動物型のチョコレートは、新千歳空港限定。ほかにもいろんな動物が。ロイズポップチョコ各173円(真中・右)/Royce’ Chocolate World(新千歳空港連絡施設3F)TEL0120-612-453

写真

北海道の素材を使った石鹸。白樺石鹸&マルセイユ石鹸各864円(左)。道内産のバターをたっぷり使った藻岩山限定のバター飴。北海道名産 もーりすバター飴650円(右)。藻岩山の倒れたあかしあの木を再利用した携帯ストラップ。あかしあ 黒板消しストラップ各1188円(下)/もいもいのおみせ(もいわ中腹駅)TEL011-518-8080

※こちらは、2014年12月現在の情報となります。

vol.9栃木

日光の隠れ名物と言えば、本家伴久のおみやげコーナーで購入できる、薬膳十味唐がらし870円と薬膳三味ダイエット唐がらし760円。創業300余年の老舗旅館に伝わる秘伝の薬味はお土産にぴったり!

本家伴久ほんけばんきゅう
TEL0288-98-0011 栃木県日光市湯西川温泉749 アクセス/湯西川温泉駅より湯西川温泉行きバスで本家伴久前下車すぐ
写真写真
※こちらは、2014年11月現在の情報となります。

vol.8奈良

写真

(左)高橋理子さんデザインのテキスタイルで作ったロゼット3024円。 (右)使い込むほど柔らかくなる蚊帳生地のふきん486円。(下)KUTANI SEALとコラボレーションした店舗限定箸置き5個セット4104円

江戸時代と同じ製法で生地をつくる、良質の高級麻織物・奈良晒の老舗「中川政七商店」が展開するテキスタイルブランドのショップ。奈良晒の風合いと技術を伝えながら、日本各地に伝わる素材や技術を取り入れ、伝統文化を現代の暮らしに提案している。

写真
遊 中川 本店
ゆう なかがわ ほんてん
TEL0742-22-1322 奈良県奈良市元林院町31-1 営業時間10:00~18:30 不定休 アクセス/近鉄奈良駅より徒歩8分
写真

(左)奈良の傘張り職人が手がけた麻の日柄「空櫁の日傘」19500円。(右)銅で作った薬缶43200円。金工作家・中村友美さんが手がけたもの。(下)「こどものごはん茶碗」1728円は、陶芸家・鈴木雄一郎さんの作品

奈良高畑の古民家を改装したギャラリー・ショップ。全国から集められた器や、地元の作家が手がけた生活道具など、デザイナーだった店主・五井あすかさんのお目にかなったものだけが並ぶ。五井さんに相談しながら、使うほどに愛着が湧いてくるような道具を見つけて。

写真
空櫁
そらみつ
TELなし 奈良県奈良市高畑町1445-1 営業時間木~日・祝11:00~18:00 12~3月~17:00 月~水定休(展示会開催時は不定休) アクセス/JR奈良駅より奈良市内循環バスで破石町下車徒歩10分
※こちらは、2014年10月現在の情報となります。

vol.7弘前

写真

(左)県内在住の画家・山谷芳弘さんがデザインした手ぬぐい。りんごの二重奏850円。(真ん中)サンふじを使ったプレミアム葉とらずジュース1400円。(右)紅玉ジャム(140g)518円

弘前市りんご公園内にあるこちらは、りんごについてさまざまな知識や体験が得られる施設。館内の一角のおみやげコーナーでは、園内で採れたりんごはもちろん、「弘前シードル工房kimori」のシードルや、加工品などを購入できる。レストランも併設。

写真
りんごの家
りんごのいえ
TEL0172-36-7439 青森県弘前市大字清水富田字寺沢125(弘前市りんご公園内) 営業時間/9:00~17:00(レストラン16:30LO) アクセス/JR弘前駅より津軽藩ねぷた村経由りんご公園行きバス(ためのぶ号)で終点下車すぐ
写真

