美容家・石井美保さんが薦める“贅沢ビューティースポット”3選!令和元年の〆は、がんばった自分をねぎらうご褒美を

美容家・石井美保さんが薦める“贅沢ビューティースポット”3選!令和元年の〆は、がんばった自分をねぎらうご褒美を

令和最初の冬を迎える今年は、新時代にふさわしいホリデーの過ごし方を楽しみませんか? 仕事に家事に毎日がんばっているから、年末くらいは集中美容で自分を甘やかしてみては。今回は、麻布の人気サロン「Riche」のオーナー、さらに美容家としてファッション誌などでも活躍する石井美保さんに、日々忙しく過ごす女性におすすめの贅沢ビューティースポットを教えてもらいました。

更新日:2019/12/02

美容家・石井美保さんにとってのビューティースポットとは

美容家・石井美保さんにとってのビューティースポットとは

40代とは思えない美肌の持ち主の石井さん。サロン経営に美容家と多忙な毎日をおくりながら、職業柄、日頃のケアも怠らない。そして、年に数回ほどご褒美としてビューティースポットに行き、心身ともにリラックスする時間を設けているとか。そこにも石井さんの美しさの秘訣がありそう。

「時間がなくて頻繁には行けませんが、大変な仕事を乗り切ったら、自分へのご褒美としてにビューティースポットに行くようにしています。仕事が片付きそうなタイミングにあらかじめ予約を入れておくことで、この仕事をがんばったらご褒美が待ってる、というモチベーションアップにもなるんです」。

美容家・石井美保さんのビューティースポットを選ぶ基準と過ごし方

ビューティースポットを選ぶ基準と過ごし方

ビューティースポットを選ぶ基準は、「心からリラックスできるかが重要」と石井さん。「私にとって心地よさに大きく関わるのが、空間です。センスのよいインテリアで、動線も考えられていて人目を気にしないで済むと、とてもリラックスができますね」。

また、ビューティースポットでは、とにかくゆったり過ごせるようスケジュールを空っぽにしておくのが大事だそう。「スペシャルなご褒美スパでは、いつもの急ぎ足の時間を一旦リセットしたいんです。なにも考えないでゆっくり過ごすのが、今の私にとっていちばん贅沢な時間。ですから、こういったご褒美スパの予約を入れた日はなるべくほかの予定を入れないようにして、ゆったりと過ごすようにしています」。

ゆっくり過ごせる空間と時間が、トリートメントを受けるのと同じくらい、美容には大きく関わるんだそう。

石井美保さんイチオシ!年に1度のご褒美スパ「ザ・ペニンシュラ スパ」

世界的なラグジュアリーホテル「ザ・ペニンシュラ東京」にあるザ・ペニンシュラ スパは、皇居外苑に面した最高のロケーション。都会の喧騒を忘れさせてくれる、静かでゆったりとした時間が過ごせる。

内装はインテリアデザイナーの橋本夕紀夫氏が手がけており、障子や漆喰など和を感じられる空間が広がる。
受付から回廊までを導くのは、和紙照明の柔らかな光。ほのかな曲線的な照明が、よりリラックスできるひとときを演出してくれる。

「私が最近落ち着くのは、和の空間なんです。こちらは、お部屋が和の雰囲気なのでとても落ち着くし、気に入っています」。

また、「ホテルのエントランスを入ったところから一流の接客、サービスが受けられる」と絶賛する石井さん。

「せっかく高級なところに行くのですから、やはり丁寧なサービスをしてくださるという点は大きなポイントですよね」。

アロマの香りでリラックスできるライフスタイルシャワー、心地よい蒸気が漂う「サーマルスイート」で体を温めてから、トリートメントへ。東洋と西洋の古来の療法とアーユルヴェーダの哲学を融合したオリジナルトリートメントが、日頃の心身の疲れを解きほぐしてくれるはず。

動線も考えられており、ほかのお客さんに会わずに済むところもお気に入りだそう。

「全室シャワーが完備されたプライベート空間で、そこで完結できるんです。誰に会うこともなく、思う存分リラックスした時間を過ごすことができますよ」。

メニュー例

ボディトリートメント「トーキョー テイラーメイド マッサージ」コース(80分)/44275円

そのほかの石井さんおすすめのビューティースポット

美容家・石井美保さんおすすめ!一生に1度のご褒美サロン「ブルームオーラ・ザジャーニー」

石井美保さんおすすめ!一生に1度のご褒美サロン「ブルームオーラ・ザジャーニー」

銀座にある「ブルームオーラ・ザ ジャーニー」は、会員制のエグゼクティブメンテナンスサロン。運営会社は、基礎化粧品会社イービーエムで、創業より33年間、お客様の肌や心身と向き合いながら、真の健康、美しさの提供を追求する中で誕生した特別なメンテナンスサロンなんだそう。

「こちらはかなりのご褒美となる高級スパです。一歩足を踏み入れると、銀座のビルの中とは思えない和の空間が広がります」。パウダールームも自分専用で、動線も考え抜かれており、誰と会うこともなくゆっくりできるそう。

