ベルギーと日本でしか出会えない!「デルレイ」が贈るダイヤモンドショコラの新フレーバー【バレンタイン2020】

デルレイ バレンタイン チョコレート

創業から70年愛されるベルギー・アントワープ発のショコラトリー「DelReY(デルレイ)」。“日々の生活の中や人生のさまざまなシーンで、チョコレートを介した大切な時間を演出すること”をテーマに、一つひとつ丹精込めて作りあげているそう。デルレイの直営店は、本店のアントワープと銀座店のみ。2020年バレンタインは、ダイヤモンドをモチーフにした「ダイヤモンドショコラ」の新フレーバーがお目見え。

更新日:2019/12/20

ダイヤモンドボックス 6個入り 3564円

ダイヤモンドボックス 6個入り 3564円

“食べるジュエリー”とも称されるデルレイの代名詞「ダイヤモンドショコラ」。新作フレーバー4種を含めた全6種入りの「ダイヤモンドボックス」は、まるで宝石箱のよう。

新作フレーバー4種は、濃厚なバナナガナッシュとダークチョコレートを組み合わせた大人のショコラ「ホワイトダイヤモンドダーク」。ポリフェノールが豊富なハイカカオとオリーブオイルを合わせた美容に嬉しい「レッドダイヤモンドダーク」が登場する。

加えて、華やかに香るバニラホイップをトッピングしたコーヒーのような味わいの「ブルーダイヤモンドダーク」。香り高いピスタチオガナッシュが入った「グリーンダイヤモンドミルク」と、どれも魅力的なラインナップ。そのほか、3個入り(1944円)と、10個入り(5940円)も展開。

デルレイセレクション

セレクションボックス 5個入り 2700円

「ダイヤモンドショコラ」2種、ハート型がキュートな「ハートショコラ」2種、スタイリッシュな「スクエアショコラ」1種が入ったセレクション。

注目は新作フレーバーの「ルビーハート」。ジューシーで甘酸っぱいストロベリーガナッシュを、ルビーチョコレートでコーティングした1粒。ぷっくりとかわいらしいフォルムも女性心をくすぐる。

シックなパッケージに入ったボックスは、2個入り(1080円)、3個入り(1620円)、8個入り(4320円)、16個入リ(8424円)もあるので、贈り先に合わせてチョイスして。

ダイヤモンドボックス(銀座店限定) 12個入り 8100円

ダイヤモンドボックス(銀座店限定) 12個入り 8100円

6個入りのショコラが2段組になった「ダイヤモンドボックス」が、「デルレイ 銀座 ショコラトリー」限定で登場。

定番の「ピンクダイヤモンドミルク」2個と、「オレンジダイヤモンドミルク」、「レッドハートダーク」が各1個ずつ。新作は、「レッドダイヤモンドダーク」、「ブルーダイヤモンドダーク」、「グリーンダイヤモンドミルク」各2個ずつ、「ホワイトダイヤモンドダーク」と「ルビーハート」各1個、全12個が入った豪華なボックス。

銀座店限定のプレミアムなボックスは、大切な人への贈り物はもちろん、自分へのご褒美にもいかが。

DelReY(デルレイ)のバレンタインチョコレート

■ダイヤモンドボックス
価格:3564円
内容量:6個
販売店舗:デルレイ銀座ショコラトリー、全国の主要百貨店催事場、公式オンラインショップ
販売期間:2020/1/16(木)~2/14(金)※公式オンラインショップは~2/6(木)

■セレクションボックス
価格:2700円
内容量:5個
販売店舗:デルレイ銀座ショコラトリー、全国の主要百貨店催事場、公式オンラインショップ
販売期間:2020/1/16(木)~2/14(金)※公式オンラインショップは~2/6(木)

■ダイヤモンドボックス(銀座店限定)
価格:8100円
内容量:12個
販売店舗:デルレイ銀座ショコラトリー、全国の主要百貨店催事場、公式オンラインショップ
販売期間:2020/1/16(木)~2/14(金)※公式オンラインショップは~2/6(木)

DATA

スポット名
デルレイ銀座ショコラトリー
電話番号
0335715200 0335715200
住所
東京都中央区銀座5-9-19 銀座MCビル1F
営業時間
11:00〜20:00
定休日
不定休 ※2019/12/31(火)~2020/1/2(木)は休み
交通アクセス
東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」A5出口より徒歩2分
主なエリアの店舗
東京
銀座
デレルイ 銀座 ショコラトリー
渋谷・表参道
新宿
池袋
横浜
ホームページ
デルレイの公式HP

ジュエルなチョコレート図鑑2020

本命チョコ・ご褒美チョコ向けの高級ブランドから、義理や友チョコ向けのプチプラまで限定モノがずらり。バレンタインチョコ図鑑やフェア情報を参考にチョコを贈ろう&味わいまくろう。今しか出会えない日本初登場や限定モノの絶品チョコをお見逃しなく。

銀座エリアに行くならこちらもチェック

WRITING/NAOMI TERAKAWA

  • LINEで送る