(左)7種類のりんごをフリーズドライ。りんご 桜の里800円。(真ん中)りんごの果肉を煮詰め甘さを凝縮させたりんご糖蜜 トンガリ容器760円。(右)レトロなデザインがかわいいりんごジャム(370g)600円。

弘前市立観光館内にあるおみやげ店。津軽塗やこぎん刺しの小物といった伝統工芸品から、りんごをモチーフにしたかわいいグッズまでいろいろなおみやげが揃う。弘前の中心地という立地もさることながら、お店の横に観光案内所があるのも、嬉しいポイント。

写真
想い出ショップさくらはうす
おもいでしょっぷさくらはうす
TEL 0172-33-6963 青森県弘前市下白銀町2-1(弘前市立観光館内) 営業時間/9:00~18:00※桜祭り、ねぷた祭り、年末年始変更あり 無休 アクセス/JR弘前駅より土手町循環バスで市役所前下車すぐ
※こちらは、2014年9月現在の情報となります。

vol.6石川

写真

左上から一番摘みの上品な茎を使う棒茶。菫テトラ(2g×10ケ入)972円。葉っぱのほうじ茶。梅テトラ(2g×10ケ入)972円。一番摘み煎茶。松テトラ432円(2g×6ケ入)。加賀玄米茶。蝶テトラ(2g×6ケ入)324円

文久3(1863)年創業の丸八製茶。ひがし茶屋街にある日本茶を楽しめる直営店では、一番摘みの茎を焙じた香ばしい味わいが特徴の献上加賀棒茶などの販売も。テトラシリーズのパッケージには、伝統的な九谷焼の絵柄を使用。あまりのかわいさに乙女心が刺激されそう。

写真
茶房一笑
さぼういっしょう
TEL076-251-0108 石川県金沢市東山1-26-13 営業時間/10:00~18:00 月定休(祝の場合翌休) 席数23 週末は要予約 アクセス/JR金沢駅より橋場町経由東部車庫行きバスで橋場町下車徒歩5分
写真

革の部分を革作家の兵井ひろみさんが手がけた、桐のスリッパ。キリッパ子供用8640円。小さい蒔絵がかわいい、ちょこっとトレー蒔絵付4320円。蒔絵なしのトレイ1620円もある

金沢独特の希少伝統工芸、金沢桐工芸の品を製造・販売する創業100年の岩本清商店。桐火鉢をはじめ、木地蒔絵を施したおしゃれなトレイやスプーンなど、日用雑貨も多数。時間に余裕があれば、職人の手仕事を目の前で見られる製作現場の見学(無料)をするのもおすすめ。

写真
岩本清商店
いわもときよししょうてん
TEL076-231-5421 石川県金沢市瓢箪町3-2 営業時間/10:00~18:30 火定休 カード不可 アクセス/JR金沢駅より城下まち金沢周遊バス(右回りルート)などで明成小学校前下車徒歩すぐ
※こちらは、2014年8月現在の情報となります。

vol.5和歌山

写真

新宮の鉄板みやげと言えば鈴焼。上品な甘さとふんわり感がたまらない/鈴焼※値段は要問い合わせ※ご贈答用あり 香梅堂TEL 0735-22-3132にて販売

写真

パティシエ・辻口博啓さんが手がけた熊野三山の詣菓子。パッケージに熊野三山の注連縄をイメージした第2弾のガトーショコラは和歌山産みかんが隠し味に/詣菓子 熊野の絆(5個入り)1080円 熊野本宮大社TEL 0735-42-0009ほか熊野三山周辺のみやげ物店などで販売

写真

熊野の森で育った木から抽出した「熊野の香り」。天然のアロマオイルに癒されて。クロモジの枝ディフューザー付き/熊野の香りシリーズ熊野杉 Shibaharaアロマオイル5ml(杉木箱入り・クロモジ枝付き)2600円 エムアファブリースーパーセンターオークワ南紀店TEL0735-31-8905、または、HPにて販売

※こちらは、2014年7月現在の情報となります。

vol.4瀬戸内

写真

1.はっさく大福140円。1日に1000個ほど売れる人気商品 2.季節ごとに果物が変わる、期間限定の変わり種大福も評判。5月まで楽しめるジャンボいちご大福220円

はっさく誕生の地として有名な因島の因島大橋記念公園内に立つ餅菓子屋。いちばん人気は、はっさく大福。広島産のもち米から作る餅にみかんの皮と実を織り込んだ餅に、はっさくと丁寧にこした白あんを包み込む。甘酸っぱさとほどよい餡の甘みがたまらない!

