女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅

トキメキ1 清らかな水がはぐくんだ名物料理に舌づつみ♪

  • 日光連山を源とする豊かな水源に恵まれた日光。長い年月をかけて磨かれた清らかな水は、この地ならではの食文化を育んできた。地元ではおせち料理はもちろん、普段の食卓にも欠かせない湯波、清流育ちの虹鱒など、美しい水があるからこそ生まれた、とっておきのおいしさがいっぱい! 湯波コース料理をカジュアルに楽しめる「和み茶屋」や、森の中に建つ洋館がかわいい「明治の館」へ行ってみよう♪
  • 虹鱒のムニエル 明治の館風1680円は昭和52年の創業時から続く定番メニュー

  • 「明治の館」の2Fには気品あふれる個室も。窓の外に広がる木々の緑もごちそう

  • 古い商家を手直しした「和み茶屋」の店内は、カフェのようなカジュアルな雰囲気

トキメキ2 散策途中に立ち寄りたいおしゃれカフェ

  • 和洋折衷のインテリアが乙女心をくすぐる「カフェレストラン匠」の自慢は、階下にある金谷ベーカリー特製のレアチーズケーキ。日光に逗留した外国人も好んだという伝統の味は、今も私たちをときめかせてくれる。一方、古民家を改装したアットホームな雰囲気を楽しむなら「日光くじら食堂」へ。アンティークランプの下で読書や物思いにふけっていると、つい時間を忘れてしまいそう。
  • シナモンがほのかに香る金谷ベーカリー特製のレアチーズケーキはセットで892円(カフェレストラン匠)

  • 「カフェレストラン匠」のいたるところに施された色鮮やかな彫刻は、日光彫りの職人たちの手によるもの

  • 「日光くじら食堂」のミニデザート盛り合わせ300円、カプチーノ(L) 450円

トキメキ3 足を伸ばして 歴史ある温泉地・鬼怒川へ!

  • 「関東の奥座敷」と呼ばれ、もともと大名や僧侶たちだけが入ることを許されたという鬼怒川温泉。名湯めぐりや鬼怒川の渓谷美を楽しむライン下りがおなじみだけど、最近ではおしゃれなショップやカフェも誕生している。地産地消のお菓子づくりにこだわる「はちや」や焼きたてパンがおいしい「パントエ」では、鬼怒川らしいおみやげも見つかる!
  • 地元の切り絵作家がデザインを手がけたパッケージもおしゃれ。はちやバウム(S)1200円

  • 「はちやバウム」のふんわりとした口どけの秘密は生地をできる限り薄く丁寧に重ねていくことだとか

  • 「パントエ」特製「きぬのゆらすく」全4種類・各315円は手頃なおみやげにぴったり

ライターOの旅だより
「世界遺産の社寺で有名な日光だけど、食材の宝庫であることは意外と知られていないのでは?」。そんな思いから始まった今回の企画。実際に訪れてみると、誌面で紹介した以外にもおいしいものがいっぱい! 鎌倉時代から修行僧の精進食や神社仏閣の供物として重宝された湯波。特産の川魚を外国人にも抵抗なく食べてもらえるよう誕生した、虹鱒のムニエル。土地の恵みを味わう旅は、日光が歩んできた悠久の時間をめぐる旅でもありました(ライターO)

このページのTOPへ

栃木県・日光市でめぐったスポット

  • 西洋料理 明治の館
  • Spot1 西洋料理 明治の館
    日光石を贅沢に使った建物は国の登録文化財。エレガントな雰囲気の中、伝統のオムレツライスやチーズケーキ「ニルバーナ」を楽しんで。

    TEL.0288-53-3751 栃木県日光市山内2339-1
    営業時間/11:00~19:30(LO) 11月下旬~4月下旬11:30~ 無休
    アクセス/東武日光駅より東武バス湯元・中禅寺温泉行きで神橋下車徒歩5分
    http://www.meiji-yakata.com/

