佐渡を五感で味わう!「DINING OUT」の特別メニューをいただこう

  1. オズモールTOP >
  2. 女子旅TOP >
  3. 佐渡を五感で味わう!「DINING OUT」の特別メニューをいただこう

女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅

幻の料理が佐渡で復活!「DINING OUT」の特別メニューがスタート

「日本に眠る愉しみをもっと。」をモットーに、毎回、数日間限定で日本のどこかでオープンする野外レストラン「DINING OUT」。
今回、「DINING OUT SADO with LEXUS」で絶賛された幻のメニューが佐渡で蘇ることに!

その土地の空気を感じながら五感で楽しむ
プレミアムな野外レストラン「DINIG OUT」

その土地の魅力が伝わる特等席にたった数日だけオープンするプレミアムなレストラン「DINIG OUT」。その数日間のレストランを通じ、美しい自然や豊かな食文化など日本各地に眠る魅力を世界に発信し続けている。今回、2013年の「DINIG OUT」で提供された幻のメニューが復活することに! その時のレシピを担当したのは、“人生を変える世界のトップレストラン10”にも選出され、世界からも注目を集めるトップシェフ高澤義明氏。会場は、日本国内にある能舞台の1/3が集中するという“能の島”佐渡。能にインスピレーションを得て作られた、高澤シェフ渾身の一皿をぜひチェックして。

その土地の空気を感じながら五感で楽しむ プレミアムな野外レストラン「DINIG OUT」

(写真左)佐渡で最も古いと言われる能舞台を擁する大膳神社 (写真右)ASIA’S 50 BEST RESTAURANTSに常に名を連ねる、東京赤坂の「TAKAZAWA」のオーナー・シェフ、澤義明氏

佐渡で「DINING OUT」の幻のメニューが復活!
能舞台の「羽衣」をイメージした華麗な一皿

幻のレシピがその土地で復活する「DINING OUT Premium Recipe」。記念すべき第1弾は、佐渡の旅館「Ryokan 浦島」でスタート。今回のメニューは、2013年9月「DINING OUT SADO with LEXUS」でプロデュースされた2品。1品目は、佐渡の芳醇な味わいの牡蠣と、その牡蠣殻のミネラルで栽培されたお米、そのお米を食べて育った島黒豚・・・と食材が循環する「循環農法」をお皿の上で表現した「佐渡島黒豚玄米カルボナーラ〜循環農法をお皿の上で〜」。2品目は、佐渡に広く伝承されている“能”の一演目「羽衣」をモチーフに生み出された「旬のお魚のブイヤベース〜羽衣をデザインして〜」。シート状の羽衣を旬の魚が纏った、見た目にも麗しい1皿。歴史と自然、文化と食材が織りなす最高のパフォーマンスをこの機会に堪能して。

佐渡で「DINING OUT」の幻のメニューが復活! 能舞台の「羽衣」をイメージした華麗な一皿

(写真左)「佐渡島黒豚玄米カルボナーラ〜循環農法をお皿の上で〜」 (写真右)「旬のお魚のブイヤベース〜羽衣をデザインして〜」

モダンなデザイン&海沿いの立地も魅力!
地産地消にこだわる「Ryokan 浦島」

魚屋に始まり、板場で料理人として修行を積まれ、佐渡のあらゆる食材の選定から調理方法にいたるまで研鑽されたオーナーが満を持して始めた宿泊施設「Ryokan 浦島」。佐渡の食材を活かして供される四季折々の品は、佐渡島民にも評判に。「我が家のような気持ちで過ごしてほしい」との心遣いでなされるおもてなしに、心からのくつろぎを得られるはず。建築家・北山恒氏の設計によるモダンなデザインや、遠浅で穏やかな真野湾沿いという立地も嬉しい。

モダンなデザイン&海沿いの立地も魅力! 地産地消にこだわる「Ryokan 浦島」
ページTOP

TOP