写真
広島県・因島はっさく屋
はっさくや
TEL0845-24-0715 広島県尾道市因島大浜町246-1(因島大橋公園内) 営業時間8:00~17:00※なくなりしだい閉店  カード不可 月定休 アクセス/因島北ICより車で約5分
写真

1. コンフィチュールグリーンレモン756円 2.ひじきの新芽と海水を使って作る、ひめひじき塩486円 3.ドライフルーツ瀬戸田みかん594円 4.瀬戸田産のレモン果汁入り地元系炭酸飲料G-motto302円/すべて

瀬戸内で採れるかんきつを使ったコンフィチュールなどの加工食品や、伝統工芸を現代の生活スタイルに合わせてデザインしたテーブルウェアなどを販売。U2のオリジナルウェアや広島県府中市のレザースニーカーブランド「スピングルムーヴ」とコラボしたシューズも人気。

写真
広島県・尾道市U2 shima SHOP
ユーツー シマ ショップ
TEL0848-21-0564 広島県尾道市西御所町5-11ONOMICHI U2内 営業時間10:00~20:00 無休
※こちらは、2014年6月現在の情報となります。

vol.3山梨

写真

オリジナルグラスマーカー1620円(左)ボトルリース2350円(上)左・上ともにブックス & カフェ、甲斐の恵み 巨峰/ピオーネ(70g)870円(右)ホテルショップ

「ドメーヌ ミエ・イケノ」のオリジナルグラスマーカーや、季節の花をワイン用のリースにしたボトルリースは、ホームパーティなどで重宝しそう。ワインのおつまみは、ブドウのドライフルーツを。すべて星野リゾート リゾナーレ 八ヶ岳のショップで購入できる。

写真
星野リゾート リゾナーレ 八ヶ岳
ほしのリゾート リゾナーレ やつがたけ
TEL 050-3786-0055
山梨県北杜市小淵沢町129-1
アクセス/JR新宿駅より小淵沢駅まで約2時間、リゾナーレ八ヶ岳行の無料送迎バスにて約5分
写真

アジロンの甘い香りのする、赤ワインキャンドル 390円(右) 甲州ブドウの白ワインの香りがする、白ワインキャンドル390円(左)

山梨の思い出を“香り”で持ち帰るなら、山梨県特産のブドウの香りを楽しめるキャンドルがおすすめ。スイートな香りに癒されそう。キャンドルはともに原茂ワインの2階にあるカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」で購入できるので、チェックしてみて。

写真
カーサ・ダ・ノーマ
TEL 0553-44-5233
山梨県甲州市勝沼町勝沼3181
営業時間/4~11月11:00~17:00LO 月定休 席数25 11時のみ予約可 カード不可
アクセス/JR中央本線勝沼ぶどう郷駅より甲州市市民バスにて横町下車徒歩3分
写真

ハンドメイド ワイントートバッグ1000円はとってもカラフル

イケダワイナリーのお嫁さんがデザインし、親戚の方が一つひとつ丁寧に縫い上げる、ハンドメイドのワイントートバッグ。ワインを持ち歩くときだけでなく、プレゼントするときにも使えそう。手作りなので数に限りが。見つけたときは即購入を。

写真
イケダワイナリー
TEL 0553-44-2190
山梨県甲州市勝沼町下岩崎1943
営業時間/9:00~17:00 カード不可 不定休
アクセス/JR中央本線勝沼ぶどう郷駅より甲州市市民バスにて下岩崎下車徒歩2分
※こちらは、2014年5月現在の情報となります。

vol.2沖縄

写真

ニキノセカイの刺繍のピアス2200円~。ガラス職人RyoTsudaのガラスのキノコ600円~

エスペラント語の「窓」を店名に、ヴィンテージものの古道具やハンドメイドの一点ものを扱う森の中の雑貨屋。ミカン畑の間を登って辿り着く小さな白い箱には、刺繍小物やガラス雑貨など、不思議で素敵なものがたくさん!