  • fudan 懐石 和み茶屋
  • Spot2 fudan 懐石 和み茶屋
    引き上げ湯波と揚巻湯波は老舗「海老屋」のものを使用。精進料理店で培った技を活かした本格的なゆば懐石が2500円とお手頃なのも嬉しい。

    TEL.0288-54-3770 栃木県日光市上鉢石町1016
    営業時間/11:30~16:00(14:30LO) 水定休
    アクセス/東武日光駅より東武バス湯元・中禅寺温泉行きで神橋下車徒歩1分

  • 日光くじら食堂
  • Spot3 日光くじら食堂
    築48年の古民家の趣を活かした空間は地元の木工アーティストとともに作り上げたもの。昼は日光産の素材をたっぷり使ったパスタやオムライスを。

    TEL.0288-53-2206 栃木県日光市久次良町238-6
    営業時間/11:00~16:00(ランチ14:30LO)  ※夜は予約制 不定休
    アクセス/東武日光駅より車で約15分
    http://www.nikkokujirasyokudou.com/

  • カフェレストラン匠
  • Spot4 カフェレストラン匠
    明治38年創業の老舗みやげ物店の2階にあるカフェレストラン。金谷ベーカリー特製ケーキのほか、ゆばグラタンもおすすめ。

    TEL.0288-54-1108 栃木県日光市上鉢石町1024
    営業時間/10:00~17:00(LO) 不定休
    アクセス/東武日光駅より東武バス湯元・中禅寺温泉行きで神橋下車すぐ

  • バウムクーヘン工房 はちや
  • Spot5 バウムクーヘン工房 はちや
    日光生まれの地卵や北関東産の小麦粉など、地元の素材にこだわったバウムクーヘンが人気。店頭ではソフトクリームをトッピングしたバウムソフトも。

    TEL.0288-77-1453 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-10
    営業時間/9:00~17:00 無休
    アクセス/鬼怒川温泉駅より徒歩1分
    http://hachiya-nikko.jp/

  • ギャラリーカフェ パントエ
  • Spot6 ギャラリーカフェ パントエ
    併設の工房で焼き上げるパンを使ったサンドイッチが美味。ギャラリーを兼ねた店内には地元出身画家の絵やクラフトもあり、お茶とアートが同時に楽しめる。

    TEL.0288-25-7445 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1407-8
    営業時間/9:00~18:00 水定休
    アクセス/鬼怒川温泉駅より徒歩3分

岐阜県に行こう!

電車でACCESS
東武鉄道浅草駅より東武日光駅まで特急スペーシアで1時間40分、JR新宿駅より東武日光駅まで1時間55分


  • 日光に行くなら東武トラベルで!

    東武トラベルでは、東武鉄道で行く日光・鬼怒川方面のツアーや好みの宿が選べる宿泊プランを多数用意。女性に嬉しい特典が満載のプランもあるのでチェックして。

    東武鉄道ホームページの特設サイト「電車で日光女子旅」では、日光周辺のおすすめの旅情報を掲載。また、東武トラベルでは、宿泊と東武鉄道のフリーパスがセットになったお得なプランを発売中!
    詳しい情報はこちらからチェック

  • 問い合わせ/東武トラベル
    協賛: 東武鉄道株式会社日光市

このページのTOPへ

神奈川県・東京都エリアMAP

地図はカーソルを乗せると自由に動きます。

MAPの使い方

オズマガジン
「わたしの旅時間」オズマガジンでも好評連載中! 特別定価580円
  • “日光東照宮”のイメージが強い日光に、こんなにおいしいものがあるなんてビックリ。まだまだ私たちの知らない魅力がいっぱい隠れている町なのかも! 発売中のオズマガジンでは、栃木県日光市・鬼怒川温泉のおいしいものをさらに詳しくご紹介。ぜひチェックしてみて♪(P121~125)
  • オズマガジンはこちらから
  • 毎月更新中!全国各地の“かわいいもの”“おいしいもの”を訪ねる旅 トキメキに出会える休日「わたしの旅時間」
  • これまでの旅の記録はこちら

    バックナンバー一覧

このページのTOPへ

撮影/瀬尾直道 取材・文/小川尚子

 

TOP