はじめに美容液成分が含まれたストーンスパに30分ほど入った後、COUKISHI(こうきし)と呼ばれる施術者がマッサージを行う。「COUKISHIさんが3人がかりで体、顔、頭と、全身揉みほぐしてくれます。特殊なオイルを使っていて、その人の肌状態と溜まっている毒素、疲れ具合などで、オイルを塗ったときの香りが変わるそうで、COUKISHIさんはその香りをかぐだけで、その人の心身のバランス状態がわかるらしいです」。

特に、「働きすぎて、疲れている人におすすめ」と石井さん。「働きすぎていると興奮状態、交感神経が優位になっているのですが、ここの施術を受けると、リラックスせざるを得ないと思います」。

値段もスペシャルだが、石井さんにとっては「空間と値段に見合う施術の効果の実感が得られる貴重なスパ」というほど、特別なスパ。気持ち面のリフレッシュ効果も高く、「とてもポジティブな気持ちになれます。なにかの記念日やとっておきのご褒美として、コツコツお金を貯めて、行くことを目標にがんばるのもよいかもしれません」。

メニュー例

「Open Energy プログラム」コース(90分)/60500円

美容家・石井美保さんおすすめ!ちょっとしたご褒美に「SPA DAMAI」

石井美保さんおすすめ!ちょっとしたご褒美に「SPA DAMAI」

代官山の旧山手通り沿い、雰囲気のある素敵な洋館が目印の「SPA DAMAI」。白い扉を開けると、洗練されたラグジュアリー空間が広がる。完全個室で、全室シャワールーム完備、最終受付が21時までと夜遅くまで営業している。「仕事帰りでも行きやすいというのが助かりますよね。技術力も高く、雰囲気も素敵なんです」と石井さん。

独自の「サーマル フィト セラピー」に基づき、「温める」「ほぐす」「流す」のテクニックを用いたスパで、「今日はちょっとむくんでいるな、明日パーティでこの洋服を着たいというときなどにもおすすめです。コリももちろんとれますが、理想の体型にボディメイクしてくれるのもこのスパの大きな特徴ですね」。

カップルでの施術もOK。友人やパートナーと一緒にマッサージに行きたいという人はぜひチェックを。

メニュー例

「サーマルスリミング」コース(90分)/15400円 ※新規限定

編集部がおすすめ!ご褒美におすすめのビューティースポット

FULL MOON SPA(恵比寿)

北欧スウェーデンの雰囲気に満ちた、隠れ家サロン。こちらのサロンが得意とするのは「スウェディッシュトリートメント」。極寒のスウェーデンならではの手技で、体の芯から温めてくれる。深部のこりまでほぐす心地よい圧を感じながら、疲れをリセットして。

メニュー例

「トリートメント」コース(90分)/18000円

Lovena 都立大学店(都立大学)

経路リンパドレナージュとアロマトリートメントのオールハンド施術が体の循環を整えてくれる、完全プライベートサロン。21時まで営業しているから、仕事帰りにふらりと立ち寄りやすいのもうれしい。ツボ刺激とアロマの香りで癒しの時間を堪能して。

メニュー例

「アロマトリートメント」コース(90分)/13300円

美容家・石井美保(いしいみほ)

PROFILE

石井美保(いしいみほ)
トータルビューティーサロンRiche主催。「Riche Eyelist Academy」主宰。麻布十番にまつげサロンを10年経営し、アイリストの育成の傍ら、豊富な美容知識を生かしたメイクレッスンや美容カウンセリング、パーソナルコンサルティングなどを行う。エイジレスな美貌と底なしのコスメの知識を持ち、幅広く活躍中。主な著作『Secret Beauty』(宝島社)など。

公式Instagram @miho_ishii

石井美保さんのサロン「Riche」

トップレベルの確かな技術とセンスで支持されるまつげエクステのサロンとしてスタートしたRiche。ゆったりとしたプライベートな空間で、まつげと同時にネイル施術も可能。2012年よりエステもメニューに加わり、トータル美容を手に入れたい方向けのサロンへ。エステメニューでは、高周波とリンパドレナージュを取り入れた独自のメソッドが人気。

スポット名
Riche (リッシュ)
電話番号
0334558298 0334558298
住所
東京都港区麻布十番3-3-8 1F
営業時間
11:00~22:00
定休日
無休
交通アクセス
東京メトロ南北線「麻布十番駅」1番出口から徒歩1分
ホームページ
サロン公式HP

【特集】令和最初のホリデーを楽しみつくすヒント集!クリスマスガイド2019

クリスマスガイド2019

聖なる夜を照らすイルミネーションや華やかなクリスマスディナー、心躍るギフト選び。華やかで幸せな気分に包まれるホリデーシーズンは、大切な人や家族と過ごす時間はもちろん、1人で過ごすひとときも、心豊かな時間を過ごしたいもの。今年は、クリスマスを迎える準備から令和元年の年末贅沢まで、“令和最初”の特別なホリデーをまるっとハッピーに過ごすためのヒント集2019をお届けします。

PHOTO/KAZUHITO MIURA WRITING/KIMIKO OHKATSU

  • LINEで送る