運命の一本に出会うまで。婚約指輪選び体験レポート~エクセルコ ダイヤモンド 東京本店~

プロポーズとともに指輪の箱をパカ・・・という憧れのシチュエーションに代わって、最近は好きな婚約指輪を選びたい!という花嫁も多いみたい。でも、初めてのジュエリーショップはちょっと勇気が必要だし、どんなふうに指輪を選んだらいいのか分からなくて不安、なんて思うカップルも多いのでは?
そこでそんな2人にかわって編集部が実際にジュエリーショップへお邪魔し、婚約指輪選びを体験した様子をレポートします。

更新日:2017/12/26

  • LINEで送る

指輪選びにお悩み中の編集Nを連れて向かったのは、ダイヤモンドジュエリー専門のこだわりブランド

とある吉日、先輩編集Nさんから「彼との結婚が決まったの」との報告が。おめでとうございます!とお祝いの言葉を贈ると「実は今、婚約指輪を探し中で。いくつかショップを見て回ったけれど、これ、という指輪に出会えていないの」とお悩みのご様子。

「それなら、“ダイヤモンドの品質”にこだわって探してみるのはいかがでしょう。」とNさんをお連れしたのは、 世界最高位評価のダイヤモンドブランド「エクセルコ ダイヤモンド」。こちらのお店は独自の生産ルートや確かなカット技術を持ち、ダイヤモンドに“完璧な輝き”を与えたといわれているそうです。そんなこだわりブランドでダイヤモンドを選べるなんて素敵ですよね。すっかり興味津々なNさんとともに、「エクセルコ ダイヤモンド 東京本店」で婚約指輪を探してきました。

エクセルコ ダイヤモンド

東京本店は東京メトロ「銀座」駅、都営浅草線「東銀座」駅すぐの好立地。このほか全国20カ所以上に店舗を展開

1階で受付を済ませスタッフの方の案内で店内へ入ると、ショーケースの中にはダイヤモンドジュエリーがずらり。きらきら輝くジュエリーの数々に目移りしてしまいます。

エクセルコ ダイヤモンド

婚約指輪、結婚指輪はもちろん、ネックレスやピアスも取り扱う

エクセルコ ダイヤモンド

大きく取られた窓からは自然光がたっぷり射し込み、開放的な空間となっている

「こちらへどうぞ」と通されたカウンターにて担当コンシェルジュの湯本さんと挨拶をし、まずはヒアリングシートを記入。理想の婚約指輪をイメージしながら、好みのデザインや予算などをアンケート形式で答えていきます。

ヒアリングシート

アンケートの記入を終え、「ダイヤモンドの品質にこだわりがあると聞いて伺いました!どんなこだわりがあるのか、詳しく知りたいです」と湯本さんへ相談。
すると、ダイヤモンドのランクを決める「4C(※1)」や、輝きの評価システム「サリネ・ライト(※2)」などの基礎知識に加え、「エクセルコ ダイヤモンド」の歴史とダイヤモンドの特徴について詳しく教えてくれました。

注)※1・・・CUT(カット)、COLOR(カラー)、CARAT(カラット)、CLARITY(クラリティ)の頭文字「4つのC」のこと。 ダイヤモンド独自の評価基準で、価値や値段の目安となる
  ※2・・・ダイヤモンドの輝き測定・評価するシステム。「エクセルコダイヤモンド」では、最高ランクの“Ultimate”のみを扱う

“輝きの原点”を生み出した、といわれる理由

『エクセルコ ダイヤモンド』は、もともとダイヤモンドの研磨工場が発祥。1919年、数学者でもあった4代目のマーセル・トルコウスキーが最高峰の輝きを追求し、ダイヤモンドの理想的なプロポーションを考案したそう。「それが、現代ではもっともポピュラーになった“アイディアルラウンドブリリアントカット”です。・・・と言われてもピンとこないかもしれませんが、私たちが思い浮かべる一般的なダイヤモンドの形がまさにそれですよ。」と聞いてびっくり。今もなお、このプロポーションを超える輝きは実現できていないとも言われているんですって!
私たちが目にしているダイヤモンドの輝きは、4代目のマーセルの功績によるものなんですね。