写真
雑貨店 giceto
ざっかてん ぎちぇっと
TEL 080-8120-4163 沖縄県国頭郡本部町字伊豆味3360-2 営業時間 13:00~17:00 水・木定休 カード不可 アクセス/許田ICより車で約35分
写真

大嶺工房とSEIHEIのコラボ商品。CORDIAL CUP各6000円。CORDIAL SYRUP 1580円~は食品添加物、保存料、着色料不使用で体に優しい

「本当にいいものには作り手の精神性や時間などの背景が感じられる。そういうものたちと自然に向き合える場でありたい」という店主が営むビストロ&アトリエカフェバー。併設のショップでは県内作家の陶器やグラスなども販売。

写真
CORDIAL STAND ATELIER CAFE BAR SEIHEI
こーでぃあるすたんど あとりえ かふぇ ばー せいへい
TEL0980-56-5565 沖縄県国頭郡今帰仁村仲尾次825 営業時間 12:00~18:00(夜は事前予約&宿泊のみ) 木定休 アクセス/許田ICより車で約30分 ※併設の宿「誠平の宿 JOHAN」もあり。1日1組限定。
※こちらは、2014年4月現在の情報となります。

vol.1鎌倉

写真

ぽってりした見た目がかわいらしい、いちご大福170円(左)。四季折々の草花などをモチーフにする上生菓子260円。写真は桜(右)

地元御用達の和菓子店。春から6月にかけての人気はいちご大福。少し硬めのイチゴを、丁寧にこして作る自家製白餡と餅で包み込む。上品な白餡の甘みと甘酸っぱいイチゴが口の中で見事に調和! 遠方に住むファンも足繁く通うというのも納得のおいしさ。

写真
桃太郎
ももたろう
TEL 0467-22-1522
神奈川県鎌倉市由比ガ浜1-12-2
アクセス/江ノ電和田塚駅よりすぐ
写真

ゴボウやミョウガなどと漢方を一緒に漬け込んだ、薬膳ピクルス2000円(税別/左)。季節の 鎌倉野菜を使った、いろいろ野菜1500円(税別/右)

相模湾で獲れるタコなどの魚介は香ばしいスモークに、朝に収穫した新鮮な鎌倉野菜はピクルスに。オリジナルの昆布だしで味を調えるピクルスは、酸味控えめでまろやかな味わい。地元の旬の味覚をぎゅっと詰め込んだ加工食品は、鎌倉みやげの新定番として人気。

写真
鎌倉野菜工房
かまくらやさいこうぼう
TEL 0467-55-9628 神奈川県鎌倉市小町2-12-27 鶴ケ岡会館1F-25A
アクセス/JRほか鎌倉駅より徒歩6分
写真

鳩サブレーを象ったトランプ、はっとカード1500円(上)、起き上がりこぼしタイプの修正テープ、スイング・ハート810円(下)

創業は明治27(1894)年。鎌倉みやげの代表格といえばこちら。バターをたっぷり使った鳩サブレーは、当時のレシピのまま。本店には、鳩サブレーをモチーフにしたグッズ販売も。昨年からお目見えしたゆるキャラ・鳩兵衛に会うなら、土・日を狙って。

写真
豊島屋 本店
としまや ほんてん
TEL 0467-25-0810
神奈川県鎌倉市小町2-11-19
アクセス/JRほか鎌倉駅より徒歩6分

TOP