エクセルコダイヤモンド

原石の買付権利を有する「サイトホルダー」認定。仕入れ~2人の手に渡るまでのダイヤモンドの旅路が分かる、自社一貫生産の方針を貫いている

エクセルコ ダイヤモンド

ブライダルリングにふさわしい、ヴァージンダイヤモンドを揃えている

そんな歴史のある「エクセルコ ダイヤモンド」らしく、やはりカッティングにはかなりのこだわりが。

「通常ダイヤモンドをカットする工程は9つほどですが、こちらでは自社ファクトリーでの作業により、約4倍の36工程を経て作られております。そのなかでも、カットのランクが“エクセレント(※3)”評価のみを採用しているので特別な輝きなのです。ぜひ、こちらを覗いてみてください」と差し出されたのはダイヤモンドを10倍に拡大したスコープ。

注)※3 4Cのうち、CUT(カット)は「エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プア」の5段階でランク付けされる

エクセルコ ダイヤモンド

10倍もしくは50倍の拡大スコープで、ダイヤモンドのそのままの形を見ることができる

エクセルコ ダイヤモンド

カット技術の高さを裏付ける、信頼のハートマーク。裏面にも均整のとれたアロー(矢)マークが浮かぶ


中をのぞくと、ダイヤの表面に均整のとれたハートマーク模様が浮き出ていました。その美しさに「万華鏡みたい・・・」とNさんも思わず見惚れた様子でした。

自分にピッタリの1本が見つかる。歴史あるダイヤモンドブランドだからこそのこだわりと安心感

カラット数やカラーが異なるいくつかのダイヤモンドを見比べ、品定めするNさんの様子は真剣そのもの。じっくりとダイヤモンド選びを楽しんだところで実際にリングを身につけてみたくなり、いくつかお試ししてみました!

エクセルコ ダイヤモンド

商品名(左から)/リアンフィニ、エリザベート、エクセルシア

エクセルコ ダイヤモンド

フィッティングでは、他人目線で鏡に映る様子も要チェック

エクセルコ ダイヤモンド

リングに指を通す瞬間は幸福感が胸いっぱいに広がる


リングは日本人デザイナーによる繊細なデザインとフィット感で指になじみます。好みのダイヤモンドと組み合わせるセミオーダーシステムなので、そのパターンは何十種類にもなるそう!
いくつか試着したところでNさんの指にいちばんぴったりだったのは、リング部分がウェーブ状になった1本。湯本さんによると、やはり花嫁さんの指の形で似合うデザインが異なるとのこと。好きなデザインで選ぶのも大事ですが、試着して、似合うデザインから選ぶ、という方法もおすすめかもしれません。

また、サイズ直しやクリーニングなどのアフターサービスが充実している、というのもダイヤモンドジュエリー専門店ならではの嬉しいポイントです。

こうして無事、お気に入りのリングに出会えたNさん。「これという決め手に悩んでいたけれど、ダイヤモンドの輝きと指なじみのよさがバツグン! 次は彼と一緒に来てみようと思う」とご満悦でした。彼も喜んで贈ってくれるような指輪を選べたら幸せですよね。

Nさんのようになかなか運命の婚約指輪に出会えない、とお悩みなら、「エクセルコ ダイヤモンド 東京本店」へ一生モノにふさわしい輝きを探しにいってみては?

エクセルコ ダイヤモンド 東京本店

200年続くダイヤモンドの名門トルコウスキー一族が創る、世界最高位評価のダイヤモンドのブランド。1919年4代目のマーセルは、ダイヤモンドの理想形58面体を説き、初めてダイヤモンドに「輝き」という価値を与えた人物。歴史と伝統に裏付けされたクオリティと技術は、確かな輝きを指元に与えてくれるはず。

TOP